特集: お知らせアーカイブ

お知らせの最近のブログ記事

没後20年を経てもなお輝きを失わず、その作品を聴く者の心を揺さぶり続けている作曲家・武満徹(1930-96)。武満はとりわけギターという楽器を愛し、作曲部屋のかたわらにはいつもギターがあったと言われています。

ギタリストの枠に収まることなく、底知れぬ才能を顕わし始めた藤元高輝。

あまりにも巨大な足跡を残した先人への敬意を込め、その作品を奏でます。

武満のソロギター作品全曲と、盟友の名手・小暮浩史との2重奏を収録。

藤元自身の編曲による「ワルツ」の二重奏ヴァージョンも必聴です。

2016年12月発売予定

「藤元高輝/武満 徹:ギター作品集」

<収録曲>

ギターのための12の歌
すべては薄明のなかで

ギターのための小品 ―シルヴァーノ・ブソッティの60歳の誕生日に―

森の中で
ラスト・ワルツ
エキノクス
フォリオス

(以上、藤元高輝によるギターソロ)


・不良少年 ―2台のギターのための―(佐藤紀雄 編)
・ヒロシマという名の少年
・ワルツ ―「他人の顔」より―(藤元高輝 編)

(以上、こーき&ひろしによるギター2重奏)

レコーディングの一部を先行公開します!

武満徹:フォリオス 第1楽章

武満徹:フォリオス 第3楽章

詳細は後日!

7月13日発売「岡崎慶輔&伊藤 恵/DUO 5」PV公開です!

2008年にリリースを開始した本シリーズ第5弾。
ともにミュンヘン国際コンクールで優勝し、共通の音楽言語で交感する岡崎・伊藤デュオ。高貴な音色による構成感溢れる演奏は、室内楽の理想郷を示しています。
今回は、岡崎が得意とするフランスの名ソナタ2曲とシリーズの核となるベートーヴェンの初期の傑作を収録。
岡崎・伊藤デュオの格調高く高邁な演奏は、豊穣の刻を迎えています。

岡崎慶輔&伊藤 恵/DUO 5 詳細・ご注文はこちら

8月27日発売、QUATTRO PALOS(クアトロ・パロス)ニューアルバム「Amanecer」PV公開です!

日本屈指の実力派ギター・カルテット、QUATTRO PALOS(クアトロ・パロス)がニュー・アルバムをお届けします!
国内のいくつものコンクールで優勝し、全国各地で演奏会を行うクアトロ・パロス。幅広いレパートリーを誇る彼らですが、本アルバムでは「同時代の日本人作曲家による、ギター四重奏のオリジナル曲」にスポットを当てています。
日本という風土で生まれ、ギター・カルテットという演奏形態を最大限に生かした楽曲―そこから生まれる多彩な音―クアトロ・パロスは、作曲家の想いにしっかりと応えた上で、はっきりと自分たちの音楽を提示します。
最終トラックは、クアトロ・パロス自身の編曲による「花は咲く」。アルバムの掉尾を飾るにふさわしい、心に染み入る名演です。
ギター四重奏のAmanecer(スペイン語で夜明けの意)を指し示す、ファン待望の一枚の登場です。

「QUATTRO PALOS/Amanecer」詳細・ご注文はこちら
FOCD9719.jpgのサムネール画像
岡崎慶輔・伊藤 恵の共演CD 「DUO 5」(FOCD9719) が、<レコード芸術>誌8月号190ページ、芳岡正樹さん執筆による【先取り!最新盤レビュー】で紹介されています!
「今回のCDは18世紀、19世紀、20世紀のソナタを並べた選曲であり、このデュオの表現の奥行きを満喫できる内容となっている」という高評価、ぜひご覧ください。

CDの詳細・ご購入はこちら
レコード芸術2016年8月号月評にて、3タイトルが高い評価をいただきました!

4988065900083.jpg
TOWER RECORDSとfontecのコラボレーションによって生まれた札響アーカイヴ・シリーズ第2弾。本年没後10年を迎えたマエストロ岩城宏之とのベートーヴェン第4番・第7番がレコード芸術2016年8月号にて特選盤となりました!97ページに掲載されています!
ご購入はこちら

---------

FOCD9711.jpgのサムネール画像
〈6月8日発売〉「石田泰尚/LIVE」レコード芸術2016年8月号にて準特選盤となりました!石田の繊細さと音楽性の大きさを併せ持つその演奏が高く評価されております。同116ページに掲載されています!
詳細・ご購入はこちら

----------

FOCD9715.jpgのサムネール画像
〈6月8日発売〉「有森 博/ラフマニノフ:楽興の時、サロン小品集」レコード芸術2016年8月号にて準特選盤となりました!ロシアピアノ音楽の第一人者である有森の快演が高評価です!同125ページに掲載されています!
詳細・ご購入はこちら

今後もご期待ください!
FOCD9719.jpgのサムネール画像

いつもご高配を賜り、誠に有難うございます。
岡崎慶輔&伊藤恵/DUO 5」(FOCD9719)ですが、弊社製造上の都合により、発売日を7月13日(水)に変更いたします。

お客様におかれましてはお待たせしてしまいますこと、謹んでお詫び申し上げます。
誠に恐れ入りますがご了承賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
FOCD9712.jpgのサムネール画像

5月11日発売「益田正洋(ギター)/グラナドス没後100年によせて ギター版による12のスペイン舞曲(全曲)」が、読売新聞6月16日夕刊「サウンドBOX」にて特選盤(ぴっくあっぷ)に選ばれました!
さらに「レコード芸術」2016年7月号にて特選盤に選出!117ページに紹介されています。

これからも益田正洋の活動から目が離せません!

5月11日発売「ジョン・健・ヌッツォ/イタリアン・アリア」PV公開中です!



「天から授けられた」とも称される、その輝かしく情熱的な声で聴く者すべてを魅了するジョン・健・ヌッツォ。包み込むような大きな愛にあふれたイタリアン・アリアをお届けします。
定番の曲から隠れた名曲まで、ヌッツォ本人が精魂込めて選曲した珠玉のアリア―イタリアの空気をその身にまとい、時には甘く、時には力強く、心の奥底まで響く魂の歌をお聴きください。

CDの詳細・ご注文はこちら
FOCD9716.jpgのサムネール画像

マックス・ポンマー/札幌交響楽団によるブルックナー:交響曲 第4番「ロマンティック」FOCD9716)が日経電子版で紹介されています。
該当の記事はこちら!どうぞチェックしてみてください。
konoe_book_cover.jpg

『戦火のマエストロ 近衛秀麿』
 著: 菅野 冬樹 NHK出版 2015年8月11日発売

ナチス政権下のドイツ、そしてヨーロッパ各地で、タクトを振り続けた日本人指揮者・近衛秀麿。実は、彼はその音楽活動の陰で、ひそかにユダヤ人の保護・救出を行っていた――。発掘された新資料をもとに、マエストロ・秀麿の「知られざる営為」をひも解くノンフィクション。BS1スペシャル『戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家~』の出版化。

 第1章 ベルリン・フィルを初めて指揮した日本人
→戦前・戦中のヨーロッパ音楽界でキャリアを築くことができた理由
 第2章 ナチス政権下の音楽家たち
→ユダヤ人音楽家と秀麿の邂逅、及び亡命支援の実態
 第3章 亡命トライアングル
→協力者とともに、ユダヤ人の私財を亡命先へと移送した手段/背景
 第4章 「近衛オーケストラ」の秘密
→「私設」オーケストラを利用しての、ユダヤ人音楽家への亡命支援
 第5章 最後の謎――米軍中尉ネルソンとの対話
→太平洋戦争早期終結を目指し、米軍に投降して起こした行動

CDと合わせてチェックしてみてください!

B01E3Q3MFG.jpgのサムネール画像

5月25日新譜「近衞秀麿 近衞交響楽団/ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 作品67『運命』」詳細・ご注文はこちら

ジャンル