[2021.10.6] ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第4番&第10番/ウェールズ弦楽四重奏団

FOCD9859.jpg


[ご注文はこちら]
BASEショップで購入


ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第4番 ハ短調 作品18-4
弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 作品74「ハープ」


ウェールズ弦楽四重奏団
﨑谷直人 ヴァイオリン 三原久遠 ヴァイオリン 横溝耕一 ヴィオラ 富岡廉太郎 チェロ


録音:2020年11月9・10日、2021年3月31日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD9859 定価3,080円(税抜価格2,800円)


全曲録音後半を迎え、精緻を超えたウェールズの新次元。


第4集収録の第15番3楽章を聴いた矢部達哉に「ほとんど寂寥感と形容したいような情趣」と言わしめたウェールズのベートーヴェン演奏。
2017年に開始した全集録音は第5集となり、今回は第4番ハ短調、第10番変ホ長調という平行調2作品の収録です。
ロプコヴィッツ侯爵への献呈曲という共通点を持つ両作品。第1楽章でピッツィカート奏法が多用され「ハープ」の愛称をもつ第10番は楽聖の中期を代表する名作です。
令和三年度(第76回)文化庁芸術祭参加作品。