RELEASE

[2020.12.9] ヤコブ・ファン・エイク:笛の楽園 Vol.6/江崎浩司

FOCD9840.jpg


[ご注文はこちら]


ヤコブ・ファン・エイク:笛の楽園 より
 No.89 プレリュード
 No.90 ファンタジア
 No.91 詩篇1番 いかに幸いなことか
 No.92 朝、シルヴェスターは
 No.93 フェリート作のアルマンド
 No.94 詩篇9番 わたしは心を尽くして主に感謝をささげ
 No.95 羊飼い
 No.96 フランスのエア
 No.97 王妃
 No.98 詩篇33番 主に従う人よ、主によって喜び歌え
 No.99 羊飼いの娘フィリスと彼女の美貌
 No.100 さあ、起きて、愛犬ビーグルとグレーハウンドよ
 No.101 馭者
 No.102 あなたの信心により
 No.103 菩提樹の木の下で
 No.104 ヤギの足(ギリシャ神パン)
 No.105 詩篇119番 いかに幸いなことでしょう
 No.106 最後に愛は勝つ
 No.107 ロッスィー
 No.108 道化師


江崎浩司 リコーダーほか


録音:2019年5月9-11日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9840 定価:2,800円+税


希代のマルチプレイヤー、江崎浩司による「笛の楽園」全集プロジェクト(全8タイトル予定)第6弾!


ヤコブ・ファン・エイク(1589/90-1657)の「笛の楽園」は全151曲(XYZ社版)にもなる膨大な独奏楽器のための曲集で、アマチュア演奏家も含め、リコーダー奏者にとっては大変重要なレパートリーですが、全集録音は極めて少なく、江崎は2016年より国内初の全曲録音という大プロジェクトに取り組んでいます。
2014年に「テレマン:12のメトーディッシェ・ゾナーテンvol.1&2」(FOCD9614、9627)でレコード芸術誌のレコード・アカデミー賞を受賞し、シルク・ド・ソレイユの演奏メンバーでもある江崎は、様々な楽器を操るマルチプレイヤーとしても活躍中です。今作でも各種リコーダーに加え、オーボエの先祖であるショームなど9種類もの楽器を変幻自在に吹き分けています。また江崎本人による曲目解説は、この謎に満ちた曲集に新たな光を当てるもので、読み応え十分。
多彩な音色とダイナミックなフレージングは今作でも健在、江崎ならではの「笛の楽園」を是非お楽しみください。