New![2020.2.5] 上野優子リサイタル with FAZIOLI [fontec P&D]

FOCD20123.jpg


[ご注文はこちら]


スカルラッティ:
  ソナタ K.27/L.449, K.141/L.422, K.466/L.118, K.531/L.430, K.533/L.395
ドビュッシー:
  版画
  エレジー
プロコフィエフ:
  風刺(サルカズム)Op.17
  ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調「古い手帳から」Op.28
  ピアノ・ソナタ 第4番 ハ短調「古い手帳から」Op.29
  束の間の幻影 Op.22より 第17曲「詩的に」
J.S.バッハ:
  平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 BWV846より 前奏曲


上野優子 ピアノ


2018年12月13日 すみだトリフォニーホール 小ホール ライヴ録音
FOCD20123 定価:2,700円+税


ピアニスト上野優子が2017年に始動した「プロコフィエフ・ピアノソナタ全曲シリーズ ~プロコフィエフにはどのピアノがお似合い?~(全6回)」第2回のライヴ録音。
このシリーズは、彼女が得意とするプロコフィエフのソナタ全9曲に取り組むことで、作曲者の人生の足跡をたどり、また関連する作曲家の作品も採り上げてクラシック音楽の歴史にも触れていくものです。
「プロコフィエフのソナタの成立は、現代のモダン・ピアノの完成とほぼ時を重ねています。各メーカーの音色の違いによって同じ作品でも印象が変わるので、同じホールでその違いをお客様と一緒に体感できたら...」と上野は考え、スタインウェイ・ファツィオリ・ヤマハ・カワイ・ベヒシュタイン・ベーゼンドルファーの順に使用します。
第2回となる本リサイタルではファツィオリを使用。楽器の個性を活かしながら、各曲本来の魅力に迫る、稀有なライヴの模様です。