New![2019.12.21] クレオール音楽の系譜 ~キューバとニューオーリンズ~/神代麻子 [fontec P&D]

FOCD20120.jpg


[ご注文はこちら]


マヌエル・サウメル:
 テデスコ/ルイジアナ/ホセフィーナ/魂の嘆き/
 不平がましい女/恋の痛み/ぺパの瞳
イグナシオ・セルバンテス:
 友情/決意/行ってしまって、もう帰らない/失われた幻想
エルネスト・レクオーナ:
 ハバネラ/アパシオナード/アモローサ/中国人がやって来る
ルイ・モロー・ゴッチョーク:
 バナナの木/アンダルシーアの想い出/ダンサ/
 私といっしょに/ソリチュード/風刺


神代麻子 ピアノ


録音:2019年6月4-6日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD20120 定価:2,700円+税


神代麻子はマドリード音楽院に学び、首席で卒業。帰国後は度々キューバに渡り、フランク・フェルナンデス氏に師事、キューバ独自の音楽を学びました。
今作はライフワークともいえる、カリブ海において様々な人種の混交によって生まれたクレオール音楽の中から、特に18世紀ハイチに始まり、キューバからニューオーリンズに渡った移民達がもたらした影響を背景に生まれた音楽に焦点を当てました。どの曲もなかなか録音される事のない希少なものです。
まさに多様な文化の坩堝ともいえる音楽を、神代の磨き抜かれた演奏でお聴きください。