New![2019.11.6] デメイ:交響曲第4番/飯森範親 オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

FOCD9811.jpg


[ご注文はこちら]


メンデルスゾーン:吹奏楽のための序曲 ハ長調 作品24
ヒンデミット:吹奏楽のための交響曲 変ロ調
デメイ:交響曲第4番「歌のシンフォニー」※
    ~独唱、児童合唱とウインド・オーケストラのための~


飯森範親 指揮
佐藤 瞳 ソプラノ※
大阪すみよし少年少女合唱団※
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ


2018年11月25日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音
FOCD9811 定価:2,600円+税


2018年11月25日、大阪のザ・シンフォニーホールで行われた、オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ第122回定期演奏会のライヴ録音です。
ドイツに関係する3作品が採り上げられた本プログラム。ドイツ・ロマン派と近現代の作品に加え、ドイツの3詩人が書いた詩を題材にしたヨハン・デメイの新作シンフォニー日本初演が行われました。
ドイツ古典音楽を得意とする飯森範親の指揮により、当時の楽器編成にこだわり忠実な響きを再現したメンデルスゾーン、1992年に飯森×大阪市音楽団で名演を生んで以来の再演となったヒンデミットはより力強く深く、そしてソプラノ佐藤瞳の透明感あふれる歌声、全曲を暗譜で臨んだ大阪すみよし少年少女合唱団の渾身の児童合唱を加えたデメイのシンフォニーは、会場の聴衆を釘付けにしました。