New![2018.11.7] 益田展行/フェルナンド・ソル作品集

FOCD9799.jpg


[ご注文はこちら]


フェルナンド・ソル:
 グラン・ソロ 作品14
 ソナタ 作品15-2
 グランド・ソナタ 作品22
 第2グランド・ソナタ 作品25


益田展行 ギター


録音:2018年3月7-9日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9799 定価:2,400円+税


ヨーロッパでの演奏体験も踏まえ、正統的な音楽解釈と磨き抜かれたテクニックをもって定評を築きつつある益田展行。レコーディングではすでにJ.S.バッハ作品のアルバムで愛好者のあいだに信頼感を高めた彼だが、ここにまた、古典の精髄、ソルのソナタ集という、ギター・ファンにとっては不可欠のものとなろうアルバムを発表する。まさに、頼もしき正統派、益田展行の快挙である。
-濱田滋郎-


2012年にヨーロッパより帰国後、精力的な活動を続けるギタリスト、益田展行。
若手演奏家の登竜門、(公財)東京オペラシティ文化財団主催「B→C バッハからコンテンポラリーへ」での東京・長崎公演を控え、さらに飛躍の場を広げる2018年、待望のセカンドアルバムをリリースします。
「真に正統派たるギタリスト」益田が本作で取り上げたのは"ギターのベートーヴェン"とも評される、古典期における最も偉大なギタリスト・作曲家のひとり、フェルナンド・ソル(1778-1839)の遺した4曲のソナタ。
一切の迷いを感じさせず、献身的に音楽に寄り添うその演奏は、ギターファンのみならず全音楽ファン必聴。新たなギター・ヴィルトゥオーゾの登場を確信させる一枚です。