New![2018.11.28] 益田正洋/Bach on Guitar 2

FOCD9797.jpg

[ご注文はこちら]

J.S.バッハ:
組曲 イ短調(原調:ト短調) BWV995
組曲 ホ短調 BWV996
前奏曲 ニ短調(原調:ハ短調) BWV999
組曲 イ短調(原調:ハ短調) BWV997

収録:2018年6月26-28日 相模湖交流センター

FOCD9797 定価:2,400円+税

当盤は彼による〈J.S.バッハアルバム〉の第2弾で、リュート用の作品に焦点をしぼり、彼持前の高い技術と豊かな音楽性を堅持しながら、バッハの音楽とギター固有の味わいとの、高度な一致点を如実に指し示している。
(濱田滋郎)

前作「モレーノ=トローバ ギター作品集」(FOCD9764)が朝日新聞・日本経済新聞で推薦、レコード芸術誌にて特選盤、また月刊サライで紹介されるなど多くのメディアで高く評価され、その好評を受けて2018年8月に行われたリリース記念リサイタルも盛況に終わるなど、ますます活躍著しいギタリスト・益田正洋。2009年以来9年ぶりとなるバッハ作品集「Bach on Guitar」第2弾の登場です。
本作ではJ.S.バッハ(1685-1750)が残したおびただしい曲のなかで「リュート曲」と呼ばれる数篇の中から、3つの組曲(BWV995-997)と前奏曲(BWV999)を収録。ギタリストにとって重要、かつその本質を問われるレパートリーであるJ.S.バッハの楽曲ですが、卓越した技術と音楽性に加え、月日を重ね深みを増した益田の演奏は、まさに「ギターによるバッハ」の最高峰といえるものです。
2019年2月にはJ.S.バッハのリュート組曲全曲演奏会を開催。現代最高のギター演奏家が呈示する新たなる一歩をお聴きください。

益田正洋のCDラインナップはこちら