[2018.10.24] ノタシオン/伊藤祐子 [fontec P&D]

FOCD20114.jpg


[ご注文はこちら]


クロード・ドビュッシー:
 映像 第1集(1901-1905)
 映像 第2集(1907)
モーリス・ラヴェル:
 優雅で感傷的なワルツ(1911)
ピエール・ブーレーズ:
 12のノタシオン


伊藤祐子 ピアノ


録音:2017年8月21-22日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD20114 [fontec P&D] 定価:2,800円+税


ピアニスト伊藤祐子は、このアルバムの中に、20世紀の3つの主要なフランスのピアノ作品を巧みに組み合わせた。
彼女は、明敏に、洗練されたタッチで、柔らかさと透明感を音に託し、そのピアニシモはこよなく美しい。
-ステファノ・ジェルヴァソーニ-(作曲家、パリ・コンセルヴァトワール教授)


イタリアを拠点にユニークな活動を続けるピアニスト、伊藤祐子の国内初アルバムの登場です。
近現代フランスの重要な作曲家たちの手による3つの作品が、伊藤の透明感溢れるピアノを通して生き生きとした輝きを放ちます。世界が先に気づいた溢れんばかりの才能を、お聴きください。