RELEASE

[2015.3.4]「宇宙戦艦ヤマト 2199」からの音楽/宮川彬良 指揮 大阪市音楽団

FOCD9661.jpg


映画「ロシュフォールの恋人たち」から"キャラバンの到着とマクサンスの歌"
(ミシェル・ルグラン 作曲/宮川彬良 編曲)
映画「波止場」からの交響組曲 (バーンスタイン 作曲/ボコック 編曲)
「宇宙戦艦ヤマト2199」からの音楽 (宮川泰 作曲/宮川彬良 作・編曲)※
開眼序曲 (宮川彬良 作曲)
「生業」から 第3楽章"易~生業" (宮川彬良 作曲)
宇宙戦艦ヤマト (宮川泰 作曲/宮川彬良 編曲)

宮川彬良 指揮 大阪市音楽団
※井場謙一・岡本雄一(テノール) 岸俊昭・杉江斉・滝川千春(バリトン) 田上知穂(ソプラノ)
(C)2012宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

収録:2014年10月28日 フェスティバルホール 第109回定期演奏会 ライヴ録音
FOCD9661 定価¥2,700+税

2014年10月に行われた第109回定期の模様を収めた、大阪市音の新作が登場です。
市音は2014年4月に心機一転、新体制でスタートをきりました。本作は音楽監督である宮川彬良の作・編曲を中心としたプログラムです。「ロシュフォールの恋人たち」や「波止場」といった名画の編曲に加え、何と言っても注目なのは、現在公開中の映画「宇宙戦艦ヤマト2199」の劇中曲を集めた「「宇宙戦艦ヤマト2199」からの音楽」です。大阪市音はこの映画とタイアップし、ヤマトファンの注目を集めています。1974年に放送された「宇宙戦艦ヤマト」のオリジナル楽曲に加え、最新作のために新たに書き下ろされた新曲も加え、まさに集大成といえる演奏です。
大阪市音ファンに加え、宇宙戦艦ヤマトのファンも必聴のCDになりました。

大阪市音楽団のCDのご注文はこちら