[2015.2.4]オーケストラとともに/藤村実穂子

FOCD9669.jpg


マルシュナー:歌劇「ハンス・ハイリング」より ゲルトルートの語りと歌*

ワーグナー:
楽劇「トリスタンとイゾルデ」より 前奏曲/愛の死*

舞台神聖祭典劇「パルジファル」より「パルジファル」組曲(マイヤー編)
 第1幕への前奏曲 
 場面転換の音楽 
 クンドリーの語り《違うわ、パルジファル---その子をみたわ》* 
 《ひどい人!》* 
 第3幕への前奏曲 
 聖金曜日の音楽 
 舞台転換の音楽 
 終結

藤村実穂子 メゾ・ソプラノ*
クリストフ・ウルリヒ・マイヤー 指揮
新日本フィルハーモニ交響楽団

収録:2013年11月29日 サントリーホール ライヴ録音
FOCD9669 定価¥2,800+税

 バイロイト音楽祭に9年連続出演という卓越した経歴をもち、まさに世界最高のメゾ・ソプラノと評される藤村実穂子。その圧倒的な歌唱力と深い知性が隅々まで行きわたった演奏は、多くの聴衆を魅了してきました。
 本作は2013年11月に新日本フィルと共演した演奏会を収めたものです。指揮のマイヤーは1992年以来バイロイト音楽祭の第1アシスタントとして活躍し、2007年にはファビオ・ルイジの代役として「タンホイザー」を指揮。藤村とはヨーロッパで共演し意気投合、今回の演奏会へと繋がりました。実演の機会が少ないマルシュナーに加え、藤村が得意とするワーグナーの名曲が並ぶプログラムは多くのファンが待ち望んだものです。
 パルジファル組曲はマイヤー自ら編曲。マイヤーと新日フィルの演奏は過剰な表現を避け、繊細かつしなやか。藤村の知的な歌唱とは最良の相性を示しています。

藤村実穂子のCDご注文はこちら