[2014.6.4]クローバーリーフ・スイート/長瀬敏和

FOCD9624.jpg[WEBで購入]

 

長瀬敏和 サクソフォン
仲谷沙弥香 オルガン
サクソフォンラボラトリー岡山※

 

酒井 格:クローバーリーフ・スイート (B)(S)(T)(A) ※
J.S.バッハ:最愛のイエスよ、我らここに集いて BWV731 (S)
A.マルチェッロ(H.ヴォックスマン編):オーボエと弦楽合奏のための協奏曲 ニ短調 (S)
S.ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-14 (A)
C.フランク(M.ヴォルトマン編):前奏曲、フーガと変奏曲 ロ短調 Op.18 (S)
E.ボザ:アルトサクソフォンとピアノのための アリア (A)
J.S.バッハ(Z.コダーイ編):3つのコラール前奏曲 BWV743, 762, 747 (T)
酒井 格:11月のアダージョ Op.139 (A) ※

 

録音:2013年11月27~29日 くらしき作陽大学聖徳殿

FOCD9624 定価2,700円+税

 

元・大阪市音楽団コンサートマスター 長瀬敏和 待望の1stアルバム!

 

長瀬敏和は作陽音楽大学(現くらしき作陽大学)でサクソフォンを学び、数々のコンクールで入賞、1983年に大阪市音楽団に入団、2002年からはコンサートマスターに就任し、現在はくらしき作陽大学音楽学部で准教授を務めています。まさに日本の吹奏楽を牽引してきた一人と言えます。
今作では「響き」をテーマに、長らく長瀬が望んでいたオルガンとの共演を実現。サクソフォンアンサンブルも参加し、豊かな響きを求めています。サクソフォンの為のオリジナル曲に、クラシックの名曲も交え、新たな魅力を引き出すことに挑戦した、大変意慾的な作品になりました。

 

美しい音で空間を満たしたい。
自分の声のように演奏したい。
その瞬間の音楽を共有したい。
・・・私の信条である。

長瀬敏和 ライナーノートより