RELEASE

[2007.9.21] メリー・バクテリア・ミュージック 久留智之作品集

| トラックバック(0)

FOCD2563.jpg [ WEBで購入 ]

1.バロック・プリーツ?J.S.バッハと三宅一生へのオマージュ?ピアノのための
2.メリー・バクテリア・ミュージック フルート/ピッコロとアルト・サクソフォンのための
3.オーガニック・モーションズ ピアノのための
4.クラップ・スラップ・トレンブル フルート、オーボエ、クラリネットと3バリンビンのための
5.エンサラーダ ソプラノ、フルート、ヴィオラとテープのための

1.ピアノ:秦はるひ
2.フルート・ピッコロ:斎藤和志 アルト・サクソフォン:新井靖志
3.ピアノ:中村和枝
4.アンサンブル・アッカ
5.ソプラノ:愛甲雅美 フルート:西沢幸彦 ヴィオラ:百武由紀

久留智之(ひさとめともゆき):
東京芸術大学大学院作曲科修了。同大学院在学中にイタリア政府給費留学生として渡欧。ミラノ・G・ヴェルディ音楽院作曲科及び指揮科にて学び、ローマ・アカデミア・聖チェチリア作曲科修了。
作曲を八村義夫、F.ドナトーニ、U.ロトンディ他の各氏に、指揮を高階正光、F.フェラーラ、P.エトヴェシュ他の各氏に師事。
作品は、PAS打楽器作品コンクール第一位(アメリカ)、トリエステ市賞第二位(イタリア)、ISCM入選(1991スイス1997韓国)、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞、第一回神戸国際フルート作品作曲コンクール第二位、ACL入選(1997フィリピン)他受賞多数。
作曲家としては、バロック的修辞法や、アニミズム的要素を取り入れるなど、歴史や地域性を捉えなおす作業を通して、時空間を有機的に息づかせることを目指す。1997年には、NHK-FM「現代の音楽」で特集が組まれた。
指揮者としては、イタリア留学中にミラノのオーケストラ・アンジェリクムの定期公演を指揮。帰国後は、自作を中心に各地で活動する。広島大学音楽科オーケストラでは、「平和を奏でる」というテーマのもとにB.ブリテン「戦争レクイエム」などメッセージ性の強い作品を演奏する。また、2000年に広島にて、主にモダンピースをレパートリーにもつアンサンブルH[akka]を設立し、活動を開始する。作品は、全音楽譜出版、JFC出版、Mieroprint(ミュンヘン)などから出版されている。
日本現代音楽協会、日本作曲家協議会、深新会、各会員。アンサンブルH[akka]音楽監督。現在、愛知県立芸術大学音楽学部教授。

FOCD2563 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.fontec.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2009