[2006.9.21] イタリア近代歌曲集 II

FOCD9280.jpg [ WEBで購入 ]

レスピーギ:
あなたたちが生まれた時/雌鳥たちが麦打ち場を引っ掻いて
戯れ/いつか、あの人が帰って来たら/諦め/雨/踊りへの誘い

カゼッラ:
美しい乙女、私の心の光り/美しい鳥籠から
かわいい女よ、私は貴女に恋している

アルファーノ:
ナポリの古い子守歌/毎日毎日

ヴォルフ=フェルラーリ:
道行く若い人よ/海辺に家を造りたい/夜、床に就くと
貴方が通りかかると、なんと腹がたつことでしょう
ああ私の溜め息よ、私の送る所に行きなさい

ピッツェッティ:
ウリーヴァの子守歌/指輪の漁/牧人たち

ゲディーニ:
一羽の小鳥が甘い声で/手に一杯の薔薇と百合を下さい

嶺 貞子 soprano 山田武彦 piano

FOCD9280 定価 ¥2,100(税抜価格 ¥2,000)

 
 古典から現代までのイタリア歌曲の第一人者として国内外で高い評価を受けている、嶺貞子によるイタリア近代歌曲集の第2弾です。

 嶺貞子は東京芸術大学声楽科卒業、同大専攻科・同大学院独唱科修了。安宅賞、野村学芸財団あらえびす賞、第31回毎日音楽コンクール(現 日本音楽コンクール)声楽部門第1位入賞など数々の受賞歴を誇り、オラトリオ、バロック声楽曲を主要オーケストラと数百回共演、リリースしたCDは複数がレコード芸術誌特選盤となっています。2005年10月には、イタリア大統領から"イタリアの連帯の星勲章 コメムンダトーレ"の称号を授与されました。

 『嶺さんのように、どこまでも「詩を歌う」人がいてくれることは大いなる救いである。詩を書いた詩人たちも、さぞ本望であろう。』(林望ライナーノーツから抜粋)
 確かな技術と芸術性の高さから、鑑賞用としてはもちろん、声楽を実際に学んでいる方にも最適の一枚です。