06 その他の最近のブログ記事

FOCD20084.jpg [ WEBで購入 ]


高野本巻第一「祇園精舎」より(朗読)/壱越調 品玄(龍笛)
高野本巻第三「大臣流罪」より(朗読)/返風香調 石上流泉/妙音院流秘曲(楽琵琶)
高野本巻第四「厳島御幸」より(朗読)/沙陀調 新楽乱声(龍笛)
高野本巻第六「小督」より(朗読)/平調 想夫恋(管絃)
高野本巻第六「嗄声」より(朗読)/大食調 賀王恩(管絃)
延慶本第五本「敦盛討れ給ふ事」より(朗読)/黄鐘調 啄木/高麗篳篥秘曲(大篳篥)
高野本巻第十「千手前」より(朗読)/平調 皇じょうの急(龍笛、楽琵琶)
高野本巻第十「熊野参詣」より(朗読)/盤渉調 青海波(管絃)
高野本巻第十一「鏡」より(朗読)/御神楽 湯立(神楽歌、神楽笛、和琴)

長谷川 景光/龍笛、大篳篥(啄木)、神楽笛、神楽歌(多重録音)。
橋本薫明/笙。
長沢徳之/大篳篥(想夫恋、賀王恩、青海波)。
佐野龍子/楽琵琶(石上流泉、皇じょうの急)。
常法寺美和/楽琵琶(想夫恋、賀王恩、青海波)。
米澤茉莉佳/楽箏、和琴。
船橋珠絵/鞨鼓。
海野純弘/坐太鼓。
三浦孝康/鉦鼓。
朗読 磯浦康二

FOCD20084 定価¥2,300(税抜価格¥2,190)


龍笛奏者であり、雅楽研究家でもある長谷川景光のフォンテック7作目は、平家物語に着目しました。

平家物語が成立したのは平家が滅亡した1185年以後であり、一説には1190年から1218年の約30年の間とも言われています。平家物語には雅楽の曲名が多く登場し、そのいずれもが名場面に花を添える形となっています。
このアルバムでは平家物語の短い朗読があり、続いてその場面に登場する雅楽曲を収録しました。また演奏には平安時代の楽譜を使い、楽譜に記された編成を忠実に再現しています。

長谷川の真摯な研究と素晴らしい演奏には、まるで平家物語の世界に引き込まれるような魅力があります。

FOCD20077.jpg [ WEBで購入 ]


1. 芝浜 2. 終演後の会見

五代目 三遊亭圓樂(円楽)

平成元年11月25日 寄席「若竹」にて収録
FOCD20077 定価¥1,890(税抜価格¥1,800)


平成元年11月25日、東陽町 寄席「若竹」閉場の日、主任(とり)はこの寄席を建てた五代目 三遊亭圓樂。選んだ演目は「芝浜」。
師匠の「万感の思い」が込められたこの「芝浜」は、その芸に圧倒されます。
そして、同時に収録した終演後の会見では、落語会の次代を担う若手への苦言・期待等、落語界に対する師匠の大きな愛情が感じられます。

FOCD9452.jpg [ WEBで購入 ]


古調あいや節 古調よされ節 黒石上河原節 ワイハ節 津軽小原節
津軽三下り 津軽音頭 即興曲 親子二重奏 風の風伝(ことづて)

小林史佳=津軽三味線
初代須藤雲栄=唄 高橋竹育=津軽三味線・太鼓

2008-2009年 新潟市民芸術文化会館 ほか ライヴ録音
FOCD9452 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)


「果てしなく誰も歩いたことのない道に自分の足跡を残していこうと思う」
私は今回のアルバム「風の風伝(ことづて)」を、その想いを込めて制作した。
?小林史佳 ライナーノートより?

新潟をホームグラウンドに活躍する、三味線プレイヤー小林史佳、初のコラボレーションアルバムです。
彼の華麗な撥さばき、深みのある旋律は胸に迫るものがあります。その演奏の場は多岐にわたり、新潟県関川村の国指定重要文化財「渡邉邸」(NHKドラマ「蔵」の撮影場所として有名)での演奏会や、新潟の特色を活かした様々な空間での演奏。また国内でのソロコンサートの他、最近ではフランス ナント市での公演など、津軽三味線を日本国内のみならず、世界へと発信し続けています。
協演の初代須藤雲栄は15歳で津軽民謡の大家、成田雲竹に弟子入り、津軽民謡の真髄を教え込まれました。1968年から75年まで、高橋竹山と組んで、全国公演。渋谷ジャンジャンで竹山と定期公演に出演。その後、国内はもとより海外でも公演。津軽民謡の正統派歌手として活躍しています。

FOCD20074.jpg [ WEBで購入 ]


Welcome…
R.Eyles & F.Werle: The Golden Age Of The Xylophone (Xylophone with Piano)
Sound Picture: Forest ?森? (Percussion)
K.Stockhausen: Zyklus (Percussion)
Sound Picture: Toy Box ?おもちゃ箱? (Percussion & Toys)
Sayaka Nojiri: The Spica ?真珠星? (Vibraphone & Voice)
Sound Picture: Fire ?炎? (Drums)
Sayaka Nojiri: Play with heart (Marimba)
Sound Picture: Space ?宇宙? (Percussion)

野尻小矢佳:パーカッション、Voice

2009年9月17・18日 川口市民会館
FOCD20074 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)


野尻小矢佳(のじり・さやか)は2007年、武蔵野音楽大学打楽器科卒、同特修科終了。マリンバ・打楽器を工藤昭二・美恵、吉原すみれ、高橋美智子、中谷孝哉、ラテンパーカッションを石川武、吹奏楽をRay E. Cramer各氏に師事。卒業後、第23回打楽器新人演奏会グランプリ他、多数の受賞歴があります。ジャンルの垣根を越え、様々な楽器を多様な奏法で縦横無尽に演奏するスタイルは、各方面から注目を集めています。
ソロ・デビューとなる本CDでは、打楽器の可能性を追求した自作曲から、シュトックハウゼンの名曲まで幅広い選曲と楽器選択で、野尻の多彩な演奏活動の軌跡が伺えます。

FOCD20075.jpg [ WEBで購入 ]


津軽じょんから節曲弾 雪三題:雪んこ・かまくらっこ…雪まつり・カタユキカンコ
津軽おはら節曲弾 玉川くだり 津軽じょんから節(唄入り) 泣き坂追分
坂東太郎 あいやの流れ?津軽あいや節? 津軽よされ節 曲弾?唄入り

三味線:澤田成十朗・鶴家奏英・奏弦
唄:福士あきみ・木原周禮・山口民規衣・澤瀉秋子
邦楽囃子:堅田喜俊・堅田喜子・細谷一郎
笛:望月太八 尺八:山本龍 鳴物:美波駒寿
うた囃子:西田和子・西田理子

2009年4月20・22日 Studio SHIMIZU
FOCD20075 定価¥3,000(税抜価格¥2,857)


澤田成十朗(さわだ・せいじゅうろう)は幼少の頃から民謡の細三味線を父である鶴家奏英(つるや・そうえ)に学び、津軽三味線を澤田勝成師、長唄三味線を杵屋勝幸恵師に師事。東京藝術大学を卒業後、2006年の津軽三味線コンクール全国大会で優勝。習得した多彩な奏法を活かし、現在は海外公演、歌舞伎舞踊の伴奏、NHKを始めTV出演などで幅広く活躍する気鋭の津軽三味線奏者です。
本CDでは民謡に造詣が深く、自作の新作民謡が日本民謡協会で数多く入選している父、鶴家奏英の曲を中心に、伝統的な津軽民謡も合わせて収録しました。力強く哀歓溢れる津軽の旋律は独特の魅力を放っています。

FOCD20073.jpg [ WEBで購入 ]


1.平調 郎君子
2.沙陀調 最涼州 半帖
3.大食調 散手破陣楽破 半帖
4.平調 林歌
5.乞食調 蘇芳菲
6.水調 感城楽
7.盤渉調 鳥向楽 半帖
8.九声黄鐘調 栴檀風

長谷川景光 龍笛・大篳篥/橋本薫明 笙/平安楽舎

FOCD20073 定価¥2,300(税抜価格¥2,190)


長谷川景光は雅楽を海地昭三に師事、現代音楽を柴田南雄から、雅楽横笛は芝祐靖から学び、松井北斗に楽琵琶を師事しました。現在は古代、中世の雅楽譜を解読、復元し精力的に演奏活動をしています。
6作目にあたる本CDでは嵯峨天皇(786?842。在位809?823)に注目しました。嵯峨天皇は詩人天皇として知られていますが、楽を最も愛された雅楽天皇でもありました。琴をこよなく愛されただけでなく、曲の新作や改作を奨励し、また自らも作曲されました。さらに、平安中期に成立した音楽小説『うつほ物語』では重要な登場人物として描かれています。このCDでは嵯峨天皇に因んだ曲を収載し、嵯峨天皇に捧げるアルバムとなっています。

FOCD9338.jpg
[ WEBで購入 ]


山椒太夫?鳴子曳き
ひらがな盛衰記?義仲館・巴奮戦の場

北村宗演 語り

録音:1966年9月17日 新潟県佐渡市矢柄
FOCD9338 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)


佐渡の文弥界の至宝とされた北村宗演(1898-1974)が残した貴重な音源を紹介した初めてのCDです。
その余韻嫋嫋と深く心にしみる味わいの魅力は、現在も活躍する佐渡の文弥節の太夫等に綿々と今に引き継がれています。

[2007.10.21] お手玉の唄

| トラックバック(0)

EFCD4122.jpg [ WEBで購入 ]
?試聴:一かけ二かけて(栃木県那須烏山市)?

人の寄るのを(愛媛県西条市小松町) おさらい(東京都) おさら(高知県)
おしゃらい(大分県) 一でたちばな(山口県) 一でたちばな(兵庫県) おひとおふた(大阪府)
おじゃみ(島根県出雲地方) 日清戦争(東京都八王子地方) うぐいすや(青森県)
一かけ二かけて(栃木県那須烏山市) ずいずいずっころばし(わらべうた 菊川迪夫編曲)
いちでたちばな(佐賀県 林 光編曲) お手玉(文部省唱歌 萩原英彦編)

安藤 豊…指揮 野口 愛…ピアノ 新居浜少年少女合唱団

収録:2007年5月26日 新居浜市市民文化センター

長い歴史の中で遊びつがれ、歌いつがれてきた日本の遊びの代表格「お手玉」。時代の変化の中で忘れ去られようとしている「日本のこころ」。この「お手玉の唄」は時代を超えて人々の心に響く音色で、私たちに語りかけてくれます。
お手玉遊びは祖母から孫へと伝えられてきた伝承遊びですが、その時代、その時代の知恵と創造の素晴らしい“宝”です。

EFCD4122 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)

RZF1017.jpg [ WEBで購入 ]

Likes Miles / Starlight Desert / The Change / A Long Distance / Boptizm
How Long Has It Been / Chopstics / HB / Westland Avenue

PENTAGON:
Piano Keyboards: Tsugio Taki  Sax: Akio Miyazaki
Guitar: Takayuki Emori  Bass: Sosuke Kawamoto
Drums: Ryo Takai  Percussion: Osami Watanabe

かつてアメリカ留学時代に知り合った仲間により結成されたユニット「PENTAGON」が、2000年にファーストアルバム「Mosquito Road」を発表して以来、ライブ、コンサート等地道な活動の中で望まれていた、待望のアルバム第2弾「Like-s-Miles」が遂に完成。それぞれのオリジナル曲は、美しく、激しくスピード感溢れ、それを緻密なアンサンブル、白熱のソロプレイでライブ感漂うスケールの大きな音楽を生み出している。
次の時代のジャズを創造しようとする意気込みを充分感じさせる今作品、日本のコンテンポラリージャズをリードする“PENTAGON”の演奏で是非、お聴き下さい。

RZF1017 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)

FOCD20063.jpg [ WEBで購入 ]

一、九声盤渉調 落葉  二、九声双調 梅花  三、九声盤渉調 侍従(九声黄鐘調 荷葉一具)
四、荷葉序  五、荷葉破  六、荷葉急  七、九声盤渉調 菊花
八、九声平調 黒方序  九、平安朝雅楽盤渉調 蘇合香入破

長谷川景光 龍笛・楽琵琶・大篳篥
常法寺美和 楽琵琶
米澤茉莉佳 楽箏

平安時代には薫物(たきもの)という香りの文化がありました。『源氏物語』にも数多くの場面で薫物が登場します。薫物はインドに端を発し、仏教と共に中国に渡り『千金方』という医書に記載されているように医薬として進化し、そして日本に渡って嗜みの香り、フレグランスとして開花します。このように薫物は、シルクロードの終着点である日本の文化の特性と優位性を示す証しであり誇りであると言えるのです。平安時代には六種(むくさ)の薫物という6種類の空薫物(そらだきもの)、現代風に言えば室内芳香用のブレンド香がありました。この六種の薫物は、4から8種類の粉末香を蜜で練り合わせて作る香で、「梅花」「荷葉」「侍従」「菊花」「落葉」「黒方」の名が付けられています。
このアルバム はその六種の薫物の名を曲名とし、景光が平成18年6月から9カ月かけて作曲した現代雅楽作品集であり、吹物(龍笛、大篳篥)と糸物(楽琵琶、楽箏)の編曲が加えられています。また、フリーリズムの序以外は全曲異なるリズムで作曲されています。なお、最後の「蘇合香」だけが平安朝雅楽の復曲となっています。

FOCD20063 定価¥2,300(税抜価格¥2,190)