03 声楽・合唱の最近のブログ記事

FOCD9486.jpg [ WEBで購入 ]


おかあさん/風の子供/秋の野/さより/花の街/ちいさい秋みつけた
小さな空/やぎさんゆうびん/おつかいありさん/ぞうさん/春よ来い
揺籃の歌/おぼろ月夜/びわ/里の秋/子守うた/おやすみ
雪のふるまちを/ペチカ/雪女/ねむの木の子守唄

澤畑恵美 Soprano 谷池重紬子 Piano

2010年6月7-9日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD9486 定価¥3,000(税抜価格¥2,857)


現在最も人気・実力を兼ね備えたソプラノのひとり、澤畑恵美の“にほんのうた”待望の2作目の登場です。
本作では昔からおかあさん・おとうさんが子どもに歌って聴かせたり、一緒に歌ったりしてきた曲を数多く収録。ピアニスト・谷池重紬子との息のあった情感ゆたかな演奏で、ひとつひとつの作品の持つ魅力、“にほんのうた”の美しさを味わうことができる一枚です。

FOCD9496.jpg  [ WEBで購入 ]


歌曲集「六つの浪漫」 歌曲集「愛する歌」
歌曲集「秋の瞳」 歌曲「涅槃」

ソプラノ 豊田喜代美 ピアノ 渡辺健二

1997年3月13・14日 ハーモニーホール座間
FOCD9496 定価¥2,100(税抜価格¥2,000)


彼女の音楽に、現代では稀な色彩を感じた。?高橋英郎(音楽評論家)?

お問い合わせの多かった本作、再発売です。
楽譜=音楽之友社、カワイ出版

FOCD9487.jpg  [ WEBで購入 ]


シューベルト:
泉に寄せて D530/春に D882/ギリシャの神々 D677b
泉のほとりの若者 D300/春の想い D686b
ワーグナー:
ヴェーゼンドンク歌曲集…天使/止まれ!/温室で/痛み/夢
R.シュトラウス:
私の想いのすべて Op.21-1/君は心の冠 Op.21-2/ダリア Op.10-4
私の心は黙り、冷たい Op.19-6/二人の秘密をなぜ隠すの Op.19-4
マーラー:
リュッケルトの詩による歌曲集…
あなたが美しさゆえに愛するなら/私の歌を見ないで
私は優しい香りを吸い込んだ/真夜中に/私はこの世から姿を消した
シューベルト:
夕映えの中で D799
R.シュトラウス:
明日 Op.27-4

藤村実穂子 メゾ・ソプラノ
ロジャー・ヴィニョーレス ピアノ

2009年:
2月25日 いずみホール/2月27日 しらかわホール
3月1日 所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール
3月3日 紀尾井ホール
ライヴ録音

FOCD9487 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


ヨーロッパをはじめ世界各国を席巻し「現在最高のメゾ」と賞される藤村実穂子。
<原点>であるドイツ歌曲によるリサイタル?シューベルト、ワーグナー、マーラー、そしてR.シュトラウス?2009年日本公演ライヴです。

FOCD9481.jpg [ WEBで購入 ]


1. 明日の朝、神様がいらっしゃるよ(NHKラジオ2010年10?12月「深夜便のうた」)
  作詞:岡本おさみ 作曲:宮川彬良
2. 飛び散る火の粉は花吹雪
  原作 ディケンズ/著、山西英一/訳 『大いなる遺産』(新潮文庫刊)より
  訳詞:山西英一・岡本おさみ 作曲:宮川彬良
3. 明日の朝、神様がいらっしゃるよ(Instrumental)
4. 飛び散る火の粉は花吹雪(Instrumental)

ことのみ児童合唱団 井上美都 conductor 堀内愛祥 solo(1)
中野太一 solo(2)
宮川彬良 piano

発行:NHKサービスセンター
FOCD9481 定価¥1,500(税抜価格¥1,429)


“大人が聴ける静かな番組を”という要望に応え、NHKが1990年から放送を開始した「ラジオ深夜便」。深夜の放送にもかかわらず、多くのファンに支持されています。
番組内『深夜便のうた』は2006年からスタート。3ヶ月ごとに様々なジャンルから選定された曲を、ほぼ毎日放送しています。

本CDには今年10月?12月の選定曲である宮川彬良 作曲の「明日の朝、神様がいらっしゃるよ」を収録。
この曲は1998年、新潟市民芸術文化会館・りゅーとぴあの開館記念ミュージカルとして制作された「シャンポーの森で眠る」の劇中曲でした。ジョルジュ・サンド「愛の妖精」を原作に、戦争でひとり生き残ってしまった双子の兄・シルヴィネの視点から構成されたこのミュージカルで、ひときわ強く観客の心を捉えたのがこの曲でした。

カップリング曲は、同じく宮川作曲、りゅーとぴあ開館10周年記念ミュージカル「大いなる遺産」(2008年)劇中曲より、「飛び散る火の粉は花吹雪」。
両曲とも、作曲者自身の演奏によるカラピアノ(Instrumental)を収録しています。

FOCD9460.jpg [ WEBで購入 ]


ソプラノ・バリトンソロと合唱とオーケストラのための組曲「筑紫讃歌」
(團 伊玖磨・作曲 犬塚 堯・作詞)

混声合唱組曲「筑後川」
(團 伊玖磨・作曲 丸山 豊・作詞)

現田茂夫 指揮 佐藤しのぶ ソプラノ 青戸 知 バリトン
「筑紫讃歌」特別合唱団 「筑後川」特別合唱団 九州交響楽団

2009年10月12日 福岡シンフォニーホール ライヴ録音
FOCD9460 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


日本を代表する音楽家・團 伊玖磨(1924?2001)は、交響曲、管弦楽曲、歌曲、オペラ、合唱曲と数多くの作品を残しています。この中で九州を題材にした作品は50曲にのぼり、多くの人たちに愛されています。
本CDでは、2009年10月12日、福岡シンフォニーホールで行われた演奏会より、九州の熱気溢れる風土を歌った2作品を収録。その雄大なメロディーは聴く者の心の奥まで響いて来ます。

FOCD9457.jpg [ WEBで購入 ]


1. 帆は風に鳴り 男声合唱とピアノのために

男声合唱による 日本抒情歌曲集:
2. からたちの花 3. 箱根八里 4. 中国地方の子守歌 5. 城ヶ島の雨
6. 椰子の実 7. 浜辺の歌 8. お菓子と娘 9. 叱られて
10. カチューシャの唄 11. 早春賦 12. ゴンドラの唄 13. 待ちぼうけ

1・2・10. 小松原高等学校音楽部 蛭田光仁:指揮
4・6・8・11・13. 埼玉県立浦和高等学校グリークラブ 小野瀬照夫:指揮
3・5・7・9・12. 埼玉県立川越高等学校音楽部 吉田 寛:指揮
田中知子:ピアノ(2・5・8・10を除く)

FOCD9457 定価¥2,730(税抜価格¥2,600)


林 光の数少ない男声合唱作品の中から2作品を収録。男声合唱の魅力に迫る待望の一枚です。

FOCD9464.jpg [ WEBで購入 ]


1. 北の国から ?遙かなる大地より?
2. 秋桜(コスモス)
3. 抱きしめて
4. 精霊流し
5. それぞれの旅
6. 花咲きぬ
7. 惜春
8. 夜想曲(ノクターン)

作詩・作曲:さだまさし
編曲:八野行恭(さだまさしレコーディング・ディレクター)

1-4. 栄東中学・高等学校コーラス部(石山 明=指揮)
5-8. 埼玉県立浦和第一女子高等学校音楽部(小松直詩=指揮)
古瀬安子=ピアノ・カラピアノ

2010年2月12日・3月22日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD9464 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)


ひろく人々に愛されている“さだまさし”の作品を、“女声コーラス”でお届けします。
編曲は、さだまさしのレコーデング・ディレクターをつとめる八野行恭。さだ作品を知り尽くした彼だからこそ出来るアレンジです。
新しいコーラスの世界がひろがります。


※全音楽譜出版社より、タイアップ楽譜同時発売!
商品詳細はこちらから

FOCD9458.jpg [ WEBで購入 ]


フランツ・シュミット:七つの封印を有する書

クリスティアン・アルミンク 指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団
ヘルベルト・リッペルト<ヨハネ> テノール
増田のり子 ソプラノ 加納悦子 アルト 吉田浩之 テノール クルト・リドル バス
室住素子 オルガン 栗友会合唱団 栗山文昭 合唱指揮

2009年7月10・11日 すみだトリフォニーホール
FOCD9458/9 定価¥3,500(税抜価格¥3,333)


1874年にウィーン近郊のブラティスラヴァに生まれ、多彩な作品群を残したフランツ・シュミット。晩年の傑作「七つの封印を有する書」は、<ヨハネの黙示録>を題材にしたオラトリオです。
この作品は1938年に初演されて以来、ウィーン文化圏では演奏され続けています。近年はアーノンクール/ウィーン・フィルがとりあげており、ウィーン出身 次世代の星アルミンクがその伝統を引き継ぎます。
アルミンクが新日本フィル音楽監督に就任してから7年、最良の結果のひとつがここにあります。

FOCD9436.jpg FOCD9437.jpg [ WEBで購入 ]


「イタリアを歌う/島村武男 ライヴ」
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」より“プロローグ” ドゥランテ:愛に満ちた処女よ
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より“奥さん、これが恋人のカタログ”
トスティ:セレナータ トスティ:最後の歌 ヴェルディ:哀れな男
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」より“祖国の敵” ベッリーニ:銀色に染める優雅な月よ
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より“私です、カルロ様!” デンツァ:魅惑の瞳
ガスタルドン:禁じられた音楽 ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より“悪魔め鬼め”
ヴェルディ:歌劇「マクベス」より“哀れみも、誉れも、愛も”
(2002年5月26日 サントリーホール 小ホール ライヴ録音)
FOCD9436 定価¥2,000(税抜価格¥1,905)

「日本の心を歌う 島村武男」
椰子の実(詞:島崎藤村/曲:大中寅二) 出船(詞:勝田香月/曲:杉山長谷夫)
波浮の港(詞:野口雨情/曲:山田耕筰)ペチカ(詞:北原白秋/曲:山田耕筰)
荒城の月(詞:土井晩翠/曲:滝廉太郎) 平城山(詞:北見志保子/曲:平井康三郎) 
待ちぼうけ(詞:北原白秋/曲:山田耕筰) 早春賦(詞:吉丸一昌/曲:中田章)
浜辺の歌(詞:林古渓/曲:成田為三) 朧月夜(詞:高野辰之/曲:岡野貞一)
この道(詞:北原白秋/曲:山田耕筰) 故郷(詞:高野辰之/曲:岡野貞一)
赤とんぼ(詞:三木露風/曲:山田耕筰) 夏は来ぬ(詞:佐佐木信綱/曲:小山作之助)
千の風になって(詞:不詳/訳詞・曲:新井満)
(2009年11月17日 The Space of Terra)
FOCD9437 定価¥2,000(税抜価格¥1,905)

島村武男 バリトン 沼田宏行 ピアノ


日本を代表するバリトン歌手 島村武男による、イタリア歌曲・日本歌曲の2タイトル同時リリース。

島村は東京芸術大学、同大学院修士課程を修了後、ミュンヘン音楽大学でオペラとリートを学びました。その後イタリアへ渡り、ベルカント唱法とイタリア・オペラを研鑽。その間、各地で数多くのコンサートに出演。その名声は非常に高く、ハイデルベルク城でのサマーオペラフェスティヴァルには毎年招かれていました。
その力強く、朗々と響く声は出色で、まさに日本屈指のヘルデン・バリトンです。指揮者、飯守泰次郎のワーグナー公演には過去10年に渡り、度々参加しています。

数々の舞台経験と確かな技術に裏付けられた、島村の芸術にご注目ください。

EFCD4149.jpg [ WEBで購入 ]


1. 間宮芳生:合唱のためのコンポジション第8番(1971)
2-5. エリック・ベルイマン:「4つの絞首台の歌」作品51b(1960)
6-12. ヨハネス・ブラームス:「マリアの歌」作品22(1859)
13-15. 間宮芳生:女声合唱のための「三色草子」(1980)
16-19. 間宮芳生:合唱のための「12のインヴェンション」?日本民謡による?より(1969)

東京混声合唱団
指揮:間宮芳生(1-19)、田中信昭(1)
テノール:大貫浩史(1)
バス:山田 茂(1)
語り手:志村一繁(2)、徳永祐一(2)、箕輪由樹(3-4)
鈴:加藤綾香、尾崎かをり(14)
テノール:千葉弘樹(17)

2008年12月18日 日本大学カザルスホール ライヴ録音
EFCD4149 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)


多彩な曲目をレパートリーに持つ東京混声合唱団。今回は非常に長い創作活動のなかで、数多くの名曲を生み出してきた間宮芳生とのコラボレーションです。
間宮本人が選曲と指揮を行った2008年12月の演奏会を収録。その「民俗」的なモチーフを独特な仕方で自作に組み入れ、新鮮なリズムと響きを浮き上がらせる方法論は多くの賛同を集めています。
自作曲の他にベルイマン、ブラームスの合唱曲を加え、より一層魅力的になったこのプログラムをライヴ当日の臨場感のままお聴きいただけます。