RELEASE

FOCD9839.jpg


[ご注文はこちら]


ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18-5
弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 作品132


ウェールズ弦楽四重奏団
 﨑谷直人 ヴァイオリン
 三原久遠 ヴァイオリン
 横溝耕一 ヴィオラ
 富岡廉太郎 チェロ


録音:2020年6月23・24日 三芳町文化会館 コピスみよし
   2020年8月14・15日 かながわアートホール
FOCD9839 定価:2,800円+税


一作ごとに高まる期待とその超克、ウェールズ弦楽四重奏団によるベートーヴェン 第四弾


初期・中期の名作を収録した第3集(FOCD9812)は、「ひたむきに音楽の構造を明らかにし、聴き手に大きな発見と感動を呼び起こす」と絶賛されました。
ベートーヴェン生誕250年となる2020年を迎え、全曲録音の半ばとなる第4集は、古典的な明晰さを持つ第5番、そして楽聖の最高傑作 第15番を収録。イ長調で開始されイ長調で終結する80分―この上なく透明な響きを基調に、繊細な表現と大胆な斬込みに溢れる名演。コロナ禍におけるレコーディングから、ウェールズの「聖なる感謝の歌」がきこえてきます。
ライナーノートは矢部達哉が執筆。緊急事態宣言で「心が止まってしまった」音楽家が、このCDによって「新しい力」へ「感謝の歌」を歌い出すまでを感動的に綴っています。

FOCD9837.jpg


[ご注文はこちら]
BASEショップで購入


ブルックナー:交響曲 第3番 ニ短調〈第3稿〉


尾高忠明 指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団


2020年
1月16・17日 フェスティバルホール/21日 サントリーホール
ライヴ録音


FOCD9837 定価:2,800円+税


2018年の音楽監督就任以来、数々の名演を世に放つ尾高=大阪フィル。披露公演における《ブルックナー 交響曲 第8番》、シーズン2年目の開幕を飾った《マーラー 交響曲 第9番》のライヴCDは、精緻な表現と豪放な響きを併せ持つ稀代の演奏と高く評価されました。
若き日よりブルックナーに傾倒してきた尾高ですが、《第3番》は版の選択を決めかね、演奏する機会に恵まれませんでした。しかし「朝比奈隆先生ゆかりの大阪フィルに来たからには、ここで3番を始めるべき」と2020年1月の3公演に臨むことを決意します。オーケストラにとっても、2002年の朝比奈追悼公演以来となる《第3番》です。
思索を深めることとなった前年の病気療養を経て、未踏の領域へと近づく尾高の指揮。その自然体の導きに、当意即妙な演奏で応える大阪フィルの演奏は、まさに理想的なブルックナー像の出現と申せましょう。
尾高/大阪フィルの今シーズンは、さらに11月《マーラー 交響曲 第5番》21年2月《ブルックナー 交響曲 第9番》という大曲が予定されています。

FOCD9838.jpg


[ご注文はこちら]
BASEショップで購入


ベートーヴェン:
ピアノ三重奏曲 第5番 ニ長調 作品70-1《幽霊》
ピアノ三重奏曲 第6番 変ホ長調 作品70-2


トリオ・アコード
 白井 圭 ヴァイオリン
 門脇大樹 チェロ
 津田裕也 ピアノ


録音:2020年2月26・27日 コピスみよし
FOCD9838 定価:2,800円+税


トリオ・アコード デビュー!


2003年 東京藝術大学在学中に、白井圭、門脇大樹、津田裕也-3名の同級生により結成。それぞれの留学のため一時活動を中断しましたが、2017年に再開し今日に至っています。
2020年3月には<東京・春・音楽祭>で、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲を3日間にわたり全曲演奏し、その高い芸術性と緻密なアンサンブルが絶賛されました。
コロナ禍のなか、全曲コンサート直後に敢行したレコーディング。本CDはその成果です。1808年に作曲された、極めて独創的な「作品70」の2曲の演奏に、デビューCDへの気概と矜持が聴こえます。

FOCD9830.jpg


[ご注文はこちら]
BASEショップで購入


プッチーニ:
あなたへ/ある亡き女性に/報告は偽りだった/愛の短い物語/
太陽と愛/進めウラーニア!/ディアーナ讃歌/そして小鳥は/
太陽と海洋/魂の歌/我が家、我が家よ/死ぬこととは?/ローマ讃歌


ジョン・健・ヌッツォ テノール
河原忠之 ピアノ


2018年6月21日 兵庫県立芸術文化センター ライヴ録音
FOCD9830 定価:2,500円+税


オペラ歌手 ジョン・健・ヌッツォが歌う幻のプッチーニ歌曲


ウィーン国立歌劇場での鮮烈なデビュー以来、「天から授けられた」とも称される稀代の声で世界を舞台に活躍を続ける鬼才、ジョン・健・ヌッツォ。近年では世界的歌手プラシド・ドミンゴや、ホルン奏者ラデク・バボラークと共演。その圧倒的な歌唱と揺るぎない音楽性に、各方面から極めて高い評価を受けています。
今作では「NUZZO meets PUCCINI」と題し、プッチーニ生誕160年にあたる2018年に行われたリサイタルツアーの中から、6月の兵庫県立芸術文化センターでのライヴ音源を収録しました。
『トスカ』『蝶々夫人』『ラ・ボエーム』など、イタリアを代表するオペラの作者として知られるプッチーニ。歌曲に関しては作品も少なく、演奏されることは今日では希少ですが、後年自身のオペラに引用されるなど、情感豊かで美しい旋律を持つ傑作ぞろいです。
ジョン・健・ヌッツォの唯一無二の魂の歌による幻のプッチーニ歌曲を、名手・河原忠之のピアノとともにお届けします。音楽の歴史に残る新たな名盤の登場です。

FOCD20125.jpg


[ご注文はこちら]
BASEショップで購入


ドビュッシー:ベルガマスク組曲
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」
ショパン:12の練習曲 作品10
ショパン:ワルツ イ短調(遺作)


志鷹美紗 ピアノ


録音:2019年9月28日 広島文化学園HBGホール
FOCD20125 定価:2,700円+税


志鷹美紗は桐朋学園大学を首席で卒業後、ドイツ・ベルリン芸術大学で名手ジャック・ルヴィエのもと研鑽を積み、国内外の様々なコンクールに入賞。流麗な美しい音と、作曲家の内面に迫り、それを音楽へと昇華させる豊かな表現力を併せ持つその演奏は、多くの聴衆を魅了してきました。
また録音にも注力しており、既に4枚のソロ・アルバムをリリース。5作目となる本作では2019年9月23日に東京オペラシティで行われた自身のリサイタルのプログラムを再現し、ライブを彷彿とさせる独特の緊張感と新鮮さに溢れた1作になりました。
いまだ進化のとまらない志鷹の熱演を是非お聴きください。

FOCD9836.jpg

iTunes ●mora ●レコチョク ●dミュージック ●amazon music etc.など主要サイトで音楽配信開始!

J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV 232: IV. Benedictus

シューベルト:アヴェ・マリア

カッチーニ:アヴェ・マリア

マスカーニ:アヴェ・マリア

フランク:天使のパン

バード:サム・チルドレン・シー・ヒム

アダン:オー・ホーリー・ナイト

村松亜紀(ピアノ),2015年5月17日(日)福島市音楽堂 大ホール
ーーーーー
日本古謡:さくらさくら

滝廉太郎:荒城の月

中田喜直:鳩笛の唄

村松亜紀(ピアノ),2015年12月19日(土)ヤマハホール

-----

レハール:ヴォルガの歌

レハール:君はわが心のすべて~喜歌劇「微笑みの国」より

モーツァルト:なんと美しい絵姿~歌劇「魔笛」より

中島剛(ピアノ),2015年9月10日(木)Hakuju Hall

ウィーン国立歌劇場での鮮烈なデビュー以来、「天から授けられた」と称されるその声で世界の聴衆を魅了し続けるジョン・健・ヌッツォ。
2015年に開催された3つの公演から、選りすぐりの音源を配信限定でお届けします。
ピアニスト中島剛を迎えHakuju Hallにて「~芸術の秋~」と題して行われたリサイタルから3曲。また、ピアニスト近藤亜紀を迎え福島市音楽堂で行われたリサイタルから日本の歌を3曲、ヤマハホールで開催されたクリスマスコンサートから7曲。
極上の歌を心ゆくまでお聴きください。

FOCD20122.jpg


[ご注文はこちら]


山田耕筰:幽韻
 I. はなのいろは(作歌/小野小町)
 II. わすらるる(作歌/右近)
 III. あらざらむ(作歌/和泉式部)
 IV. たまのをよ(作歌/式子内親王)
 V. わがそでは(作歌/二條院讃岐)
信時 潔:小倉百人一首より
 月見れば(作歌/大江千里)
 久方の(作歌/紀 友則)
 花の色は(作歌/小野小町)
 淡路島(作歌/源 兼昌)
 長からむ(作歌/待賢門院堀河)
 逢ふことの(作歌/中納言朝忠)
 人はいさ(作歌/紀 貫之)
平井康三郎:和泉式部の歌(作歌/和泉式部)
 あらざらむ
 つれづれと
 もの思へば
 黒髪の
 人の身も
山田耕筰:風に寄せてうたへる春のうた(作詩/三木露風)
 I. 青き臥床をわれ飾る
 II. 君がため織る綾錦
 III. 光に顫ひ、日に舞へる
 IV. たゝへよ、しらべよ、歌ひつれよ
別宮貞雄:淡彩抄(作詩/大木惇夫)
 I. 泡
 II. 蛍
 III. 入墨子
 IV. 涼雨
 V. 別後
 VI. 燈
 VII. 天の川
 VIII. 青蜜柑
 IX. 鷺
 X. 春近き日に


上田敦子 ソプラノ 塚田佳男 ピアノ


録音:2019年10月16・17日、11月13・14日 清水スタジオ
FOCD20122 定価:2,700円+税


北海道を拠点に、長年にわたり日本歌曲の真髄を探求し続けるソプラノ・上田敦子。名匠・塚田佳男を伴奏に迎え、満を持してリリースするセカンドアルバムの登場です。
今作では「恋ふるうた」と題し、4人の作曲家が描く平安時代の歌人や近代を生きた詩人の"恋"の世界を、上田ならではのアプローチで歌いあげます。


「いつも思うのはその素晴らしい声です。・・・誰が聴いてもその若々しい艶のある声は特別のものだと思うでしょう。・・・高い響きと気持ちの良い音程感は変わらず、表現豊かに歌い上げられています。」
(三繩みどり ソプラノ)

FOCD9835.jpg


[ご注文はこちら]


シューマン:
 ロマンス 第1番 イ短調 Op.94-1
 ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 Op.105
 ロマンス 第2番 イ長調 Op.94-2
 ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ短調 Op.121
 ロマンス 第3番 イ短調 Op.94-3
 予言の鳥 Op.82-7(「森の情景」より アウアー編)


白井 圭 ヴァイオリン 伊藤 恵 ピアノ


録音:2019年12月25-27日 三芳町文化会館
FOCD9835 定価:2,800円+税


ソロ、室内楽、オーケストラと縦横無尽な活動を続ける白井 圭。その存在はヴァイオリニストの域を越え、<音楽のオールラウンダー>と称されるべきものです。
ウィーンを拠点にする白井ですが、2020年4月よりNHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターに就任、日本での活動の幅をさらに拡げることとなりました。
時至ってのソロ・レコーディング、白井が選んだのはシューマン後期の傑作群です。ヴァイオリンの低音域を開拓し、協奏的な内容の両ソナタを高名な「ロマンス」で彩り、"鳥の予言"により未来を紡ぐ---スペシャリスト伊藤 恵との共演は、シューマンの奥義と《天性の音楽家》白井 圭の魅力を余すことなく伝えます。

FOCD9834.jpg


[ご注文はこちら]


ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 Op.27-1 《幻想曲風ソナタ》
ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 Op.27-2 《幻想曲風ソナタ》(月光)
6つの変奏曲 ヘ長調 Op.34


伊藤 恵 ピアノ


録音:2019年8月27-29日 北上市文化交流センター さくらホール
FOCD9834 定価:2,800円+税 SACD HYBRID[Stereo/5ch]


偉大な楽聖の影響下にありながら、ロマン派ピアノ音楽への道を拓いたシューベルト、そしてシューマン。彼らの主要作品録音を経て臨む、伊藤 恵<ベートーヴェン ピアノ作品集>第2弾。
後期三大ソナタへ踏み入れる《第30番》、《幻想曲風ソナタ》として現在の耳にも新鮮な書法を駆使した作品27の連作、佳作ヴァリエーションの4曲を収録。
3曲のソナタは、共通する構造と密接な調性で結ばれています。そして、ベートーヴェン自ら「全く新しい手法」による作品とした《6つの変奏曲》は、《第30番》終楽章変奏の先駆けと称すべき作品です。
前作に続き、本盤でも伊藤が選んだ楽器はファツィオリです。豊潤な低音を基に、大理石のような質感の響きが空間に拡がります。
すべての瞬間に細やかなニュアンスを聴かせる伊藤の演奏は、ベートーヴェンの音楽に新たな光を見出します。
2020年はベートーヴェン生誕250周年のメモリアルイヤーです。人類史上に燦然とその名を刻む偉大な作曲家へ思いを馳せるにふさわしい1枚となりました。ぜひお聴きください。


FOCD20124.jpg


[ご注文はこちら]


ルードヴィッヒ・アルベルト:フィール・ザ・サンライト
アンナ・イグナトヴィチ:トッカータ マリンバのための
トマーシュ・ゴリンスキ―:シェード アルトサクソフォンとマリンバのための *
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 ト短調 BWV1001
安倍圭子:プリズム・ラプソディー マリンバと管弦楽のための[ピアノ伴奏版]**


高口かれん マリンバ
植川 縁 アルトサクソフォン* 堀家徳子 ピアノ**


録音:2018年6月8日、2019年5月11-12日 TAGO STUDIO TAKASAKI
FOCD20124 定価:2,700円+税


名門ベルギー王立アントワープ音楽院を首席で卒業し、国際的な活躍を続けるマリンバ奏者 高口かれん。待望の初ソロ・アルバムの登場です。
持前の技術に裏付けられた安定感に加え、各曲の個性をつぶさに描き出す演奏は唯一無二。収録曲もマリンバのオリジナル曲を中心に、バッハの名曲を加えるなど、この楽器のもつ多彩な魅力に気づかせてくれます。
アルバムタイトルにもなった色彩感あふれるフィール・ザ・サンライトから始まり、高口のために書き下ろされたトマーシュ・ゴリンスキー作曲のシェード、そして安倍圭子作の名曲プリズム・ラプソディーが続き、高口の魅力を多方面から感じられる一枚になっています。