FOCD9828-9.jpg


[ご注文はこちら]


マーラー:交響曲 第9番 ニ長調


尾高忠明 指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団


2019年4月12・13日 フェスティバルホール ライヴ録音
FOCD9828/9[2CD] 定価:3,500円+税


2018年4月より大阪フィル第三代音楽監督となった尾高忠明。就任披露公演で演奏された《ブルックナー 交響曲 第8番》ライヴCDは「尾高の緻密なアプローチと大阪フィル伝統の力の結晶」と絶賛されました。さらに、同年の〈ベートーヴェン交響曲全曲演奏会〉は、「作品の真の価値は、演奏スタイルをも超えて明らかにされる」と称され、大阪文化賞、関西音楽クリティック・クラブ賞を受賞。
大きな飛躍を遂げた両者による2019年の新シーズン開幕曲、それはマーラー畢生の大作《交響曲 第9番》でした。最後の小節に"ersterbend"(死に絶えるように)と記され、作曲家自身は聴くことが叶わなかったこの作品。尾高/大阪フィルは「告別」にとどまらず、個の苦難を超越した新たな世界を啓きます。

FOCD9827.jpg


[ご注文はこちら]


マッテオ・カルカッシ:25のエチュード 作品60


益田正洋 ギター


録音:2019年7月1-2日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD9827 定価:2,400円+税


現代最高のギター演奏家が、一人の優れた作曲家の真価を世に問う情趣溢れる1枚!
-益田正洋本人によるワンポイントアドバイス付-


映画「マチネの終わりに」が大きな話題となり、俄然注目を集めるクラシックギター。デビューから一貫してギター界のトップを走り続ける"現代最高の古典ギター演奏家"益田正洋の新作の登場です。
前作「Bach on Guitar 2」(FOCD9797)はレコード芸術誌で特選盤となったほか、読売新聞「サウンズBOX」をはじめ各メディアに紹介され、高い評価を受けました。本作で益田がとりあげるのは、ギターの歴史に大きな一歩を残したマッテオ・カルカッシ(1792-1853)のエチュード集です。
クラシックギター学習者にとってカルカッシは、ピアノでいうところのバイエル、ツェルニーのような教本の作者として非常になじみ深い名前です。本作で演奏される「25のエチュード」もギターの技術の習得のために演奏される機会が非常に多い曲集ですが、益田の手にかかると、シンプルながらも高い音楽性と情趣を持った極上のコンサート・ピースへと変わります。
益田本人による各曲のワンポイント・アドバイス付。ギター学習者のみならず、クラシックギターの深淵な世界に足を踏み入れるための入門編として必聴の1枚です。

EFCD4241.jpg


[ご注文はこちら]


BARRE:
Bella Notte 楽しい時間 愛を奏でて(海の上のピアニスト)
夜のボート(エリザベート) トロイの娘たちの踊り(ファウスト)
無伴奏チェロ組曲第3番よりブーレ 黒いオルフェ ワルツ・フォー・デビー
Etude I SIAMSA〈アイリッシュダンス〉 Fit As A Fiddle(雨に唄えば)
ああ、そは彼の人か(椿姫) ジェラシー VALSE LENTE(シルヴィア)
With a little bit of luck(マイ・フェア・レディ) アヴェ・マリア
グロテスクなワルツ(ペトルーシュカ) 黒い瞳 The Rose


MILIEU:
All I Ask Of You(オペラ座の怪人) ガボット(ロミオとジュリエット)
I do I do I do(マンマミア!) マズルカop.67-3(レ・シルフィード)
舟歌(オネーギン) ファウストより
Lovely London sky(メリーポピンズリターンズ)& Feed the birds(メリーポピンズ)
パキータより Liza(フーケアーズ)(パリのアメリカ人)
SIAMSA〈アイリッシュダンス〉 スウィングしなけりゃ意味がない
パダン・パダン 男性ヴァリエーション(ヴィヴァンディエール)
ワルツ(仮面舞踏会) ホールニューワールド(アラジン)
自信をもって(サウンド・オブ・ミュージック) コーダ(海賊)
時の踊り ペザントのヴァリエーション(ジゼル)
インプロヴィゼーション 天使の糧


稲葉智子 ピアノ


録音:2019年6月11-12日 かながわアートホール
EFCD4241 定価:4,500円+税


新国立劇場バレエ団、新国立劇場バレエ研修所、スターダンサーズバレエ団等でレッスンピアニストとして活躍中の稲葉智子による、バレエ・レッスン用アルバム待望の6作目の登場です。
前作より新たに始動したシリーズの第2弾となる今作は、ちょっぴり大人なスパイスを加え、短調、クールに、シックに、激しめに、稲葉の選曲が光るクラシック、ポップス、ミュージカルナンバー、映画音楽など全40曲(55トラック)盛りだくさんの内容です。ポワントレッスン用も3曲収録。バーレッスンは右・左 別トラックに収録しています。
響きの良いコンサートホールにてスタインウェイD-274を使用したレコーディング。よりみずみずしい美音と躍動感のある響きを収録するため、24bit/96kHz高音質収録しています。

EFCD25395-6.jpgEFCD25397-8.jpg


今年も全国コンクールの熱演がCD に!
小学校/中学校の部、すべての学校の課題曲と自由曲の演奏が収録されます。


発行:NHK サービスセンター


小学校の部 EFCD25395/6 [2CD] 定価:3,000円+税 [収録内容・ご注文はこちら]
中学校の部 EFCD25397/8 [2CD] 定価:3,000円+税 [収録内容・ご注文はこちら]


※台風19号の影響により、コンクール高等学校の部の日程が変更となりました。
 それに伴い、CDの発売も高等学校の部のみ別となります。
 発売日が決まり次第、ご案内いたします。

FOCD20120.jpg


[ご注文はこちら]


マヌエル・サウメル:
 テデスコ/ルイジアナ/ホセフィーナ/魂の嘆き/
 不平がましい女/恋の痛み/ぺパの瞳
イグナシオ・セルバンテス:
 友情/決意/行ってしまって、もう帰らない/失われた幻想
エルネスト・レクオーナ:
 ハバネラ/アパシオナード/アモローサ/中国人がやって来る
ルイ・モロー・ゴッチョーク:
 バナナの木/アンダルシーアの想い出/ダンサ/
 私といっしょに/ソリチュード/風刺


神代麻子 ピアノ


録音:2019年6月4-6日 富士見市民文化会館キラリふじみ
FOCD20120 定価:2,700円+税


神代麻子はマドリード音楽院に学び、首席で卒業。帰国後は度々キューバに渡り、フランク・フェルナンデス氏に師事、キューバ独自の音楽を学びました。
今作はライフワークともいえる、カリブ海において様々な人種の混交によって生まれたクレオール音楽の中から、特に18世紀ハイチに始まり、キューバからニューオーリンズに渡った移民達がもたらした影響を背景に生まれた音楽に焦点を当てました。どの曲もなかなか録音される事のない希少なものです。
まさに多様な文化の坩堝ともいえる音楽を、神代の磨き抜かれた演奏でお聴きください。

FOCD20121.jpg


[ご注文はこちら]


バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ
ラモー:鳥のさえずり/やさしい訴え/一つ目巨人
プーランク:エディット・ピアフを讃えて
ショパン:別れの曲/ワルツ ロ短調 op.69-2
リスト:愛の夢
シューベルト=リスト:セレナーデ
ピアソラ:オブビリオン/リベルタンゴ
モーツァルト=ファジル・サイ:トルコ行進曲
グリーグ:君を愛す


菅佐知子 ピアノ


録音:2019年9月12・13日 かながわアートホール
FOCD20121 定価:2,800円+税


ドイツ・リューベック音楽大学卒業、その後ロストック音楽大学院を最高点で修了。ニューヨークから現在は日本へと拠点を移し、精力的に活動を続けるピアニスト・菅佐知子(すがさちこ)。
自身3枚目にあたる3年ぶりの最新作は、「愛」をテーマにした1枚です。菅の想いがたっぷりと詰まった美しい調べをお楽しみください。

FOCD9824.jpg
[ご注文はこちら]


ヴァイオリン部門最高位(第2位) シャノン・リー


バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番 Sz112
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 K218


仙台フィルハーモニー管弦楽団 指揮 高関 健


録音:2019年6月22・29日 日立システムズホール仙台 ライヴ録音
FOCD9824 定価:2,400円+税


FOCD9825.jpg
[ご注文はこちら]


ピアノ部門優勝 チェ・ヒョンロク


モーツァルト:ピアノ協奏曲 ト長調 K453
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23


仙台フィルハーモニー管弦楽団 指揮 広上淳一


録音:2019年6月7・9日 日立システムズホール仙台 ライヴ録音
FOCD9825 定価:2,400円+税


仙台市が2001年に創設した仙台国際音楽コンクールは、コンチェルトを課題曲の中心に据えるという特色を持っており、セミファイナルとファイナルでは仙台フィルと共演します。
2019年5-6月におこなわれた第7回仙台国際音楽コンクール。ヴァイオリン部門ではシャノン・リー(アメリカ/カナダ)が最高位(第2位)に入賞、ピアノ部門ではチェ・ヒョンロク(韓国)が優勝しました。
日本が世界に発信する若き才能の登場です。

[2019.11.6] Bagatellen/北村朋幹 ピアノ

FOCD9823.jpg


[ご注文はこちら]


バルトーク:14のバガテル Op.6 Sz38 BB50
ベートーヴェン:6つのバガテル Op.126
ブラームス:8つのピアノ小品 Op.76


北村朋幹 ピアノ


録音:2019年5月29-31日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9823 定価:2,800円+税


<Bagatelle ― ささいなもの、取るに足らないもの>
詩的想念に満ちた演奏、斬新なプログラムで光芒を提起し「哲学的叡智を具えた芸術家」と称されるピアニスト北村朋幹。ブラームス、リスト、ベルクから欧州の興亡を読み解き絶賛を集めた「黄昏に」から、3年振りとなるCD第4弾の登場です。
北村は現在ベルリンに在住。ヨーロッパ・日本を中心に活動を続けていますが、さらにフランクフルト音楽・舞台芸術大学に於いてJesper Christensen氏のもと、歴史的奏法の研究に取り組んでいます。
新CDのタイトルはBagatellen。同名のバルトーク初期作品、ベートーヴェンの晩年作品、そして後期小品の先駆けであるブラームスを収録。
北村は以下のように記しています。


五線上の音符は、ふと現れた音楽の感触を表す最上の、しかし1つの結果でしかないのかもしれない。
まだ音符にすらなっていない、音楽の最初の姿を聴いたのは、作曲家だけだ。
形式という厳しい整理にとらわれず自由に書かれた小品のもつ隙間、その連なりから、作曲家が聴いた音楽のはじまりを、想像する事はできないだろうか。


音楽への不変の情熱と根源的な問い ― 北村は演奏という瞬間を創造します。

FOCD9818.jpg


[ご注文はこちら]


モーツァルト:きらきら星変奏曲
       「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 ハ長調 KV265※
モーツァルト:小さなジーグ ト長調 KV574
D.スカルラッティ:ソナタ ヘ短調 K.481 L.187
バード:サー・ウィリアム・ピーターのパヴァーヌとガイヤルド より ガイヤルド
C.P.E.バッハ:「識者と愛好家のためのクラヴィーア曲集」第5巻 より
        第5曲 幻想曲 ヘ長調 Wq.59-5 H.279
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 「幻想風」 Op.27-2(月光)
ケージ:夢
クープラン:クラヴサン曲集 第2巻 第6組曲 より 神秘的なバリケード 変ロ長調
セヴラック:休暇の日々から 第1集 より 第4曲 ミミは侯爵夫人の扮装をする
モーツァルト:ソナタ 第11番 イ長調 KV331「トルコ行進曲付き」より III. Alla Turca※※


平井千絵 フォルテピアノ


録音:2013年6月3-5日 杜のホールはしもと※
   2019年4月26-27日 神奈川県立相模湖交流センター
   2011年10月19-21日 杜のホールはしもと※※


FOCD9818 定価:2,800円+税


フォルテピアノ奏者 平井千絵のソロアルバム第5弾は、様々な時代、様式を網羅した愛奏曲集です。
フォルテピアノという楽器は、時代考証を踏まえると、否応なくレパートリーが限定されます。もちろん平井もオーセンティックな活動を主軸にしながらも、そこに留まらず、楽器の新たな魅力の発見に積極的です。
今作では時代的にぴったりとあったモーツァルトから、セヴラック、ケージなど現代ピアノの領域までを収録し、まさに平井にしか生み出せない世界を紡ぎ出しています。
独特な音色と、自由な感性が生み出す新鮮なアルバムになりました。是非お楽しみください。

FOCD9811.jpg


[ご注文はこちら]


メンデルスゾーン:吹奏楽のための序曲 ハ長調 作品24
ヒンデミット:吹奏楽のための交響曲 変ロ調
デメイ:交響曲第4番「歌のシンフォニー」※
    ~独唱、児童合唱とウインド・オーケストラのための~


飯森範親 指揮
佐藤 瞳 ソプラノ※
大阪すみよし少年少女合唱団※
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ


2018年11月25日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音
FOCD9811 定価:2,600円+税


2018年11月25日、大阪のザ・シンフォニーホールで行われた、オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ第122回定期演奏会のライヴ録音です。
ドイツに関係する3作品が採り上げられた本プログラム。ドイツ・ロマン派と近現代の作品に加え、ドイツの3詩人が書いた詩を題材にしたヨハン・デメイの新作シンフォニー日本初演が行われました。
ドイツ古典音楽を得意とする飯森範親の指揮により、当時の楽器編成にこだわり忠実な響きを再現したメンデルスゾーン、1992年に飯森×大阪市音楽団で名演を生んで以来の再演となったヒンデミットはより力強く深く、そしてソプラノ佐藤瞳の透明感あふれる歌声、全曲を暗譜で臨んだ大阪すみよし少年少女合唱団の渾身の児童合唱を加えたデメイのシンフォニーは、会場の聴衆を釘付けにしました。