特集: お知らせアーカイブ

お知らせの最近のブログ記事

レコード芸術2015年12月号で3タイトル特選盤の快挙です!

FOCD9686.jpg
「藤井一興/ドビュッシー&ラヴェル」

クロード・ドビュッシー(1862-1918):映像 第2集/前奏曲集 第1巻
モーリス・ラヴェル(1875-1937):水の戯れ

藤井一興(ピアノ)

収録:2015年3月31日−4月2日 相模湖交流センター
FOCD9686 定価¥2,800+税

詳細はこちら

----------
FOCD9691.jpg
「平井千絵/Mozart Speaks Vol.4」

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91):幻想曲 ヘ短調(断片)

ヤン・ラディスラフ・ドゥセク(1760-1812):フランス王妃の受難 Op.23

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91):ソナタ 第7番 ハ長調 KV309/ソナタ 第2番 ヘ長調 KV280/ソナタ 第13番 変ロ長調 KV333

平井千絵(フォルテピアノ)

収録:2015年4月21-23日 所沢市民文化センターミューズ キューブホール
FOCD9691 定価¥2,700+税

詳細はこちら

----------
FOCD9690.jpg
「益田正洋/セゴビア編による ソルの20の練習曲」

フェルナンド・ソル(1778-1839):20の練習曲(アンドレス・セゴビア編)/モーツァルト「魔笛」の主題による変奏曲 Op.9

益田正洋(ギター)

収録:2015年5月11-13日 秩父ミューズパーク音楽堂
FOCD9690 定価¥2,400+税

詳細はこちら

皆さまどうぞチェックしてください!
いつも格別のご厚誼を賜り、誠に有難うございます。
11月4日(水)発売とご案内しておりました「鈴木輝昭 男声合唱作品集」(FOCD20106)ですが、弊社制作上の都合により、11月25日(水)に発売日を変更させていただきます。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんが、ご了承賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

「鈴木輝昭 男声合唱作品集」詳細はこちら

10月7日発売「平井千絵/Mozart Speaks Vol.4」PVをアップしました!


フォルテピアノという楽器の成り立ちや仕組みなど、興味深いお話を聞くことができます!
どうぞチェックしてみてください。

CDの詳細・ご予約はこちらから!

筝曲の沢井一恵氏が第45回東燃ゼネラル音楽賞を受賞し、その贈賞式が9月30日(水)、ホテルオークラ東京で行われました。

2.jpg

沢井一恵氏の贈賞理由は以下になります。

迫真的に奏される十七絃のその"響き"は時に内省的な凝縮された「間」を生み、時に激情がほとばしり溢れ出る、邦楽において稀有の表現力で聴衆をひき込む。
沢井一恵氏は八歳より宮城道雄(1894~1956)に師事。夫忠夫氏(1937~1997)と共に沢井箏曲院を設立し、多くの俊英を育成するとともに、自らは1979年第1回十七絃リサイタルを開催以来、特に十七絃にエネルギーを注いできた。
さまざまなジャンルの音楽家と交流しながら、現代の音楽創造に積極的に関わり、作曲家達への作品委嘱、実験的作品への挑戦、オーケストラとの協演など、意欲的なスタイルを貫き、国内外で多彩な活動を展開、宮城道雄考案の低音補助的であった十七絃の表現領域を拡大して独奏楽器として位置づけるなど、高い評価を得ている。
(音楽賞邦楽部門選考委員会)

1.jpg

11月16日(月)に紀尾井ホールにて受賞記念公演が開催されます。
これからも沢井一恵氏の活動から目が離せません!

最新アルバム「沢井一恵 箏 リサイタル」詳細・ご注文はこちら
10月7日発売「益田正洋/セゴビア編による ソルの20の練習曲」PVをアップしました!



今回のアルバムのコンセプトなど、日本を代表する実力派ギタリスト益田正洋のお話を聞くことができます! 
CDの詳細・ご予約はこちら
10月7日発売「藤井一興/ドビュッシー&ラヴェル」PVをアップしました!


どうぞ皆さまチェックしてみてください!
新譜詳細ページはこちら

8月25日(火)19時30分~NHK FM「ベストオブクラシック」ウェールズ弦楽四重奏団が出演します!

「ディヴェルティメント ヘ長調 K.138」モーツァルト作曲
「弦重奏曲 ヘ長調 作品135」 ベートーベン作曲
「六つのバガテル 作品9」 ウェーベルン作曲
「弦楽四重奏曲 ハ長調"不協和音"K.465」 モーツァルト作曲
「弦楽四重奏曲 変ロ長調 作品1 第1"狩り"から 第3楽章」ハイドン作曲
(2015年7月12日 群馬県・明和町ふるさと産業文化館で収録)


どうぞみなさまチェックしてみてください!


FOCD9682.jpg

ウェールズ弦楽四重奏団ファーストアルバム
詳細はこちら

8月19日(水)、タワーレコード渋谷店にて、ウェールズ弦楽四重奏団のミニライブ&サイン会が開催されました!

20150819_01.JPGのサムネール画像
まずはなかなか聞けないメンバーのトークから。


20150819_02.JPGのサムネール画像
アルバム収録曲のモーツァルト「不協和音」から第1&第4楽章。
圧巻の演奏です!


20150819_03.JPGのサムネール画像
アンコールの後にサイン会を開催!
濃密で幸せな時間もあっという間に終わりました。


20150819_04.JPGのサムネール画像
これからもウェールズ弦楽四重奏団の活動から目が離せません!


ウェールズ弦楽四重奏団ファーストアルバムのご注文はこちら
8月5日発売「オペラシアターこんにゃく座 ソング集vol.2 世界は劇場」のPVが完成しました!
貴重なレコーディング映像が見られます。


皆様どうぞチェックしてみてください!
こんにゃく座のCDカタログはこちら
レコード芸術」2015年8月号にて、2タイトルが特選盤に選ばれました!


FOCD6048.jpg
「尾高忠明 札幌交響楽団/シベリウス 交響曲 第4番・第5番」

シベリウス:
交響曲 第4番 イ短調 op.63
交響曲 第5番 変ホ長調 op.82

尾高忠明 指揮
札幌交響楽団

収録:2014年2月28日、3月1日、2015年2月13・14日 札幌コンサートホールKitara ライヴ
FOCD6048 定価¥2,408+税
SACDハイブリッド盤(Stereo+5ch)

作曲者生誕150年での完結を目指し、2013年春から始まった札幌交響楽団<シベリウス交響曲シリーズ>。並行しての好評ライヴCD第3弾です。
喉の腫瘍手術後に作曲され、作品全体が暗い色調に覆われ、晦渋ではあるものの最高傑作の呼び声も高い<第4番>。そして、交響曲に独自の形式を生み出すことに成功した輝かしい<第5番>。
北欧音楽のスペシャリスト尾高/札響は、対照的な性格の2作品の演奏を通し、シベリウスの精神の変遷と正統的な響きを伝えます。


----------

FOCD9672.jpgのサムネール画像
「猪居亜美/Black Star ブラック・スター」

サグレラス:はちすずめ
ドメニコーニ:コユンババ
シューベルト:涙の讃美 D711(メルツ 編)
レニャーニ:36のカプリスOp.20より 第7番
トゥリーナ:セヴィリアーナ Op.29(セゴヴィア改訂)
ロドリーゴ:ヘネラリーフェのほとり(ベーレント 校訂・編)
H.ヴィラ=ロボス:12のエチュードより 第7番
N.パガニーニ:24のカプリースOp.1より 第24番(福田進一 編)
A.ヒナステラ:ソナタ Op.47

猪居亜美 ギター

収録:2014年12月17-19日 相模湖交流センター
FOCD9672 定価¥2,700+税

ダイオプサイト(diopside, 透輝石)のひとつであるBlack Starは、黒色の表面に光を当てることで十字の星が浮かび上がるその神々しい姿から、古来より邪気を払い、進むべき道を指し示すパワー・ストーンとして珍重されています。
2015年、まさにその化身ともいうべき新たな才能がデビューします!

猪居が本作のコンセプトとして挙げるのは"黒"。ひときわ異彩を放つドメニコーニ作「コユンババ」をはじめ、その驚異的なテクニックと、特定の枠に収まらないその音楽性により、本作で様々なシチュエーションにおける"黒"を提示します。
「普段クラシックギターを知らない、聴いたことがない人にも本作を届けたい」と彼女は話します。音楽シーンの未来を照らす、漆黒の闇に燦然と輝く新たな星の誕生です。


どうぞチェックしてみてください!


ジャンル