New![2018.1.17]木下保の藝術 ~髙田三郎、信時潔合唱作品集~

FOCD9765.jpg

[ご注文はこちら]

髙田三郎:心の四季(吉野 弘 作詩)
川口耕平 ピアノ伴奏 日本女子大学合唱団
1975年10月25日 厚生年金会館大ホール 第20回定期演奏会より

信時 潔 (木下 保 編曲);沙羅(清水重道 作詩)
安藤寿康 ピアノ伴奏 慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団
1979年12月9日 厚生年金会館大ホール 第104回定期演奏会より

信時 潔:
いろはうた(越天楽の旋律に拠りて)
痩人を嗤ふ歌二首(大伴宿禰家持)
子等を思ふ歌(山上憶良)
やまとには(國見の歌) (舒明天皇御製)

木下歌子 ピアノ伴奏
慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、日本女子大学合唱団、
聖心女子大学グリークラブ 3大学合同演奏

1979年9月8日 東京文化会館大ホール 木下保先生喜寿記念祝賀演奏会

FOCD9765

定価¥2,500+税

日本における西洋音楽の先駆者にして不世出の音楽家、木下保(1903-82)。

幾多の日本初演を行った声楽家、数々の優秀な後進を育てた教育者など、さまざまな側面を持つ木下ですが、本作では合唱指揮者としての側面にスポットを当てました。

木下が生涯をかけ愛情を注ぎ、深い関係を構築し続けた慶應ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、日本女子大学合唱団、聖心女子大学グリークラブによる「日本のうた」。

木下の「言葉」や「音楽」への想いが昇華した、日本の合唱文化を語る上で欠かせない貴重な音源をリリースします。