New![2017.9.6]ジャパン・コンサート1959/アンドレス・セゴビア

FOCD9758.jpg

[ご注文はこちら]

J.S.バッハ:ガボットⅠ、Ⅱ

ジャン=フィリップ・ラモー:2つのメヌエット

フェルナンド・ソル:アレグロ─グランソロ Op.14 より

エイトル・ヴィラ=ロボス:前奏曲3番

エンリケ・グラナドス:スペイン舞曲10番

ジャン=デルフィン・アラール:華麗なエチュード(F.ターレガ編)

イサーク・アルベニス:朱色の塔

ゴメス・クレスポ:ノルテーニャ『アギーレ讃歌』

エイトル・ヴィラ=ロボス:エチュード1番

アンドレス・セゴビア(1893-1987)ギター

1959年5月19日 九段会館 ライヴ録音(モノラル)

FOCD9758

定価¥2,300+税

音楽史に燦然と輝く"ギターの巨人"アンドレス・セゴビア(1893-1987)。没後30年を経てなお、その存在は全てのギターを愛する者の指標として、大いなる光を放ち続けています。
本作は1959年、演奏家生活50 周年にして円熟の境地に達したセゴビアの2度目の来日時に行われたコンサートの模様を収録。58年前とは思えない明瞭な録音で、巨匠の妙技を心ゆくまで堪能できます。
ライヴならではのセゴビア本人の肉声も収録。人類の貴重な記録です。