New![2017.9.6]A Touch of Britain/橋本杏奈

B074XHSG1K.jpg

[ご注文はこちら]

ウィリアム・ハールストーン:4つの個性的作品

ジョーゼフ・ホロヴィッツ:ソナチネ、2つのマジョルカの作品

ハーバート・ハウェルズ:ソナタ

チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード:3つの間奏曲

ウィリアム・オルウィン:ソナタ

橋本杏奈(クラリネット)

寺嶋陸也(ピアノ)

録音:2016年7月11-13日 五反田文化センター

FOCD9756

定価¥2,800+税

コルトレイク国際コンクール1位、カルリーノ国際コンクール最高位、アテア五重奏団のメンバーとしてニールセン国際室内楽コンクールでの最優秀現代音楽賞などの賞歴を重ね、イギリス楽壇の重鎮ジョーゼフ・ホロヴィッツをして「クラリネット界の若く輝かしいスターの一人」と言わしめた橋本杏奈。若干15歳でのロンドンデビュー後、ソリストとして世界各地へ活躍の場を拡げつつ、オーケストラ奏者としてバースフィルとOSJ響の首席奏者、BBC響、フィルハーモニア管、ロンドン響、ロイヤルリヴァプール管、ロイヤルオペラなどで客員首席として活動しています。既に2枚のソロアルバムをリリースするなど、着実に高みへと歩み続ける不世出のクラリネット奏者のフォンテック第1弾となる今作は、日本人の血を受け継ぎながらも"生粋のロンドンっ子"として育った自らのルーツを見つめた英国の作品集です。  
前述のホロヴィッツの作品をはじめ、彼女にしか成し得ない伸びやかでダイナミックな演奏はまさに圧巻。橋本が共演を熱望したもうひとつのルーツ「日本」を代表する名手のひとり、寺嶋陸也の妙技も聴きどころのひとつです。橋本のアプローチによるところも大きいですが、近現代作品集にありがちな難解さはなく、多くの音楽ファンに楽しんでいただけるアルバムになりました。
本人による曲目解説付き!