New![2017.6.7]J.S.バッハ 管弦楽組曲 ―4つの序曲 BWV1066-1069/マックス・ポンマー 札幌交響楽団

FOCD9751.jpg

[ご注文はこちら]

J.S.バッハ:管弦楽組曲―4つの序曲
第3番 ニ長調 BWV1068
第1番 ハ長調 BWV1066
第2番 ロ短調 BWV1067※
第4番 ニ長調 BWV1069

マックス・ポンマー(指揮)
札幌交響楽団
※高橋聖純(フルート)
辰巳美納子(チェンバロ)

収録:2017年1月27・28日 札幌コンサートホールKitara ライヴ録音
FOCD9751
定価¥2,800+税

ライプツィヒに生を受け、バッハ演奏の伝統を担い、ゲヴァントハウス管の有志で結成したライプツィヒ新バッハ合奏団と数多くの演奏・録音をおこなった名匠マックス・ポンマー。彼はこう語ります。「歴史的な楽器と<本来の響き>だけで、正しい解釈が見えたと考えるのは危険である。」
古楽のイディオム、そして経過したバッハ以降の音楽―、多面的な方法・解釈を通して、ポンマー/札響は〈今日のバッハ〉を実現します。

ポンマー=札響のCDご注文はこちら