New![2017.3.8]沈黙の起源 中川俊郎 管弦楽作品選集

FOCD2582.jpg

[ご注文はこちら]

中川俊郎:

1 合奏協奏曲 第2番
2 もの思う葦たち
3 ピアノ協奏曲
4 合奏協奏曲 第3番
5 影法師―シューベルトの同名の歌曲その他による

1,2,4,5 飯森範親(指揮) 東京都交響楽団 2009年10月14日 サントリーホール ライヴ録音
3 中川俊郎(ピアノ)小鍛冶邦隆(指揮)東京交響楽団 2016年9月7日 東京オペラシティ コンサートホール ライヴ録音

FOCD2582
定価¥2,427+税
助成:野村財団

2017年を迎え、更に歩みを進めるシリーズ「現代日本の作曲家」。第52集は時代と常に寄り添いながら、その先頭を走り続ける音楽家・中川俊郎をとりあげます。

中川俊郎(なかがわ・としお)は1958年東京生まれ。「Music Today '82」の一環として開催された10周年記念国際コンクールにおいて自作自演で第1位を受賞し、ジョン・ケージに高い評価を受けました。以降作曲家として、演奏家として、作曲・演奏家グループ「アール・レスピラン」の一員として、楽壇の枠を超えCM音楽の分野などにおいて、多方面に活躍を続けています。

本作は中川の管弦楽作品を収録。現代作品としては稀有なスケール感で、中川俊郎という音楽家の一端を体感できる1枚です。

2017年を迎え、更に歩みを進めるシリーズ「現代日本の作曲家」。第52集は時代と常に寄り添いながら、その先頭を走り続ける音楽家・中川俊郎をとりあげます。

中川俊郎(なかがわ・としお)は1958年東京生まれ。「Music Today '82」の一環として開催された10周年記念国際コンクールにおいて自作自演で第1位を受賞し、ジョン・ケージに高い評価を受けました。以降作曲家として、演奏家として、作曲・演奏家グループ「アール・レスピラン」の一員として、楽壇の枠を超えCM音楽の分野などにおいて、多方面に活躍を続けています。

本作は中川の管弦楽作品を収録。現代作品としては稀有なスケール感で、中川俊郎という音楽家の一端を体感できる1枚です。