New![2016.12.7]キム・ヒョンジュン/第6 回仙台国際音楽コンクール ピアノ部門優勝

FOCD9733.jpg

[ご注文はこちら]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 へ長調 K459
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1 番 ニ短調 op.15

キム・ヒョンジュン ピアノ
仙台フィルハーモニー管弦楽団
パスカル・ヴェロ 指揮

2016年6月24・25日 日立システムズホール仙台
第6回仙台国際音楽コンクール ピアノ部門ファイナル ライヴ録音

FOCD9733
定価¥2,400+税

仙台市が2001 年に創設した仙台国際音楽コンクールは、コンチェルトを課題曲の中心に据えるという特色を持っており、セミファイナルとファイナルでは仙台フィルと共演します。
2016 年6 月におこなわれた第6 回仙台国際音楽コンクール ピアノ部門では、キム・ヒョンジュン(韓国)が優勝しました。
日本が世界に発信する若き才能の登場です。

キム・ヒョンジュン
第6 回仙台国際音楽コンクール優勝。2010 年パデレフスキ国際ピアノコンクール2 位及び審査員特別賞、最年少出場者となった2010 年KBS 音楽コンクールでグランプリ受賞、2008 年ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 優勝、2008 年台北ショパン国際ピアノコンクール2位など数々のコンクールで高い評価を受けている。
2011 年ソウル国際音楽コンクール、2010 年ロードス国際ピアノコンクール、浜松国際ピアノコンクールにおい
ても入賞している。
10 歳でソウルシンフォニーと共演し、ソリストデビュー。その後も、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、パデレフスキー・ポメラニアンフィルハーモニー管弦楽団、ヤシ・モルドバ・フィルハーモニー管弦楽団、クラクフ・フィルハーモニー管弦楽団、高雄市交響楽団、KBS 交響楽団、城南市立交響楽団、プライム・フィルハーモニー管弦楽団、水原市立交響楽団等、多数のオーケストラと共演。
また、ヤマハアーティストサービスソウルによるライジングアーティストシリーズや、クムホ・アシアナ文化財団によるヤングアーティストコンサートリサイタルに出演。その他、台北ナショナルコンサートホール、アクトシティ浜松大ホール、日立システムズホール仙台、パデレフスキーフィルハーモニーホール、ソウルアートセンター、
石川県立音楽堂コンサートホールでも演奏している。
現在、ジョンズ・ホプキンス大学ピーボディ音楽院に在籍し、ムン・ヨンヒに師事している。