[2016.11.13]サクソフォンカルテット"JG"(Jemmy Genic)/genic 1

FOCD9728.jpg

[ご注文はこちら]

滝澤俊輔:Good Summer Pictures(壱「風鈴と小豚」 弐「虫取り少年」 参「夜空に花火」)
佐藤信人:硝子越しの庭
村松 崇継:EARTH(津田真人 編曲)
J.P.リヴィエール:Variations
水上浩介:いつかまた会う日まで

収録:2016年6月21-23日 東大和市民会館ハミングホール
協力:柳澤管楽器株式会社、株式会社全音楽譜出版社

FOCD9728
定価¥2,700+税

豊潤で独創的な音楽性と、それを支える卓越した技術を併せ持ち、ジャンルを超えた活動を続けるサックスカルテット"JG"(Jemmy Genic)。待望のファーストアルバムをリリースします!
2011年に『Jemmy Saxophone Quartet』として活動を開始。5年目を迎えた2016年に、自分たちの音楽的遺伝子を未来に残していく、という願いを込めて改称し舵を切った"JG"。新たな門出に自身の選曲によってリリースされる本作では、メンバーの特別な想いがこもっています。
才能豊かな日本人作曲家による佳曲と、サクソフォン四重奏の名曲として知られるリヴィエール"Variations"を収録。人気作曲家・村松崇継による"EARTH"はソプラノサクソフォン担当の津田真人による編曲です。
レコーディングでは世界に名だたるYANAGISAWA純銀製シルバーソニックを使用。その美しく表現力溢れる音色に魅了されます。

サックスカルテット"JG"(Jemmy Genic)
『JG(ジェイジー)』は、ソプラノ / 津田真人、アルト / 近藤瑛美、テナー / 小林正憲、バリトン / 笹尾淳一による サクソフォン四重奏 のグループ。
2011年より『Jemmy Saxophone Quartet』として活動を開始。2016年に結成5年目を迎え、このデビューアルバムをリリースする事を機に、グループ名を『JG』へ改名。『JG』とは『Jemmy Genic』の略で、我々より生まれる音楽的遺伝子を未来へ残していくという意味が込められている。
2016年6月日本発となる、サクソフォン全てを YANAGISAWA 純銀製シルバーソニックを使用したサクソフォンカルテットとしてレコーディングを行う。
結成時より関東を中心にライブやコンサートを多数開催し、幅広いジャンルやパフォーマンス、美しいサウンドで好評を博す。
第10回横浜国際音楽コンクール室内楽部門 第2位を受賞。