2016年4月アーカイブ

FOCD9713.jpg


ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」〈近衞秀麿 版〉

近衞秀麿(指揮)
近衞交響楽団

FOCD9713 定価¥1,800+税

近衞秀麿、渾身の「運命」

近年新たな情報も次々と公開され、注目の機運が高まっている近衞秀麿(1898-1973)。また新たな注目音源が発見されました。
本音源は筑摩書房から1962年に発刊された『世界音楽全集』に添付されたフォノシートのために録音されたもので、LPのような形では一切販売されませんでした。オリジナルのマスターテープは既に喪失したため、録音時期、場所を含む詳細データも見つかっていない、まさに幻の音源です。そのため今作では現存する数少ない未使用のフォノシートから慎重に採取し、あえてノイズリダクションはあまり施さず、原盤のエネルギーを損なわないよう細心の注意を払いました。
フォノシート5枚分、30分以内という制約のなか、一発撮りでの録音は大変な集中力が要求されますが、決して窮屈になる事なく軽快さすら感じられる演奏で、近衞の統率力がひしひしと感じられます。
近年の研究成果を踏まえた海外での活動年表付で、資料的価値も高い必聴の一枚です。

-check!- 本CDの監修、菅野冬樹氏の著作
konoe_book_cover.jpg

『戦火のマエストロ 近衛秀麿』
 著: 菅野 冬樹 NHK出版 2015年8月11日発売

ナチス政権下のドイツ、そしてヨーロッパ各地で、タクトを振り続けた日本人指揮者・近衛秀麿。実は、彼はその音楽活動の陰で、ひそかにユダヤ人の保護・救出を行っていた――。発掘された新資料をもとに、マエストロ・秀麿の「知られざる営為」をひも解くノンフィクション。BS1スペシャル『戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家~』の出版化。

 第1章 ベルリン・フィルを初めて指揮した日本人
→戦前・戦中のヨーロッパ音楽界でキャリアを築くことができた理由
 第2章 ナチス政権下の音楽家たち
→ユダヤ人音楽家と秀麿の邂逅、及び亡命支援の実態
 第3章 亡命トライアングル
→協力者とともに、ユダヤ人の私財を亡命先へと移送した手段/背景
 第4章 「近衛オーケストラ」の秘密
→「私設」オーケストラを利用しての、ユダヤ人音楽家への亡命支援
 第5章 最後の謎――米軍中尉ネルソンとの対話
→太平洋戦争早期終結を目指し、米軍に投降して起こした行動
FOCD9708.jpg


清く美しい天使よ 歌劇『アルバ公爵』より(ドニゼッティ―サルヴィ)
空と海 歌劇『ラ・ジョコンダ』より(ポンキエッリ)
私の歓びを分け与えたい 歌劇『十字軍のロンバルディア人』より(ヴェルディ) 
あの女にせよこの女にせよ 歌劇『リゴレット』より(ヴェルディ)
愛の化身がすっかり姿をあらわして 歌劇『マルタ』より(フロトー)
女心の歌 歌劇『リゴレット』より(ヴェルディ)
ひそやかな調和 歌劇『トスカ』より(プッチーニ)
星は光りぬ 歌劇『トスカ』より(プッチーニ)
彼女がさらわれた~目に浮かぶようだ、涙が 歌劇『リゴレット』より(ヴェルディ)
フェデリーコの嘆き 歌劇『アルルの女』より(チレア)
わが先祖の墓よ~まもなく私に隠れ処が 歌劇『ルチア』より(ドニゼッティ)

ジョン・健・ヌッツォ(テノール)
園田隆一郎(ピアノ)

収録:2015年9月29・30日 所沢市民文化センターミューズ マーキーホール
FOCD9708 定価¥2,500+税

「天から授けられた」とも称される、その輝かしく情熱的な声で聴く者すべてを魅了するジョン・健・ヌッツォ。包み込むような大きな愛にあふれたイタリアン・アリアをお届けします。
定番の曲から隠れた名曲まで、ヌッツォ本人が精魂込めて選曲した珠玉のアリア―イタリアの空気をその身にまとい、時には甘く、時には力強く、心の奥底まで響く魂の歌をお聴きください。

ジョン・健・ヌッツォ ニューアルバム発売記念リサイタルツアーを開催!
5月13日(金) 和光大学ポプリホール鶴川(東京)
6月5日(日) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール(新潟)
7月10日(日)  福島市音楽堂大ホール(福島)
7月18日(月・祝) 名古屋電気文化会館(愛知)
7月22日(金) いずみホール(大阪)
7月29日(金) 紀尾井ホール(東京)
9月3日(土)  所沢市民文化センターミューズ アークホール(埼玉)
9月10日(土) 八ヶ岳高原音楽堂(長野)
9月16日(金) 盛岡市民文化ホール 小ホール(岩手)
10月7日(金) 札幌コンサートホール Kitara 小ホール(北海道)


FOCD9716.jpg


ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 ハース版

マックス・ポンマー(指揮)
札幌交響楽団

収録:2015年12月11・12日 札幌コンサートホールKitara ライヴ録音
FOCD9716 定価¥2,800+税

2015年の首席指揮者就任以来、札響の清新な音色へさらなる厚みと演奏の幅をもたらすマックス・ポンマー。就任公演でのシューマン、メンデルスゾーンの演奏、そしてライヴCDメンデルスゾーン「讃歌」は、朝日新聞 for your Collection 推薦盤、レコード芸術 特選盤、日経新聞「ディスクレビュー」推薦盤他 多数紙誌で絶賛され、熱烈な支持をもって迎えられました。
CD第2弾は、同年12月定期でのブルックナー「ロマンティック」です。
ブルックナー演奏の神秘性を纏いながら、記された楽譜から極めて忠実に導かれたテンポ設定、慣習に流されない表現で、ポンマー/札響は、作曲家が意図したであろうRomantischeの世界へ聴く者を誘います。

ポンマー=札響「メンデルスゾーン 交響曲第2番」詳細はこちら
FOCD9705.jpg


ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンの為のソナタ 第9番 イ長調 作品47「クロイツェル」
メシアン:主題と変奏
タランティーノ:聖杯への路にて <世界初演>
シモネッティ:マドリガル
サン=サーンス(西江辰郎 編曲):歌劇「サムソンとデリラ」より "春は目覚めて"

収録:2010年9月28・29日 杜のホールはしもと ライヴ録音
FOCD9705 定価¥2,857+税

光り輝くふたつの才能。スーパー・デュオCD第5弾です。 <ヴァイオリン・ソナタの王>と称すべき「クロイツェル」、そして近現代。 杜の都、仙台の国際音楽コンクールの会場で、当時仙台フィルのコンサートマスターだった西江と、ピアノ部門の優勝者アンダローロが出会ったのは2001年のこと。以来ふたりは変わらぬ信頼関係のもと、素晴らしい音楽を奏で続けています。 本作は2010年9月に開催されたコンサートのライヴ録音。まばゆいばかりの演奏に甘美な歌ごころを添えて、みなさまにお届けします。

西江&アンダローロのCDラインナップはこちら

FOCD9712.jpg


グラナドス:
12のスペイン舞曲 作品37(全12曲)(第1番、第3番~第12番 益田正洋 編、第2番 藤井眞吾 編)
詩的ワルツ集(福田進一 編)

収録:2010年2月、2012年3月、2013年4月、2015年3月 秩父ミューズパーク音楽堂
FOCD9712 定価¥2,400+税

卓越した音楽で聴衆を常に魅了し続けるギタリスト・益田正洋。2016年に没後100年を迎えるスペインの国民的作曲家、エンリケ・グラナドス(1867-1916)の作品集をリリースします!
表題の〈12のスペイン舞曲〉は藤井眞吾の編曲による第2番をのぞいて、全て益田本人による編曲。ギターによる12曲全曲録音は他に類を見ず、まさに益田正洋にしか成し得ない快挙です。
グラナドスの出世作となった〈12のスペイン舞曲〉は生涯の伴侶となったアンパロ・ガル嬢に捧げられました。乗り合わせた汽船がドイツ潜航艇に撃沈されその短い生涯を閉じたグラナドスですが、一説には波間に浮かぶ妻を助けるために海に飛び込み、帰らぬ人となったとも伝えられています。最愛の妻への愛にあふれた12曲を、益田はひとつひとつ、慈しむように奏でます。
同録の〈詩的ワルツ集〉は長年にわたって国際的な活躍を続けるギタリスト、福田進一の編曲によるもの。当代きってのギタリストによる行き届いた名編曲に、随所に光る益田の歌ごころが応えます。
偉大なる音楽家に捧げられた、新たなる名盤の誕生です。

益田正洋のCDラインナップはこちら

PVも公開中です!
EFCD4228.jpg


〈EXCERCICES à la BARRE〉
Over the Rainbow(Arlen)/チャイナ・ローゼズ(Enya)/カヴァティーナ(Raff)/But Not for Me ~クレイジー・フォー・ユー~(Gershwin)/夢はひそかに ~シンデレラ~(David,Hoffman,Livingston)/グリジのヴァリエーション ~パ・ド・カトル~(Pugni)/恋とはどんなものでしょう ~フィガロの結婚~(Mozart)/Try to Remember ~ファンタスティック~(Schmidt)/第2幕 オーロラ姫のヴァリエーション ~眠りの森の美女~(Tchaikovsky)/スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス ~メリーポピンズ~(Sherman)/南国のバラ(Strauss II)/第1幕 パ・ド・ドゥ ~バヤデール~(Minkus)/狂詩曲「スペイン」(Chabrier)/Pure Imagination ~チャーリーとチョコレート工場~(Bricusse,Newley)

〈EXCERCICES au MILIEU〉
ドレッタの夢 ~つばめ~(Puccini)/センチメンタル・ジャーニー(Brown,Homer, Green)/Fly Me to the Moon(Howard)/愛の喜び(Krisler)/イースター・パレード(Berlin)/ウィーン我が夢の街(Sieczynski)/Good Morning ~雨に唄えば~(Brown)/シルフィードのヴァリエーション ~ラ・シルフィード~(Lovenskiold)/花から花へ ~椿姫~(Verdi)/グァーンのヴァリエーション ~ラ・シルフィード~(Lovenskiold)/舞踏会の美女(Anderson)/雷鳴と稲妻(Strauss II)/アマポーラ(Lacalle)/第1幕 ピチカートのヴァリエーション ~ライモンダ~(Glazunov)/ピチカート・ポルカ(Strauss II)/サラバンド(Gillock)/天使のセレナーデ(Braga)/Intermezzo(Wolf -Ferrari)/The Last Rose of Summer(Traditional)

収録:2015年9月28-30日 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
EFCD4228 定価¥4,500+税

新国立劇場バレエ団、新国立劇場バレエ研修所、谷桃子バレエ団、スターダンサーズバレエ団 等でレッスンピアニストとして活躍する、稲葉智子によるバレエ・レッスン用アルバム第3弾。公益社団法人日本バレエ協会理事などを務める森龍朗の監修のもと、初級者用レッスンCDが新たにラインナップに加わります。
前作同様レコーディングにはスタインウェイがあるコンサートホールを使用し、みずみずしい美音と躍動感のある響きの中に広がりと空間の大きさを聴かせてくれます。
初級者用としておりますが、様々なレベル・年齢の方が飽きずに練習できるよう、バレエ曲、クラシックからポップスまで楽しんでレッスンできる内容になっています。
トゥ・シューズを履きはじめた方のために、6曲収録しました。

バレエレッスンCDシリーズ ご注文はこちら