[2015.12.9]アントモフォニー 斉木由美 管弦楽作品集

| トラックバック(0)
FOCD2579.jpgのサムネール画像
[WEBでご注文]


アントモフォニー (2001-2)
 高関 健(指揮)
 アール・レスピラン

アントモフォニー III (2003-4)
    ゲルト・アルブレヒト(指揮)
    読売日本交響楽団

アントモフォニー VI (2007)
    小松一彦(指揮) 
    新日本フィルハーモニー交響楽団

ことばの雫 (1997)
    小松一彦(指揮)    
  新日本フィルハーモニー交響楽団

現代日本の作曲家
制作:現代作品CD刊行委員会
助成:NOMURA 野村財団

同時代作品の足跡を系統的・持続的に記録すべく1992年より開始された "現代日本の作曲家"シリーズ。第49集となる本作では斉木由美の作品を採り上げます。
"音楽の時間の中に「永遠」を見たい"と語る斉木は、2001年頃より「虫の音楽」というシリーズを作曲。 今回収録予定の作品群「アントモフォニー」とは、ギリシャ語で昆虫を表わす「エントモス」と、音を表わす「フォネー」をつないでフランス語読みした斉木の造語です。
独自の新しい音楽的な時間構成を提示する、と称される斉木作品を通し、重層的な時の流れが形成される音楽の新しい道筋を示します。

FOCD2579 定価¥2,427+税

斉木由美
 愛知県立芸術大学音楽学部卒業。1991年渡仏。翌年パリ・エコールノルマル音楽院卒業、同年パリ国立高等音楽院に入学、1995年同院作曲科を第一位指名で一等賞を得、首席卒業。1996年帰国後、同志社女子大学(専任)、桐朋学園大学、愛知県立芸術大学大学院講師を経て、現在、東京藝術大学、国立音楽大学及び大学院で後進の指導にあたっている。2009年芥川作曲賞選考委員、2011〜2013年日本音楽コンクール作曲部門審査員。日本作曲家協議会、日本現代音楽協会の会員、アンサンブル・コンテンポラリーαメンバー。作曲をポール・メファノ、平義久、兼田敏、保科洋、松井昭彦各氏に師事。名古屋文化振興賞作曲賞入選、日本音楽コンクール第2位、芥川作曲賞を受賞。2005年IRCAM講習生として選抜され電子音楽と作曲について学ぶ。
 これまでに、Music Tomorrow、読売日本交響楽団、名古屋フィル、Music from Japan 、サントリー音楽財団等の団体や優れた演奏家から委嘱を受け新作を発表し、主要作品は、NHK交響楽団等の日本の主要なオーケストラの他、Alter Ego, Ensemble 2è2m、Ensemble L'itinéraire等の海外の現代音楽アンサンブルや国内アンサンブル、および優れた演奏家たちによって演奏され、これまでに、カーン、ザールブリュッケン、ダルムシュタット、武生、ニューヨーク、ジョグジャカルタ、テグ、ガウデアムス等の音楽祭のほか、アジアや欧米で行われた演奏会で作品が紹介されている。2014年には岐阜現代美術館で室内楽作品による個展が行われた。2015年7月ALM-RECORDSより初の作品集CD「CONFESSION 斉木由美作品集」(レコード芸術特選盤および優秀録音盤、朝日新聞推薦盤)をリリース。

現代日本の作曲家シリーズ ご注文はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fontec.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2146