2014年5月アーカイブ

[2014.5.31]伊福部昭の管絃楽

FOCD9638.jpg[WEBで購入]

 

岩城宏之 指揮 東京都交響楽団(Disc1,Disc2※)
安倍圭子 マリンバ(Disc1※)
森正 指揮 ABC交響楽団 小林武史 ヴァイオリン(Disc2★)

 

Disc1:
日本狂詩曲(1935)
オーケストラとマリンバのためのラウダ・コンチェルタータ※

Disc2:
舞踊曲「サロメ」(1948/87)※
伊福部昭とアナ対談
ヴァイオリンと管絃楽のための協奏曲風狂詩曲(1948/59)★

Disc1, Disc2※:1990年1月13日 東京文化会館
東京都交響楽団第302回定期演奏会〈都響日本の作曲家シリーズ7 伊福部 昭作品集〉ライヴ録音

 

Disc2(※以外):1959年11月5日 NHKラジオ第2 放送音楽祭特集
音源提供:NHK/NHKサービスセンター

 

FOCD9638/9(2CD) 定価¥3,000+税

 

日本作曲界の巨人、伊福部昭(1914-2006)。生誕100年を迎えた本年、誕生日である5月31日に初出音源のリリースです。
1990 年1月13日、東京文化会館での東京都交響楽団第302回定期演奏会は、日本人作曲家の作品の演奏に定評のある岩城宏之の指揮と、屈指の演奏技術によって長年にわたって第一人者として活躍するマリンバの安倍圭子を迎えた端正な演奏。
1959年のNHK ラジオ音源では、同年に改訂された「ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲」を、小林武史のヴァイオリン独奏、森正指揮・ABC交響楽団の演奏で収録。同ラジオ音源での伊福部昭とアナウンサーの対談も収録しました。伊福部ファンの間で語り継がれる歴史的名演です。

[2014.5.21]Influence/生田直基

FOCD9628.jpg[WEBで購入]

 

生田直基 ギター

 

J.トゥリーナ:タレガ讃歌 作品69
M.M.ポンセ:ソナタ第3番
E.プジョール:熊ん蜂
V.アセンシオ:バレンシア組曲
F.M=トローバ:トリーハ(哀歌)
<Bonus track>佐藤弘和:Shiho

 

録音:2013年6月25日-27日 浜松市天竜壬生ホール

FOCD9628 定価2,000円+税

 

 

 名古屋を拠点に活躍する気鋭のギタリスト、生田直基のファーストアルバムの登場です。
 生田直基は愛知県生まれ。13歳よりギターを始め、早稲田大学在学中にクラシックギターに出会い、高田元太郎氏に師事。在学中にGLC学生ギターコンクール、名古屋ギターコンクールなど国内コンクールにおいて入賞を重ね、2008年に渡英。ロンドントリニティ音楽院にてグラハム・デヴァインに師事し、国際演奏家課程を修了しました。その後は日本国内のみならずイギリス、アイルランド、ギリシャ、ハンガリーなど世界各地でリサイタルを開催。2012年にはシンガポールにて多くの日本企業の協賛のもと、現地メディア主催によるソロリサイタルツアーを成功させました。
 本アルバムのテーマは"20世紀前半のパリ"。憧れを胸に異国の地へ辿り着き、限られた時間を惜しみなく費やし自身の作曲語法を磨いた若く才能豊かな音楽家たち、生田はその音楽性溢れる演奏で彼らのルーツを辿りながら、それぞれが受けた影響(Influence)に光をあてます。ギタリストとしても活躍している佐藤弘和によるボーナストラック「SHIHO」にも注目です。

FOCD9636.jpg[WEBで購入]

 

小泉和裕 指揮 九州交響楽団

釜洞祐子 ソプラノ、八木寿子 アルト

宮里直樹 テノール、成田博之 バリトン

九響合唱団、福岡県合唱連盟福岡支部合同合唱団 横田諭 合唱指揮

 

ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」

 

2013年12月23日 福岡サンパレス ライヴ録音

FOCD9636 定価2,400円+税 

 

新生 小泉/九響 CD第2弾!

2013年4月より音楽監督に就任し、九響の新たな黄金期を率いる小泉和裕。

全身全霊をもって音楽と対峙する―快速テンポで疾走するこの「第九」は、ベートーヴェンが夢みた何人の抑圧を受けない"精神の自由"を謳いあげています。

FOCD9627.jpg[WEBで購入]

 

江崎浩司:

ヴォイス・フルート、アルト・リコーダー(第6番)、ソプラノ・リコーダー(第3、10番)、バロック・オーボエ(第5番)、バロック・ファゴット(第8番)
福沢宏:ヴィオラ・ダ・ガンバ*
伊藤一人:チェンバロ

 

テレマン:

ソナタ 第6番 ハ長調 (原曲:ト長調)TWV41 G4*
ソナタ 第3番 ホ短調 TWV41 e2*
ソナタ 第2番 イ長調 TWV41 A3*
ソナタ 第5番 イ短調 TWV41 a2*
ソナタ 第10番 変ロ長調 TWV41 B5*
ソナタ 第8番 ホ短調 (原曲:ハ短調) TWV41 C3

 

テレマンが譜面によって「範を示した」装飾のラインまで、まるで自らの即興であるかのごとく、生き生きと新鮮な語り口で聴かせ通す。バロックの巨匠が残した演目を古典落語の名人芸さながらに再現して見せる。何と言う耳の悦楽!  ― 木幡一誠

 

確かな技術と自由な発想で聴くものを魅了してきた、江崎浩司のテレマン作品集第2弾です。
前作「12のメトーディッシェ・ゾナーテンvol.1」と合わせることによって、この曲集の全曲が揃います。
様々な地域、あらゆるジャンルで人気を誇ったテレマンは、当時のヨーロッパを席捲する人気作曲家でした。この曲集は装飾音の学習の為という名目で編纂されたものですが、テレマンは自らの芸術的、技術的エッセンスを当曲集に集約し、その結果聴き手や演奏者を飽きさせないバラエティーに富んだ曲想になっています。
江崎は本作でリコーダー各種とバロック・オーボエに加え、バロック・ファゴットまでも駆使!共演者の好演と合わせ、江崎ならではの多彩な表現で、本曲集の魅力を余すところなく聴き手に届けてくれます。

 

2013年7月9-12日、30-31日 相模湖交流センター
FOCD9627 定価 2,700円+税

 

IMG_0314.JPG

 

ぜひコンプリート下さい!