[2014.1.15] テレマン:12のメトーディッシェ・ゾナーテン vol.1/江崎浩司

FOCD9614.jpg [ WEBで購入 ]


テレマン:
ソナタ 第4番 ニ長調 TWV41 D3
ソナタ 第11番 ト短調(原曲:ニ短調) TWV41 d2
ソナタ 第12番 ハ長調 TWV41 C3
ソナタ 第1番 ト短調 TWV41 g3
ソナタ 第9番 ト長調(原曲:ホ長調) TWV41 E5
ソナタ 第7番 ロ短調 TWV41 h3


江崎浩司:
 ヴォイス・フルート(第4・7番)、アルト・リコーダー(第11・9番)、
 ソプラノ・リコーダー(第12番)、バロック・オーボエ(第1番)
福沢 宏:ヴィオラ・ダ・ガンバ
伊藤一人:チェンバロ


2013年7月 9-12日、30-31日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9614 定価:2,700円+税


多様な楽器を駆使し、独自の音楽世界を繰り広げる江崎浩司によるテレマン作品集。
膨大な数のテレマン作品から江崎が選んだのは、音楽愛好家にむけて装飾法を正しく学べるよう作曲されたメトーディッシェ・ゾナーテンです。今作では全12曲のうち6曲を各種リコーダーとバロック・オーボエで吹き分け、テレマン指定の装飾音で演奏、次作vol.2で全曲が揃う予定です。
当時様々な分野で活躍し、市民階級にも愛されたテレマンはまさに江崎のスタイルと重なります。実力派共演陣との闊達なやりとり、江崎の伸びやかなフレージングはテレマンの洒脱な曲調と相まって、音楽を聴く喜びを再認識させる演奏となりました。