2013年1月アーカイブ

EFCD4193.jpg [ WEBで購入 ]


J.S.バッハ アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集 [改訂版]
(全音楽譜出版社刊)準拠


監修・ピアノ:山崎 孝


2012年5月6-8日 富士見市民文化会館キラリふじみ
EFCD4193 定価2,548円(税抜価格2,427円)


全音楽譜出版社刊の楽譜に準拠したピアノ教則CDシリーズに、また新たな1タイトルが加わります。
解説書には、監修者によるワンポイントレッスンを掲載。

FOCD9578.jpg [ WEBで購入 ]


ヘンデル:
トリオソナタ へ長調 HWV383*
ソナタ 変ロ長調 HWV357
ソナタ ハ短調 HWV366
ソナタ ヘ長調 HWV363a
ソナタ ト短調 HWV364a
トリオソナタ ロ短調 HWV386b*
見よ、勇者は帰る
 オラトリオ「ユダス・マカベウス」HWV63 第3部 第58番(編曲:江崎浩司)


江崎浩司 バロックオーボエ、ヴォイスフルート
宮崎容子 ヴァイオリン*
多井智紀 チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ
伊藤一人 チェンバロ


2012年6月19-21日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9578 定価2,800円(税抜価格2,667円)


「ヘンデル リコーダーソナタ」(FOCD9550)に続く、江崎浩司のヘンデル作品集第2弾。今回はオーボエ作品集です。


リコーダーのみならず、バロックオーボエ奏者としても活躍中の江崎浩司。
本作ではバロックオーボエとヴォイスフルートを吹き分け、ヘンデルの世界観を鮮やかに描き切っています。
また、表彰式に使われることで有名な「見よ、勇者は帰る」を自ら編曲し収録。
多彩な才能を示すと共に、まさに江崎にしかできないヘンデル作品集となりました。


ヘンデルらしい美しい旋律を十分に感じさせると共に、創造力あふれるフレージング、共演者との丁々発止のやりとりなど、聴きどころ満載のヘンデル作品集です。

FOCD20093.jpg [ WEBで購入 ]


1. 子どもの魂(4手連弾)...第1曲 純粋 第2曲 素朴 第3曲 神秘
2. トリオ「象徴的な旅」(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)
 ...第1楽章 旅立ち 第2楽章 不在 第3楽章 回帰
3. ラルゴ 嬰へ短調(チェロ、ピアノ)
4. 水の流れのままに(ピアノのための親密な詩曲集より)
5. 4つの小品より(ヴァイオリン、ピアノ)...第2曲 ハバネラ 第4曲 牧歌


鶴園紫磯子 ピアノ(1,3,4) ジャック・ゴーティエ ピアノ(1,2,5)
七島晶子 ヴァイオリン(2,5) フィリップ・ミュレール チェロ(2,3)


2012年4月9・10日 フィリアホール
FOCD20093 定価2,800円(税抜価格2,667円)


鶴園紫磯子(つるぞの・しきこ)は桐朋学園音楽科を卒業後、パリ高等音楽院でピアノを研鑽、メシアンとデュティユーの両夫人に師事、両氏から20世紀音楽の奏法や芸術的背景を学びました。現在、演奏される機会のなくなった20世紀フランスの作曲家を紹介する活動を積極的に行っています。
本作でとりあげるジャン・クラ(1879-1932)もそういった作曲家で、フランス海軍の軍人という異色の経歴を持ちながら作曲を続けました。その作品の多くは、軍艦の船室で生まれたといいます。仕事柄、アフリカや西インド諸島に赴くこともあったクラは、各地の民族的な影響を作品に採り入れました。
本作では、志を一つにする演奏家たちが集まって緻密な研究を重ねた結果が、素晴らしい音楽として結実しています。今ではなかなか聞くことのできない希少な音源(日本初録音)をお楽しみください。

FOCD20091.jpg [ WEBで購入 ]


ハーバート・リンカーン・クラーク:カズンズ
ヤン・クーツィール:前奏曲、間奏曲とロンド 作品152
井澗昌樹:ツェムリンスキーの主題によるソナタ
フランク・マルタン:バラード
ジョセフ・トゥリン:オ・カム・アンド・ドゥウェル・イン・ミー
ボリス・ブラッハー:トランペット、トロンボーンとピアノの為のディヴェルティメント
エリック・イウェイゼン:セレモニーの為のデュエット
ヤン・クーツィール:グラントリオ 作品112
*ボーナストラック 青春の輝き(編曲:井澗昌樹)


菊本和昭 トランペット 岡本 哲 トロンボーン 佐竹裕介 ピアノ


2012年8月30・31日 栗東芸術文化会館さきら
FOCD20091 定価3,000円(税抜価格2,857円)


NHK交響楽団首席トランペット奏者の菊本和昭と京都市交響楽団首席トロンボーン奏者の岡本 哲が待望のアルバムをリリース!


二人は一昨年まで京都市交響楽団においてオーケストラ活動を共にし、またジャパン・ブラス・コレクション、京響ブラス・アンサンブルなどでたびたび共演を重ねてきました。
京都にある私立洛南高等学校の先輩・後輩でもある二人は、この間に構想を温め、今回盟友のピアニスト佐竹裕介を迎えて、待望のレコーディングが実現。
本作は金管楽器の注目曲を中心に構成され、ボーナス・トラックにはカーペンターズの「青春の輝き」も収録!管楽器ファン必聴の1枚です。
ゴールデンコンビによる息の合ったアンサンブルをお楽しみください。