[2012.6.6] SOLO 渡辺玲子 [SACD Hybrid]

FOCD9552.jpg [ WEBで購入 ]


イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第6番 ホ長調 Op.27-6
ヒンデミット:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番 Op.31-1
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006
佐藤 眞:無伴奏ヴァイオリンのための幻想曲
エルンスト:シューベルトの「魔王」による大奇想曲 Op.26
エルンスト:多声的練習曲 第6番「夏の名残りのバラ」


渡辺玲子 ヴァイオリン


使用楽器:日本音楽財団所有グァルネリ・デル・ジェス1736年製ヴァイオリン「ムンツ」


2010年9月13-15日、2011年2月3・4日 軽井沢大賀ホール
FOCD9552 定価2,800円(税抜価格2,667円)


世界の楽壇をリードするヴァイオリニスト渡辺玲子、無伴奏作品集でフォンテック初登場。


シノーポリ/ドレスデン・シュターツカペレと共演したベルクの協奏曲でデビュー以来、数々の名盤を世に問うてきた渡辺。バッハから佐藤 眞までの技術、そして精神の超絶技巧を要求する無伴奏作品群で、満を持しての新譜をリリースします。
本CDについて、渡辺は以下のメッセージを寄せています。


 無伴奏ヴァイオリンのための作品を集めたCDの録音は、私の心の中で数年前からの懸案でした。ようやくここに完成できたことを嬉しく思います。
 ヴァイオリンは多様な魅力を持った楽器です。多種多様な奏法とその組み合わせで、驚くほど多彩な音色を生み出すのです。
 今回のプログラムでは、バッハのパルティータ第3番に加え、エルンストの超絶技巧の作品、そしアイロニーとウィットに富んだヒンデミットのソナタなどで、私の「今」を聴いて頂きたく思います。
-渡辺玲子-


魔力的と言える多彩な音色、そして変幻自在な弓さばき。
モダン・エッセンスをも加味した現代の<魔弓伝説>出現です。