2012年4月アーカイブ

EFCD4179.jpg [ WEBで購入 ]


課題曲のテーマ「ひかり」


小学校の部
「希望のひかり」
作詞:遊佐 未森 作曲:大熊 崇子
[同声二部合唱・カラピアノ]


中学校の部
「fight(ファイト)」
作詞・作曲:YUI 編曲:松本 望
[混声三部合唱・女声三部合唱・カラピアノ]


高等学校の部
A「明日(あした)へ続く道」
作詞:星野 富弘 作曲:千原 英喜
[混声四部合唱・女声三部合唱・男声三部合唱・カラピアノ]
B「もう一度」
作詞:星野 富弘 作曲:千原 英喜
[混声四部合唱・女声四部合唱・男声四部合唱]


発行:NHKサービスセンター


EFCD4179 定価2,039円(税抜価格1,942円)


7月から始まる「Nコン」課題曲の合唱・カラピアノCDです。
小学校の部・中学校の部・高等学校の部をまとめて1枚に。

FOCD6014-8.jpg [ WEBで購入 ]


ベートーヴェン:
交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
交響曲 第1番 ハ長調 作品21
交響曲 第5番 ハ短調 作品67
交響曲 第2番 ニ長調 作品36
交響曲 第7番 イ長調 作品92
交響曲 第4番 変ロ長調 作品60
交響曲 第6番 ヘ長調 作品68 「田園」
交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
(以上、マルケヴィチ版による)


飯守泰次郎 指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
佐々木典子 ソプラノ 小山由美 アルト 福井 敬 テノール 小森輝彦 バリトン
東京シティ・フィル・コーア 藤丸崇浩 合唱指揮


助成:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション 協賛:ローム株式会社


2010年5月-2011年7月 東京オペラシティ、東京芸術劇場 ライヴ録音
FOCD6014/8 [5CD] 定価5,250円(税抜価格5,000円)


-マルケヴィチ版に基づく世界初の全集-
2000年におこなった新ベーレンライター版による全曲演奏-作曲者の精神に迫る革新的な演奏により、絶賛を博した飯守泰次郎&東京シティ・フィル。
雄飛10年、2010/11のシーズンに2回目のベートーヴェン・ツィクルスに取り組む飯守が下した決断-それはマルケヴィチ版の使用でした。
20世紀を代表する大指揮者イゴール・マルケヴィチ(1912-83)。欧米各地のオーケストラに蔵書されている巨匠たちの書き込みが残された楽譜に接した彼は、その解釈によっては音楽の本質から離れてしまう危機感を覚え校訂譜の作成を決意します。この労作は1982年にペータース社から出版されました。
飯守は、演奏における実際と理論の両面を踏まえたこの画期的な校訂譜の採用を決断、機能性よりも表現性に訴える全曲演奏を果たしました。古楽的なアプローチが隆盛を極める現代の演奏に、巨大かつ普遍的な楽聖像を提示する全集の登場です。

FOCD20087.jpg [ WEBで購入 ]


1. 愛のささやき [野上 彰 詩]
2. 胡蝶花に寄せて [貞松螢子 詩]
3. 冬のけやき [狩野敏也 詩]
4. 電話の向こうは [木下宣子 詩]
5. 角を曲がる [木下宣子 詩]
6. 瞳 [薩摩 忠 詩]
7. 演奏会用アリア「すてきな春に」 [峯 陽 詩]
8. 花の春告鳥 [西岡光秋 詩]
9. つるぎの歌 [鶴岡千代子 詩]
10. 赤いハイビスカス [小川淳子 詩]
11. さようならの はじまり [鶴岡千代子 詩]
12. ふたり [木下宣子 詩]
13. 落葉松 [野上 彰 詩](ボーナストラック ~リサイタルライブ録音~)


和澤康代 ソプラノ
長町順史 ピアノ(1-12) 小林秀雄 ピアノ(13)


2011年6月30日・7月1日 コピス三芳 三芳町文化会館
FOCD20087 定価3,000円(税抜価格2,857円)


和澤康代は国立音大声楽科卒、日本歌曲コンクールやソレイユ声楽コンクールなどで優秀賞を受賞。数多くのオペラやリサイタルで活躍、特に小林秀雄との親交は厚く、多くの初演を手掛けています。
小林秀雄歌曲の大半は、音域が広く、高度なテクニックが要求されますが、和澤は安定した声でそれをクリアしており、語る部分・歌う部分の歌い分け、自然な詩の解釈等、見事に小林秀雄歌曲の世界を描いています。
また、ボーナストラックとして小林秀雄本人の伴奏による落葉松を収録しています。