2012年2月アーカイブ

FOCD9550.jpg [ WEBで購入 ]


ヘンデル:
1. ソナタ ハ長調 HWV365
2. ソナタ イ短調 HWV362
3. ソナタ ヘ長調 HWV369
4. ソナタ ニ短調 HWV367a
5. ソナタ ト短調 HWV360
6. ソナタ 変ロ長調 HWV377


江崎浩司 リコーダー
頼田 麗 ヴィオラ・ダ・ガンバ 山縣万里 チェンバロ(1-5)


2011年6月8-10日 神奈川県立相模湖交流センター
FOCD9550 定価2,800円(税抜価格2,667円)


リコーダー奏者という枠を超え、伸びやかな世界を聴かせる江崎浩司。満を持して、ヘンデルのリコーダーソナタ集を収録!


江崎浩司は桐朋大学古楽器科卒、リコーダーを花岡和生、バロックオーボエを本間正史、バロックファゴットを堂阪清高の各氏に師事。第10回古楽コンクールで第2位受賞、第11回同コンクール、アンサンブル部門で「ラ・フォンテーヌ」のメンバーとして最高位受賞。2000年にはブリュージュ国際コンクール・アンサンブル部門第2位、及び聴衆賞を受賞。多くのCD録音に参加し、テレビやラジオにも出演。2010年にはシルク・ド・ソレイユの演奏メンバーに合格するなど、枠にとらわれない幅広い活動で、独自の世界を切り拓いています。


ヘンデルの時には流麗、時には緻密な音楽に、江崎の演奏はぴったりと寄り添って、曲の魅力を十全に表現しています。さらにリコーダー、チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバの丁々発止のやりとりは、常に緊張感と独自性に満ちており、聴き手に嬉しい驚きをもたらすことでしょう。