2011年3月アーカイブ

FOCD9511.jpg [ WEBで購入 ]


オブリビオン(A.ピアソラ)
パガニーニの主題による狂詩曲より 第18変奏(S.ラフマニノフ)
嘆き、またはマハとうぐいす(E.グラナドス)
夜明け(F.M.トローバ)
ムーア人の織物、アストゥリアーナ、カンシオン(M.デ.ファリャ)
亜麻色の髪の乙女、小さな羊飼い(C.ドビュッシー)
赤とんぼ(山田耕筰) あの町この町(中山晋平) 浜辺の歌(成田為三)
ふるさと(岡野貞一) 月の沙漠(佐々木すぐる) 椰子の実(大中寅二) 
ハタリ!のテーマ(H.マンシーニ)


國松竜次(ギター、編曲)


2010年10月25-27日 秩父ミューズパーク音楽堂
FOCD9511 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)


バルセロナ国際ギターコンクール「ミゲル・リョベート」優勝、2007年スペインより帰国後、精力的な活動を見せている京都在住のギタリスト・國松竜次。レコード芸術誌をはじめ、各方面で高い評価を受けた前作「フランシスコ・タレガ作品集」(FOCD9443)に続くニューアルバムの発売です。
ギタリストとしてだけでなく、作曲・編曲にもたぐいまれな才能を発揮する國松。今回のアルバムでは、自らのコンサートでもよく演奏し、CD化のリクエストが多数寄せられた編曲作品を収録しました。南米・ヨーロッパ・日本・アメリカとヴァラエティに富んだ選曲ながら、國松の卓越したアレンジと演奏の力によって、アルバムとしての統一感が保たれています。
ギターファンのみならず、全ての音楽ファンの心を揺さぶる"Arrangement ―編曲集―"の登場です。

[2011.3.21] 坪能克裕 スカイ プリズム

FOCD2570.jpg [ WEBで購入 ]


1. Cerestial-Vib ~ヴィブラフォーンのために~(2007)
2. ギター・DUO<ギター二重奏曲>(2009-11)
3. スカイ プリズム(1972)
4. リンの詩(1972)
5. チベットの光明(1993)


1. 藤本隆文 ヴィブラフォーン
2. 大坪純平 Iギター、斉藤惟吹 IIギター
3. 辺見康孝 ヴァイオリン
4. 篠﨑史子 ハープ、有馬純寿:ライブ・エレクトロニクス
5. 前田二生 指揮 東京レディース・シンガーズ


2011年1月12日 フリーキック・スタジオ(1-3)
2009年11月10日 サントリーホール ブルーローズ(4) ライヴ録音
2004年11月9日 紀尾井ホール(5) ライヴ録音
FOCD2570 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


公益財団法人 野村財団助成 現代日本の作曲家シリーズの第40弾。
坪能克裕は1947年生まれ、東京音楽大学作曲指揮科を卒業し、南弘明に師事しました。その活動の幅は非常に広く、数々のイベントのプロデュースや、マネージメントを経験し、TV映画やアニメ映画の作曲も手がけています。現在、日本現代音楽協会会長。
本作では坪能の数多い作品のなかから、比較的初期の作品と近年の作品を収録し、長い創作活動を俯瞰します。
楽器から未知の響きを引き出す近年の作品と、図形楽譜による1970年台のラディカルな作風は、坪能の多様性と変わらない個性を同時に感じさせます。