2008年11月アーカイブ

FOCD9400.jpg [ WEBで購入 ]


R.コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」
ハチャトリアン バレエ音楽「スパルタカス」よりスパルタカスとフリーギアのアダージョ
ラフマニノフ ヴォカリーズ

秋山和慶 指揮 広島交響楽団 
(2008月7月29-31日 アステールプラザ・オーケストラ等練習所にてRec.)

FOCD9400 定価¥2,200(税抜価格¥2,095)


広島3大プロ・・・。カープ、サンフレッチェ、そして”広島交響楽団(広響)”。
その、広響初のセッション録音によるアルバムです。
広響は1963年に「広島市民交響楽団」として発足。その後「広島交響楽団」と改称し、1972年のプロ改組以来、中・四国唯一のプロオーケストラとして活躍の場を拡げています。
指揮者の秋山和慶は、1998年に広島交響楽団首席指揮者・ミュージックアドバイザーとなり、2004年には音楽監督・常任指揮者に就任。今回のアルバムでもオーケストラと息のあった演奏を聴かせてくれます。

FOCD9399.jpg [ WEBで購入 ]


ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 Op.68

朝比奈 隆/指揮 東京都交響楽団
(1996年 4月6日サントリーホール ライヴ録音)

FOCD9399 定価¥2,100(税抜価格¥2,000)


ベートーヴェン、ブルックナーと並び、朝比奈がその演奏に最も力を込めたブラームス。朝比奈が東京でおこなった「ブラームス・ツィクルス」は3回でした。第1回目の1990年、そして第3回目の2000年に新日本フィルを指揮しての公演は、既にCD化しております。(FOCD9206)
今回収録の交響曲 第1番は「第2ツィクルス」にあたる1996年の演奏で、4月から6月にかけて都響・東響・新日本フィルの3団体を指揮しておこなわれました。本盤は、その第1回公演のライヴ録音です。
1996年、87?88歳であったこの年、朝比奈は多忙を極めます。新日フィルとのツィクルス第2回公演終了後には渡米、シカゴ響とブルックナー第5番を共演。そして帰国後まもなく東響とのツィクルス第3回公演に臨み、同年10月には再びシカゴ響の公演に登場するというものでした。

本盤のブラームスは、均整美を追究した最晩年の演奏様式に至る直前のものです。演奏時間は53分におよび、圧倒的な奇跡の音魂は、「これぞ、朝比奈 大演奏」という称揚の言葉しかありません。<生誕100年>を記念する新たな名盤の登場です。

FOCD9396.jpg [ WEBで購入 ]


樽屋雅徳:ヘスペリデスの黄金の林檎
ジュリー・ジロー:寓話の交響曲(日本初演)
ピーター・グレイアム:ユーフォニアム協奏曲?称うべき紳士たちの列伝に?(世界初演)
ピーター・グレイアム:交響的情景「地底旅行」
ヤン・ヴァンデルロースト:ジュピター

小松一彦/指揮 スティーヴン・ミード/ユーフォニアム 大阪市音楽団
(2008年6月6日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音)

FOCD9396 定価¥2,800(税抜定価¥2,667)


本年6月6日、大阪 ザ・シンフォニーホールにおける第96回定期演奏会のライヴ録音。
首席客演指揮者、小松一彦のもと、ギリシャ神話やヨーロッパ各国の寓話、19世紀の冒険小説や探偵小説に題材を求めたストーリー性の高い作品を採り上げています。
中でも特に注目を集めたのは、世界的ヴィルトゥオーゾ スティーヴン・ミード(ユーフォニアム)を迎えて世界初演された、ピーター・グレイアムのユーフォニアム協奏曲「称うべき紳士たちの列伝に」。同じくグレイアムの人気曲「地底旅行」の演奏とともに、永く記憶されるべき熱演です。
フォンテックでは、今後も大阪市音楽団のライヴ録音シリーズを継続的にリリースしていきます。

FOCD9397.jpg FOCD9398.jpg [ WEBで購入 ]


野中 図洋和 指揮 / 陸上自衛隊中央音楽隊

「フランス名曲選」
楽しい行進曲 シャブリエ/三村?順・編          
交響詩“魔法使いの弟子”デュカス/ウインターボトム・編 
組曲第4番「絵のような風景」マスネ/ミレ・編      
アルジェリア組曲 サン=サーンス/ゴドフリー・編
大行進曲“東洋と西洋” サン=サーンス
英雄行進曲 サン=サーンス/ウインターボトム・編
狂詩曲「スペイン」 シャブリエ/淀 彰・編

(1988年4月19-21日 Rec. FOCD9122の再発売)
FOCD9397 定価¥1,500(税抜価格¥1,429)


フランスの代表的な作品を集めた名曲集です。きらめく名曲の数々を艶やかなサウンドでお届けします。吹奏楽ファンの枠を超えて誰もが耳にして楽しめる一枚です。


「バーンズ:交響曲 第3番」
交響曲第3番Op.89 バーンズ
オセロ リード
ウェストサイド・ストーリー・セレクション バーンスタイン/デュソイト・編

(1999年2月20-22日 Rec. FOCD9123の再発売)
FOCD9398 定価¥1,500(税抜価格¥1,429)


アメリカの作品を集めたアルバムです。誰もが知っているバーンスタインの代表作。また、バーンズの曲は“吹奏楽にもこんなに楽しい名曲があったのか”と実感させられる名曲です。

EFCD4140-2.jpg [ WEBで購入 ]


監修 三林輝夫(東京芸術大学名誉教授・桐朋学園大学音楽学部特任教授・二期会オペラ研修所長)
小林彰英=テノール 加賀清孝=バリトン 日比啓子=ソプラノ 寺谷千枝子=メゾ・ソプラノ
朴 令鈴=ピアノ

EFCD4140/2(3枚組) 定価¥4,200(税抜価格¥4,000) 


コールユーブンゲン-固定ド唱-」のCDが発売になります。
現在国内に於いて、固定ド唱の割合が絶対的に多く、声楽を学ぶ多くの人達から長い間発売が待たれていました。
今回の収録に際し、監修、演奏には国内外で活躍している演奏家を起用。まさに声楽教材の決定版商品が誕生しました。
(収録は、大阪開成館発行の楽譜を使用しています。)

■コールユーブンゲン(移動ド唱・EFCD4018/9)が新装パッケージになります
「固定ド唱CD」の発売に伴い、発売中の「移動ド唱」の商品が新装パッケージになります。
規格番号、販売価格等に変更はありません。