2007年7月アーカイブ

FOCD20064.jpg [ WEBで購入 ]

鏡?ピアノのための5曲  前奏曲  高貴で感傷的な円舞曲
ボロディン風に…ワルツ  エマニュエル・シャブリエ風に…  ソナチネ
クープランの墓?ピアノのための6曲  ハイドンの名によるメヌエット  水の戯れ
古風なメヌエット  亡き王女のためのパヴァーヌ  夜のガスパール

野田マリカ piano

野田マリカは1972年以来、日本だけでなくヨーロッパ、パリのサル・ガヴォーにおいても、数多くのリサイタルを行っている。
東京に生まれ、父は彫刻家、母は音楽家という芸術家一家に育つ。10歳の時から、様々なコンクールで入賞し、桐朋学園で学んだ後フランス政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院でヴラド・ペルルミュテルに師事する。ペルルミュテルは、20世紀のピアノ黄金時代を代表する偉大な芸術家のひとりであり、モーリス・ラヴェルから直接、演奏解釈について意見や指示を受けたピアニストの一人でもある。野田マリカはその他に、ジャック・フェブリエのもとで研鑽を積み、ヴィオッティ国際コンクール等で入賞する。
彼女は系譜に忠実でありながらも、師匠の模倣に陥ることなく、また自らの感性を放棄することもない。野田マリカがスカルラッティから現代作曲家に至るまでの幅広いレパートリーをこなせるのは、彼女自身の感性ゆえなのである。ラヴェルのピアノ作品を、ラヴェル自らの定めた枠の中で今日伝えることのできる、数少ない演奏家のひとりである。

“…野田マリカは、いろいろな点で非常に魅力的な音楽家である。その稀にみる芸術的な廉直さは特筆すべき点で、しかも華麗で色彩感に富み、管弦楽的な音量を持ったピアニストとしての彼女は、又、曲に整然とした統一感を与えるセンスをもかねそなえている…”
?ヴラド・ペルルミュテル

FOCD20064/5 定価¥3,360(税抜価格¥3,200)

RZF1017.jpg [ WEBで購入 ]

Likes Miles / Starlight Desert / The Change / A Long Distance / Boptizm
How Long Has It Been / Chopstics / HB / Westland Avenue

PENTAGON:
Piano Keyboards: Tsugio Taki  Sax: Akio Miyazaki
Guitar: Takayuki Emori  Bass: Sosuke Kawamoto
Drums: Ryo Takai  Percussion: Osami Watanabe

かつてアメリカ留学時代に知り合った仲間により結成されたユニット「PENTAGON」が、2000年にファーストアルバム「Mosquito Road」を発表して以来、ライブ、コンサート等地道な活動の中で望まれていた、待望のアルバム第2弾「Like-s-Miles」が遂に完成。それぞれのオリジナル曲は、美しく、激しくスピード感溢れ、それを緻密なアンサンブル、白熱のソロプレイでライブ感漂うスケールの大きな音楽を生み出している。
次の時代のジャズを創造しようとする意気込みを充分感じさせる今作品、日本のコンテンポラリージャズをリードする“PENTAGON”の演奏で是非、お聴き下さい。

RZF1017 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)

EFCD4118.jpg [ WEBで購入 ]

1.混声合唱と2台のピアノのための 交聲詩 海(1987)
三善 晃:作曲 宋 左近:作詞

2.混声合唱と2台のピアノのための 唱歌の四季(1983)
三善 晃:編曲
朧月夜 茶摘 紅葉 雪 夕焼小焼

3.混声合唱と2台のピアノによる レクイエム(1972)
(2004 新垣隆のリダクションによる)
三善 晃:作曲


東京混声合唱団/山田和樹 conductor
東京大学柏葉会合唱団OB・OG有志(3 共演)
中嶋 香 piano(1,2) 篠田昌伸 piano(1,2) 中川俊郎 piano(3) 新垣 隆 piano(3)

2007年2月17・18日 秦野市文化会館 大ホール ライブ録音(1,2)
2007年2月26日 東京文化会館 小ホール ライブ録音(3)


昨年10月に発売された「懐かしいアメリカの歌」に続く、東京混声合唱団/山田和樹による合唱作品集第2弾は、「尾高賞」通算6回受賞で合唱曲も得意とする三善晃の作品集です。

《交聲詩・海》
「1987年6月、栗山文昭指揮OMP合唱団、ピアノ田中瑤子と浅井道子で初演された。宗左近さんからは2年ほど前に詩をいただいていたが、なかなかその音を自分で聴きとれないまま、日にちが経った。書き終えたとき、ピアノの向こうから〔海〕が押し寄せて来たと思った。雪崩こむ水平線に薔薇が写っていた。栗山さんたちはそれから幾度となくこの曲を演奏してくれたが、その度に薔薇は巨きくなり、やがて私は詩人の〔海〕に全身を浸すようになった。」(三善 晃)

《唱歌の四季》
「長い間、東京混声合唱団が愛唱してくれてきた《唱歌の四季》が、今はもう歌い手、聴き手のものになって、その人たちと出版社が一体となり、自分たちの歌をより親しみやすく馴染んだものに近づけようということになった。こうなるともう、小学唱歌というより、日本の歌と呼んだほうがよいかもしれない。明治5年の学制発布以来の由緒深い歌詞も再生する。そうすると、私たちの身体がそれを覚えていて空気がその色に染まる。1世紀以上を経て、文化も私たちの心身の奥所で成熟しているのだ。」(三善 晃)

《レクイエム》
「私は1933年東京生まれ。戦時中は集団疎開学童であり、12歳で敗戦を迎え、戦後の日本で思春期を過ごした。幼い時期から音楽の訓練を受けていたから、それを続けて作曲家になったが、20世紀後半に生きる日本の作曲家として、何を書かなくてはならないか、私の存在理由(Raison d'etre)は何か、と自問し続けていた。」(三善 晃)


EFCD4118 定価¥2,520(税抜価格¥2,400)

FOCD20063.jpg [ WEBで購入 ]

一、九声盤渉調 落葉  二、九声双調 梅花  三、九声盤渉調 侍従(九声黄鐘調 荷葉一具)
四、荷葉序  五、荷葉破  六、荷葉急  七、九声盤渉調 菊花
八、九声平調 黒方序  九、平安朝雅楽盤渉調 蘇合香入破

長谷川景光 龍笛・楽琵琶・大篳篥
常法寺美和 楽琵琶
米澤茉莉佳 楽箏

平安時代には薫物(たきもの)という香りの文化がありました。『源氏物語』にも数多くの場面で薫物が登場します。薫物はインドに端を発し、仏教と共に中国に渡り『千金方』という医書に記載されているように医薬として進化し、そして日本に渡って嗜みの香り、フレグランスとして開花します。このように薫物は、シルクロードの終着点である日本の文化の特性と優位性を示す証しであり誇りであると言えるのです。平安時代には六種(むくさ)の薫物という6種類の空薫物(そらだきもの)、現代風に言えば室内芳香用のブレンド香がありました。この六種の薫物は、4から8種類の粉末香を蜜で練り合わせて作る香で、「梅花」「荷葉」「侍従」「菊花」「落葉」「黒方」の名が付けられています。
このアルバム はその六種の薫物の名を曲名とし、景光が平成18年6月から9カ月かけて作曲した現代雅楽作品集であり、吹物(龍笛、大篳篥)と糸物(楽琵琶、楽箏)の編曲が加えられています。また、フリーリズムの序以外は全曲異なるリズムで作曲されています。なお、最後の「蘇合香」だけが平安朝雅楽の復曲となっています。

FOCD20063 定価¥2,300(税抜価格¥2,190)

FOCD9304.jpg [ WEBで購入 ]

1.ボッテジーニ:パッショーネ・アモローザ
2.ヘンデル(河原泰則編曲):協奏曲 イ短調 (原曲:オーボエ協奏曲 第3番 ト短調)
3.フォーレ(河原泰則編曲):エレジー Op.24 (原曲:チェロ+ピアノ)
4.ボッテジーニ:ヴァイオリンとコントラバスのための二重協奏曲
5.バッハ(河原泰則編曲):G線上のアリア(原曲:管弦楽組曲 第3番より エア)

河原泰則 コントラバス
ラファエル・オレグ ヴァイオリン(1,4,5)
ライナー・ホフマン ピアノ(1,4,5)
野平一郎 ピアノ(2,3)

2004年7月21日(1,4,5)2001年12月6日(2,3)
浜離宮朝日ホール ライヴ録音

<世界最高>と評されるコントラバス奏者 河原泰則。
 河原は1973年一橋大学商学部卒業。同大学在学中に併行して桐明学園大学に学び、コントラバスを堤俊作、小野崎充の両氏に師事。その後、ベルリン音楽大学に留学し、ライナー・ツェベリッツ、ミシェル・シュヴァルベ両教授に師事、77年に同音大を首席で卒業。80年より現在に至るまで、ドイツの名門 ケルン放送交響楽団の首席コントラバス奏者を務めています。また、日本では紀尾井シンフォニェッタ東京のメンバーを務めています。
 オーケストラ奏者として活躍する一方、ケルン放送交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、シュトゥットガルト室内管弦楽団等と協奏曲を、エッシェンバッハ、ムストネン、ニコレ、パユ、ファン・クーレン、ケルビーニ弦楽四重奏団、イザイ弦楽四重奏団らと室内楽を共演。また、「ベルリン芸術週間」、「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭」、「フェルトキルヒ・シューベルティアーデ音楽祭」、「キッシンゲン音楽祭」、「リヨン・ミュジカード音楽祭」など著名な音楽祭へ出演しています。
 CDはラルゴ(ドイツ)、ソニー(日本)より3枚をリリース。そのうち「Fantasy on Double Bass」(ラルゴ)はドイツの音楽雑誌「ノイエ・ムジーク・ツァイトゥンク」の1995度トップリストにノミネートされるなど、いずれも高い評価を得ています。
 今回は2001年および2004年の東京ライヴです。ボッテジーニのオリジナル名曲、そして河原自身の編曲による3曲を収録。チャイコフスキー・コンクール優勝のオレグをはじめ、多彩な名手との共演奏は、いずれも純音楽的にそして河原の名技を堪能できる内容です。

FOCD9304 定価¥2,800(税抜¥2,667)

FOCD9305.jpg [ WEBで購入 ]

1.佐藤聰明/霧鶴(1999)
2.鶴田錦史/壇の浦
3.佐藤聰明/薄墨(2004)

中川鶴女=琵琶
中村明一=尺八(1) 篠崎史子・篠崎和子=ハープ(3)

鶴田錦史は、歴史に埋もれようとした琵琶という楽器を今日によみがえらせ、新たなる生命を付与した。
鶴田の衣鉢を継ぐのは、疑いなく中川鶴女(なかがわ かくじょ)であろう。中川によって琵琶は、更なる美の世界に踏み込み、より豊穣な響きをその内奥に秘めるに違いない。 ―佐藤聰明―
戦後の琵琶楽界に光彩を放った鶴田錦史(1911?1995)。その薩摩琵琶をラジオで聴いて衝撃を受け、入門を請い琵琶楽の道に入ったのが、中川鶴女です。
1951年、北海道生まれ。1989年、日本琵琶楽協会主宰の琵琶楽コンクールにて第一位・文部大臣奨励賞を受賞。1999年には、第一回リサイタルを催して文化庁芸術祭に初参加、音楽部門新人賞を受賞。以降、国際的な活躍を続けています。
「洗練された音の美しさの追求を超えて、魂を揺さぶり、心に届く歌と絃の世界」を目指し、各地のコンサートに出演する傍ら、師から託された鶴田流琵琶師範として後進の指導にあたっています。1992年より東京音楽大学非常勤講師。

FOCD9305 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)

FOCD9306.jpg [ WEBで購入 ]

 1967年のデビュー以来、常に第一線で活躍し続けているギタリスト・田部井辰雄が1986?2001年に発売した名盤8タイトルの再発売です。音楽史に燦然と輝く「J.S.バッハ:リュート作品」世界初の全曲録音をはじめ、バロック・古典期?近・現代の佳曲たちが名手によってその魅力を引き出されています。

「J.S.バッハ リュートのための作品全集」
(プレリュード・フーガ・アレグロ ニ長調BWV.998,リュート組曲第1番?第4番他)
FOCD9306/7 定価¥3,150(税抜価格¥3,000)

「大聖堂/田部井辰雄ギターリサイタル」
(バリオス:大聖堂,ヴィラ・ロボス:前奏曲第1番?第4番,作者不詳:禁じられた遊び他)
FOCD9308 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「シャコンヌ/田部井辰雄ギターコンサート」
(トローバ:ソナチネイ長調,田部井辰雄:さくら変奏曲,バッハ:シャコンヌ他)
FOCD9309 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「エル・スウェーニョ/田部井辰雄ギターアルバム」
(ソル:魔笛の主題による変奏曲,タレガ:マズルカ,アルベニス:朱色の塔他)
FOCD9310 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「ソルベーグの歌/田部井辰雄アルマ・デ・ギターラ」
(グリーグ:ソルベーグの歌,ソル:練習曲<月光>他)
FOCD9311 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「12の歌/田部井辰雄ポピュラーアルバム」
(バッハ:前奏曲ニ長調BWV846,武満 徹:ギターのための12の歌他)
FOCD9312 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「鳥の歌/田部井辰雄・世界の心」
(ブローウェル:ギターのための悲歌,坂本龍一:energy flow,武満 徹:フォリオス他)
FOCD9313 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

「エコー/田部井辰雄バロック作品集」
(バッハ:エコーBWV831<フランス風序曲>から,ヘンデル:オンブラマイフ,サラバンド他)
FOCD9314 定価¥1,575(税抜価格¥1,500)

FOCD9297.jpg [ WEBで購入 ]

1.緑陰(こかげ)
2.ひとつだけの命
3.レクイエムのように子守歌
4.さとうきび畑
5.涙に海の味がする

ソプラノ:寺島葉子、寺島夕紗子 
指揮:平松剛一 合唱:平松混声合唱団
ピアノ:江川真理子 電子オルガン:橘 光一

寺島尚彦作詩・作曲、沖縄から平和への祈りをこめて。
ざわわ...「さとうきび畑」(1967)のルーツともいえる「涙に海の味がする」(1964)、晩年の傑作「緑陰」「ひとつだけの命」「レクイエムのように子守歌」を初録音。

FOCD9297 定価¥2,100(税抜価格¥2,000)

FOCD20062.jpg [ WEBで購入 ]

ギター:藤元高輝
作・編曲:青山 悟

バルトーク/ルーマニア民族舞曲(青山悟 編曲)
ストラヴィンスキー/5本の指(青山悟 編曲)
ラヴェル/「ソナチネ」より第1楽章(青山悟 編曲)
青山悟/4つの時の顔
青山悟/プレリュードとバラード

第1回日本ギター音楽編曲コンクールグランプリ「ルーマニア民族舞曲」、第1回日本ギター音楽作曲コンクール最高賞「雨音のメヌエットと木もれ日のシチリアーノ」(「4つの時の顔」内の2曲)を含む、青山 悟によるギター作・編曲集です。
ギター演奏は第35回クラシカルギターコンクール史上最年少優勝など、中学生にして数々の受賞歴を誇る天才ギタリスト・藤元高輝(ふじもと こうき)。新たな伝説の予感。いずれ世界に羽ばたくであろう天才演奏家の、プレ・デビュー作としての意味合いも強い作品です。

FOCD20062 定価¥1,890(税抜価格¥1,800)

FOCD9298.jpg [ WEBで購入 ]

ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調『合唱付』Op.125

クリスティアン・アルミンク 指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団
日比野幸 ソプラノ 加納悦子 アルト
トーマス・モーザー テノール クレメンス・ザンダー バリトン
栗友会合唱団 栗山文昭 合唱指揮

2006年7月28日 サントリーホール ライヴ録音


「ローエングリン」公演で絶賛を浴びたアルミンク=NJP。現代音楽をプログラムの30%近く演奏するなど、その先進的な活動は日本のオーケストラのなかで際だっており、常に注目を集めています。
ブラームス1番&マーラー3番、マーラー5番、「大地の歌」に続く第4弾は、待望のベートーヴェン。昨年7月におこなわれた<真夏の第九>ライヴです。
新日本フィルは、ブリュッヘンとの二度目の共演を果たし、国内オケのなかで指揮者の多様な要求に最も柔軟な対応ができる団体です。透明度の高いその響きは、アルミンクが目指す世界を現実化します。
ウィーンの伝統に立脚しながら、古楽のテイストを咀嚼し、しかも現代オーケストラならではのゴージャスさも追求するアルミンク。ベーレンライター版の指定のテンポを遵守したエンディングは、メンゲルベルク以来の衝撃を与えることでしょう。
数多の「第九」CDのなかでも出色の1枚になることまちがいなし。

FOCD9298 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)

FOCD9299.jpg [ WEBで購入 ]

1. ベートーヴェン/交響曲 第8番 ヘ長調 Op.93
2. ベルリオーズ/交響曲「イタリアのハロルド」Op.16

小泉和裕 指揮 清水直子 ヴィオラ(2) 仙台フィルハーモニー管弦楽団

2007年1月26・27日 仙台市青年文化センター・コンサートホール ライヴ録音


ヴェロ指揮によるフランス音楽(FOCD9296)に続く、仙台フィル ライヴ・シリーズ第2作。今回は首席客演指揮者 小泉和裕指揮による今年1月の定期公演の収録です。
小泉は、端正な衒いのない音楽作りに定評がありますが、近年は燃えたぎる爆発力で、オーケストラを極限まで鳴らし、聴衆を魅了しています。今回収録のベートーヴェンもさることながら、ベルリン・フィル首席ヴィオラ奏者 清水直子を迎えてのベルリオーズは、ライヴならではの凄演です。
清水は、1997年ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門にて、ユーリ・バシュメット以来21年ぶりの第1位を受賞し国際的な注目を集めました。2001年2月からは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 首席ヴィオラ奏者としても活躍しています。また、昨年1月には『情熱大陸』で取り上げられ大きな反響を呼んだことは記憶に新しいところです。
ヴァイオリンのような完璧な音程、そして、あくまでも音楽に奉仕する驚異的なテクニック。ヴィオラ・ファンのみならず万人にお薦めしたいCDです。

FOCD9299 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)

FOCD9300.jpg [ WEBで購入 ]

モーツァルト/クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
フランセ/クラリネット五重奏曲
三善 晃/彩夢?2本のクラリネットのための
末吉保雄/コレスポンダンス?・??2本のクラリネットのための
北爪道夫/シャドウズ?
湯浅譲二/クラリネット・ソリテュード
藤田正典/セレナーデ
ブラームス/クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.120-1
ブラームス/クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114

浜中浩一・二宮和子 クラリネット
久保陽子・恵藤久美子 ヴァイオリン
菅沼準二 ヴィオラ
安田謙一郎 チェロ
木村かをり・弘中 孝 ピアノ

名手 浜中浩一が1983?84年に録音・発売した名演の再発売です。
浜中浩一は、1960年東京芸術大学を卒業と同時にNHK交響楽団に入団。1963年ニース国際クラリネット・コンクール第1位入賞。1964年ブダペスト国際クラリネット・コンクール入賞。ルーアン音楽院クラリネット科ジャック・ランスロー教室の講師に任命されました。
1969年に帰国後は、NHK交響楽団首席クラリネット奏者として永年その重席を務めました。

FOCD9300/2(3CD) 定価¥3,150(税抜価格¥3,000)

FOCD20060.jpg [ WEBで購入 ]

クラ/フルートとハープのための組曲
サン=サーンス/ファンタジー 作品124
ゴーベール/マドリガル
ラウバー/4つの中世舞曲
アンゲルブレシュト/古いスケッチ
ドビュッシー/夢

岩下智子 フルート 迫本宣子 ハープ

岩下智子(フルート)
東京芸術大学、同大学院修士課程を修了。1983年西日本新聞社賞受賞。1988年イタリア デュイーノ国際コンクール第2位(第1位はE.パユ)。1990年ザルツブルク音楽祭にてA.アドリヤンらとともにシュニトケの作品を世界初演する。これまでにNHK-FM「午後のリサイタル」「土曜リサイタル」にたびたび出演。ソリストとしてのみならず、室内楽奏者としても幅広く活躍している。

迫本宣子(ハープ)
東京芸術大学卒業。1992年より、ハープデュオ「プリマヴェーラ」を結成。また4台のハープによるアンサンブル「ヴェガ」を結成し、2002年ジュネーブで行われた第8回ワールドハープコングレスに招かれている。音楽と語りによる童話の世界や、クラシックとジャズの融合などジャンルを超えた音楽活動を全国で展開。また、実力派や若手の演奏家などのコンサートを自宅ホール「ラリール」で企画運営している。

FOCD20060 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)

FOCD20061.jpg [ WEBで購入 ]

J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV.988

鈴木理賀 チェンバロ
解説:青島広志

鈴木理賀
東京生まれ。東京音楽大学チェンバロ科を実技優秀賞を得て卒業。同大学研究科1年修了。チェンバロを及川眞理子、渡邊順生氏に、室内楽、バロック奏法を大竹尚之氏に師事。ユゲット・ドレフェス、トン・コープマンに指導を受ける。
卒業後は各地の演奏団体とJ.S.バッハのチェンバロ協奏曲を協演するなど、ソリストとしての活動のほか、N響メンバーによる弦楽合奏団、東京フィルハーモニー室内合奏団のチェンバロ奏者として度々演奏会に出演。また室内楽奏者としても幅広く活躍している。

FOCD20061 定価¥3,000(税抜価格¥2,857)

EFCD4117.jpg [ WEBで購入 ]


8月から始まる「NHKコンクール」課題曲の合唱・カラピアノCDです。
小学校の部・中学校の部・高等学校の部をまとめて1枚に収録。

収録曲:
小学校の部:手をのばす(作詞:俵 万智 作曲:新実徳英)[二部合唱]
中学校の部:めぐりあい(作詞:重松 清 作曲:?嶋みどり)[混声三部合唱、女声三部合唱]
高等学校の部:言葉にすれば(ゴスペラーズ・松下 耕 共同制作 作詩:安岡 優 作曲:安岡 優・松下 耕)[混声四部合唱、女声四部合唱、男声四部合唱]

― 協力:NHK 発行:NHKサービスセンター ―

EFCD4117 定価¥2,039(税抜価格¥1,942)

FOCD9295.jpg [ WEBで購入 ]


レニャーニ/36のカプリスOp.20
パガニーニ/カプリスOp.1-24
(2006年11月14?16日 秩父ミューズパーク音楽堂にて収録)

高い技術とたぐいまれな歌心を合わせ持つギタリスト、益田正洋のフォンテック第2弾は、「ヴァイオリンの鬼才」パガニーニと同時代を生き、そのギター伴奏も務めた偉大なギター・ヴィルトゥオーソ、レニャーニ作「36のカプリス」、日本人初の全曲録音です。ギターでは通常使用されないような調声も含む36曲からなる大作に、益田はその揺るぎない音楽性と的確なテクニックで命を吹き込みます。さらに今回のCDではパガニーニの代表曲とも言える「カプリスOp.1-24」の福田進一による編曲版も収録。原曲の雰囲気を損なわず、見事にアレンジされたこの曲を益田は自在に弾きこなします。今回、当時の音を再現するために、19世紀ギター「シュタウファー」復刻版(星野良充作)を使用。その柔らかく暖かい響きは、益田の醸し出す絶妙のハーモニーに色を添えます。
また、今作はフォンテック初のギター作品「SACDハイブリッド盤」です。

FOCD9295 定価\3,000(税抜価格\2,857)

FOCD9288.jpg [ WEBで購入 ]

オーケストラの時の時(1975/76) ミヒャエル・ギーレン=指揮 NHK交響楽団
コズミック・ソリテュード(1997) 飯森範親=指揮 東京交響楽団 宮本益光=バリトン 東京混声合唱団
クロノプラスティクII(1999) 準・メルクル=指揮 NHK交響楽団
内触覚的宇宙V(2002, revised in 2003) 飯守泰次郎=指揮 日本フィルハーモニー交響楽団
始源への眼差III (2005) 飯守泰次郎=指揮 日本フィルハーモニー交響楽団

 実験工房の時代から現在にいたるまで、全く変わることなく新しい音楽体験の更新に作曲活動を捧げてきた湯浅譲二。「オーケストラル・シーン」(2004年12月21日発売、FOCD3506)に続く新作の登場です。   
表題作「オーケストラの時の時」は、全3楽章においてギーレン指揮の初演時の貴重な音源を使用。
豊かな経験値を積みながらも、常に「形式の革新」を希求し続ける希有な作曲家による作品を存分に楽しむことができます。


FOCD9288 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)

FOCD2562.jpg [ WEBで購入 ]


ピアノのための絶対音楽 松山元=ピアノ
クラリネット独奏のための旋律「語り」 ヴェンツェル・フックス=クラリネット
借景 スタンリー・ドッズ=ヴァイオリン 松山元=ピアノ ヤン・シュリヒテ=打楽器
カリグラフィー II チェロ独奏のために ダーヴィット・リニカー=チェロ
カリグラフィー I チェロとピアノのために ダーヴィット・リニカー=チェロ 松山元=ピアノ
無伴奏ヴァイオリンのための音楽 小林美恵=ヴァイオリン

『現代日本の作曲家シリーズ』第32弾。
山本純ノ介は父が音楽家の山本直純、母が作曲家の山本正美という音楽一家に生まれ、東京藝術大学および同大学院作曲科修了。文化庁派遣芸術家在外特別研修員としてベルリンに留学、管弦声打電脳楽による交響曲、歌曲、合唱曲、などの創作と、新たな作曲システムの構築及びそれらの新しい技法を探究。現在は『持続の貌(かたち)』を電脳器機で研究する傍ら、交響曲、室内楽作品を作曲しています。「音楽は崇高な祈り」という理念を持つ作曲家の精神をかいま見る事の出来る作品集です。

FOCD2562 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)

EFCD25216.jpg [ WEBで購入 ]

今年もTBS系「こども音楽コンクール」優秀校の演奏を発売します。

?合唱編?
●小学校合唱編1   EFCD25216
●小学校合唱編2   EFCD25217
●中学校合唱編1   EFCD25218
●中学校合唱編2   EFCD25219

?合奏編?
●小学校合奏編1   EFCD25220
●小学校合奏編2   EFCD25221
●中学校合奏編1   EFCD25222
●中学校合奏編2   EFCD25223


定価 各¥2,548(税抜価格¥2,427)

FOCD20059.jpg [ WEBで購入 ]


メンデルスゾーン/プレリュードとフーガop. 35-5 へ短調
シューマン/フモレスケ op. 20
ドビュッシー/版画
アルベニス/イベリア 第2集 より

1978年に第6回ドビュッシー国際コンクール第1位。以後ソロリサイタルを中心に多方面で活動し、近年ではヨーロッパでの演奏活動も増えているピアニスト、秦はるひによる3枚目のソロアルバムの登場です。ドイツ、フランス、スペインの音楽から選曲、使用されたファツィオリのピアノの明晰さと奥行きの深さを、自らの個性と見事に織り交ぜた素晴らしい演奏を披露しています。

FOCD20059 定価 ¥2,800(税抜価格 ¥2,667)