04 現代音楽の最近のブログ記事

FOCD2569.jpg [ WEBで購入 ]


1. アルト・サクソフォンのための「絶望の天使II」(1999)
2. 8人の奏者のための「沈み行く深い森へ」(2009)
3. 打楽器ソロのための「まだ見ぬ大地」(2009)
4. ギターのための「虹色に輝く夜」(2005/2006)
5. フルートのための「サラマンダー Ib」(1995/2005)
6. ピアノのための「響きの森へ」(2007)
7. 5人の奏者のための「イン・ザ・ディム・ライト」(2005)
8. 混声合唱とピアノのための「静かに、深く、そして強く」(2008)

1. 齋藤貴志(サクソフォン)
2. アンサンブル・コンテンポラリー・アルファ
3. 神田佳子(打楽器)
4. モータン・ファルク(ギター)
5. コルベイン・ビャーナソン(フルート)
6. 中嶋香(ピアノ)
7. アンサンブル・コンテンポラリー・アルファ
8. 田中信昭(指揮)、中嶋香(ピアノ)、東京混声合唱団

FOCD2569 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


伊藤弘之は湯浅譲二、池辺晋一郎、R.レイノルズ、B.ファーニホゥに師事し、芥川作曲賞、ヌオヴェ・シンクロニー国際作曲コンクール第1位(ミラノ)、シュティペンディエン賞(ダルムシュタット)などを受賞しています。アルディッティ弦楽四重奏団、ニューアンサンブル、クラングフォルム・ウィーン、新日本フィル、いずみシンフォニエッタ大阪、東京シンフォニエッタ、アンサンブル・コンテンポラリーα、ネクスト・マッシュルーム・プロモーション、クァルテット・エクセルシオなどの演奏団体や、鈴木俊哉(リコーダー)、宮田まゆみ(笙)、吉村七重(筝)をはじめとするたくさんの優れたソリストたちに支持され、ISCM World MusicDays (2000年、 2004年、2009年)、ルツェルン、ガウデアムス、ダルムシュタット、秋吉台、武生をはじめ国内外の多くの音楽祭やコンサートで作品が演奏されています。
緻密な方法論と曲想にも関わらず、どこか柔らかい印象がある作品達。それは洗練された技術と、伊藤自身の感性によるものです。

FOCD9470.jpg [ WEBで購入 ]


CD-1 「二つの“優しき歌”」
弦楽四重奏曲 第2番 op.5/優しき歌 op.13
優しき歌・第二 no.23/三つの男声合唱曲 no.24

CD-2 「70年万博へ」
ピアノのためのインプロヴィゼーション 第二 no.31
電子音のためのインプロヴィゼーション no.32
ディスプレイ '70 no.35/花伝書 no.38

CD-3 「《GENERATION》と《わが出雲・はかた》」
GENERATION no.68/わが出雲・はかた no.70

CD-4 「大学生のための合唱演習No.2とNo.4」
歌垣 no.77/自然について no.91

DVD-1 「ふたつのシアターピース」
北越戯譜 no.49
遠野遠音?柳田国男『遠野物語』および東北民謡による no.106

DVD-2 「大学生のための合唱演習No.1とNo.3」
宇宙について no.60/人間と死 no.86

監修:資料提供:サンガクシャ

FOCD9470/5 定価¥10,000(税抜価格¥9,524)


時空を越えた巨視的世界観を示した柴田南雄(1916-96)の作品群。
サンガクシャ(柴田家)の資料提供による、これまでディスク化が難しかった記録を4CD、2DVDに集大成。
一期一会としかいいようのない一柳慧、高橋悠治による「Generation no.68」など、<時代>が生んだ希有な演奏も収録。
ブックレットには詳細解説、作曲者と親交の深い7人による書き下ろしエッセイを掲載。続編予定あり。

FOCD2568.jpg [ WEBで購入 ]


1. もし我々が五角形の記憶装置であったなら(1979)
2. 時の戯れ Part II?高橋アキに捧げる(1988/96)
3. ピアノの上のビリヤード(1991)
4. 月食の夜の偶話 第一話(1999)

1. コレギウム・ヴォカーレ・ケルン
2. 1st piano:高橋アキ 2nd piano:野平一郎 baritone:村田健司 cello:苅田雅治
3. piano:塩見允枝子 billiards player:清田昌平&古川功 computer system:藤枝守
4. piano:井上郷子 narration:アンドリュー・メルヴィン clarinet:橋爪恵一

FOCD2568 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


塩見允枝子(しおみ みえこ)は東京藝術大学楽理科卒、音楽理論を柴田南雄に、作曲を長谷川良夫に師事。在学中より小杉武久らと「グループ・音楽」を結成し、即興演奏やテープ音楽の制作を始めました。
64年ニューヨークへ渡り、当時の前衛芸術家集団フルクサスの活動に参加。帰国後は、インターメディア的パフォーマンス作品を発表。以後、ことばを中心にした多数の室内楽を作曲。90年代は電子テクノロジーに興味を持ち、藤枝守、佐近田展康氏らと共に活動。長年にわたり音楽、パフォーマンス、視覚作品など、ジャンルを超えた創作活動を続けています。
本CDは塩見の作品群のなかから代表作を厳選しました。

FOCD9444.jpg [ WEBで購入 ]


表層 1-31

FOCD9444 定価¥2,500(税抜価格¥2,381)


数による音楽 Music by Numbers(FOCD9333)につづく古川 聖の第2弾。

リゲティやイサン・ユンに師事した古川は、コンピュータグラフィックスなどの要素を使い、聴覚のみならず、他の感覚野と積極的に接続することによって音楽の枠組み自体の拡張を試みてきました。その作品は間口の広いものとして高い評価を得ています。
多様化する今世紀の現代音楽界において、メディア・技法の最先端を追求し続けるアーティストの最新作です。
限定、そして研ぎ澄まされた素材のみによる音響構築…感性への豊穣な響きは、まさに時代が渇望しているものです。

音楽の根源への旅の開始です。

FOCD2567.jpg [ WEBで購入 ]


1. オーケストラのための「ソリチュード」<孤独>(1961)
2. ピアノのための「タンダンス」<傾向>(1969)全曲ヴァージョン
3. チェロのための「エヴォリューション」<進展>(1986)
4. 25人の楽器奏者のための「エガリザシヨン」<平等化>(1975)
5. ピアノのための「アンデュレーションA」<波状A>(1996)

1. 高関健=指揮 東京都交響楽団
2. 渋谷淑子=ピアノ
3. 北本秀樹=チェロ
4. ジルベール・アミ=指揮 フランス放送新フィルハーモニー管弦楽団
5. 野平一郎=ピアノ

FOCD2567 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


篠原眞は東京芸術大学からパリ国立高等音楽院へと渡り、メシアンに師事。その後ドイツではゴットフリート・ミハエル・ケーニッヒから電子音楽を学びました。その評価は当時から非常に高く、ケルン市立音楽院ではシュトックハウゼンのアシスタントを勤め、また日本国内へのシュトックハウゼン作品の紹介者としても知られています。
篠原眞の作品は器楽のみならず声楽、テープなど多岐に渡っていますが、共通しているのは、新奏法、音響の空間化、視覚化などの方法を追求した洗練された様式です。その厳しい姿勢によって作品数は決して多くはありませんが、本CDではその代表曲を収めました。
現代音楽の最前線を歩みながら到達した「篠原眞の世界」は、比類ない個性を放っています。

FOCD9429.jpg [ WEBで購入 ]


相即相入
弦楽四重奏のためのプロジェクション
マイ・ブルー・スカイ第3番
弦楽三重奏のためのプロジェクション
2台のピアノのためのプロジェクション
マリンバのための音楽
ぶらぶらテューバ

マリオ・カローリ(フルート)・鈴木 俊哉(リコーダー)/辺見 康孝(ヴァイオリン)・亀井 庸州(ヴァイオリン)・甲斐 史子(ヴィオラ)・多井 智紀(チェロ)/漆原 朝子(ヴァイオリン)/竹澤 恭子(ヴァイオリン)・豊嶋 泰嗣(ヴィオラ)・堤 剛(チェロ)/木村 かをり(ピアノ)・野平 一郎(ピアノ)/吉原 すみれ(マリンバ)/橋本 晋哉(テューバ)

FOCD9429 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


1993年発売の「管弦楽作品集」(FOCD2508)、2004年発売の「オーケストラル・シーン」(FOCD3506)と2007年発売の「オーケストラの時の時」(FOCD9288)に続く湯浅譲二作品集の第4弾です。
日本が世界に誇る作曲家、湯浅譲二(1929-)の創作は活動歴が半世紀を超える現在も全く衰えを知りません。その評価は内外で大変高く、長年に渡る活動が評価され、先頃、旭日小綬章を受章しました。
前3作は湯浅のオーケストラ作品を中心に焦点を当てましたが、今回はまた異なった魅力を感じさせる室内楽曲の数々を集めました。これらは湯浅が1963年から2006年にかけて継続的に取り組んできたもので、長い創作活動の全貌を俯瞰する上で欠かすことのできない作品達であり、折々の湯浅の感性と思考の閃きをダイレクトに反映しています。

FOCD2566.jpg [ WEBで購入 ]


1.二重の輪郭-チェロとライブエレクトロニクスの為の-(アレクシ・デシャルム:チェロ)
2.発芽 II-6人の奏者の為の-(アンサンブルコンテンポラリーα)
3.冥王星へのオマージュ-アンサンブルとライブエレクトロニクスの為の-(インターナショナル・アンサンブル・モデルン・アカデミー)
4.メビウスの変容-リコーダーとヴィオラ・ダモーレの為の-(鈴木俊哉:リコーダー ガース・ノックス:ヴィオラ・ダモーレ)
5.イマージュの錯綜 AB-アルト/バリトンサクソフォーンとライブエレクトロニクスの為の-(ペドロ・ビッテンクール:アルト/バリトンサクソフォーン)
6.リティキュレーション-オーケストラの為の-(佐渡裕 指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団)
7.架空の橋 -尺八、アンサンブル、電子音響テープの為の- (藤原道山;尺八 板倉康明 指揮 東京シンフォニエッタ)

FOCD2566 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


気鋭の邦人作曲家、大村久美子の初作品集です。
大村は東京藝術大学作曲科を卒業後、ドイツのフォルクヴァング大学で、作曲をニコラウス・A・フーバー、電子音楽をルドゥガー・ブルュンマーに師事。その後、フランス国立音響音楽研究所で電子音楽の研鑽を積み、帰国後は東京藝術大学先端芸術表現専攻にて古川聖(FOCD9333「数による音楽」)のもとで、マルチメディアアートの研究を進めました。卒業後、文化庁芸術家在外研修員として渡独し、現在もZKM (芸術とメディアの為のセンター)の客員芸術家として創作活動を行っています。その作品は、入野賞オーケストラ部門(1994)、ハノーファー・ビエンナーレ最高位(ドイツ1999)をはじめ、多くのコンクールで評価され、各地の音楽祭で演奏されています。また器楽作品だけではなく、電子音響を伴う作品、映像、ダンスなど他分野との共同制作作品も得意としています。
大村ならではの新しい響きで満ちた作品集です。

FOCD20072.jpg [ WEBで購入 ]


1.うつろい/轟千尋(尺八・ピアノ)
2.雲の澪/本間貞史(尺八・ピアノ)
3.青の隙間/赤津慶太(尺八・ピアノ)
4-6.夜のオード/ 轟千尋(尺八・ピアノ・邦楽囃子)
7.冬の幻想/小山和彦(尺八・ピアノ) 
8.尺八とバスクラリネットとピアノのためのアマルガム/下山一二三(尺八・ピアノ・バスクラリネット)

神 令:尺八 神 三奈:ピアノ 望月秀幸:邦楽囃子 MUSO:バスクラリネット
収録:2008/8/25-26・10/17 キラリ☆ふじみ

FOCD20072 定価¥3,000(税抜価格¥2,857)


尺八古典本曲の集大成者「神如道」を祖父に持つ若手尺八奏者、神令(じん れい)のデビューアルバム。収録曲は全て今回の為の委託作品であり、タイトルの「アマルガム(混合物)」が意味する通り、日本伝統楽器の尺八、典型的西洋楽器のピアノ、そしてバスクラリネットと、日本とヨーロッパの〈アマルガム〉が楽しめます。尺八が奏でる儚くも美しい音色を、ピアノがしっとりと包み込み、心にしみわたります。

FOCD9415.jpg
 [ WEBで購入 ]


Disc1
1.交響管絃楽のための前奏曲(1947)※
2.交響三章──トリニタ・シンフォニカ(1948)
3.交響管絃楽のための音楽(1950)
4.絃楽のための三楽章?トリプティーク(1953)

Disc2
1.交響曲第1番(1955)
2.エローラ交響曲(1958)
3.えり子とともに(1949)☆
4.煙突の見える場所(1953)
5.猫と庄造と二人のをんな(1956)☆
6.赤穂浪士(1964)
7.八甲田山(1977)
☆毛利蔵人 編曲

飯守泰次郎=指揮 山田一雄=指揮※ 新交響楽団
録音 1990年1月20日 新宿文化センター(disc1-1) / 1999年7月11日サントリーホール(disc1-2?4, disc2-1)
1999年7月17日 田園ホール・エローラ(disc-2 2?7)でのライヴ録音 FOCD9140/1の再発売)

FOCD9415/6(2CD) 定価¥2,100(税抜価格¥2,000)


日本の音楽界に多大なる足跡を残した作曲家・芥川也寸志。早いもので2009年1月31日をもって、没後20年を迎えます。フォンテックではそれを記念して、彼がその創立に大きく関わり、音楽監督を務めた新交響楽団による1990年の追悼演奏会と、1999年の没後10年記念演奏会より収録された音源を再発売いたします。

FOCD2565.jpg [ WEBで購入 ]


綱渡りの娘、紫の花 (高関健 指揮 アール・レスピラン)
機械の島の旅 (clavichord大井浩明)
橋を架ける者?ブリッジ1? (organ 大井浩明)
フィネガン前夜祭 (田中信昭 指揮 東京混声合唱団)
墜落舞踏綺想曲 (fl織田なおみ vc北口大輔 pf中川賢一)
ゆっくり蛇の足?ブリッジ2? (tuba藤田英大various instruments伊左治直)
テューバ小僧 (高橋勇太 指揮 アンサンブル・ロカTuba藤田英大)
THE?エピローグ? (didgeridoo & Tuba&voice藤田英大 various instruments伊左治直)

FOCD2565 定価¥2,548(税抜価格¥2,427)


伊左治直は作曲を西村朗氏に、中世西洋音楽史を金澤正剛氏に師事し、これまで日本音楽コンクール第1位、日本現代音楽協会作曲新人賞、芥川作曲賞、出光音楽賞を受賞しています。様々な音楽祭やパフォーマンスに参加しながら2001年よりブラジル音楽を中心としたライブ活動も定期的に行っています。
 このCDは近年の代表作を中心に、ブリッジ的な役割を果たす新作を加えて、ひとつの組曲のような構成になっています。初作品集であると共に伊左治の世界を色濃く反映した代表作です。