[2011.2.23] ピックアップアーティストメッセージ:北村朋幹 [piano] - Artist_Data

[2011.2.23] ピックアップアーティストメッセージ:北村朋幹 [piano]

kitamura.jpg

 初めてのCD録音から早くも半年が経とうとしています。毎日こうも寒いと、息をするのも億劫になるくらいだった昨年の猛暑をまるで幻のように感じる事がありますが、今この文章を書きながら出来上がったCDを聴いていると、その暑さの中毎日楽譜と向き合い、色々と考え続けた夏の記憶が確かに甦ります。

 元々は「一度自分自身の演奏を客観的に見つめ直したい」という強い思い・興味があり取り組ませていただいた今回の録音ですが、1枚のCDへの準備そして録音を通し、これほど沢山の事を学べるのか、という驚きが録音直後の正直な気持ちでした。若い時の演奏を残す事の是非はありますが、今回のセッションを通し、音楽の新しい可能性を見させていただいたのは間違いありません。今この時期にそのような素晴らしい機会をいただけたのは本当に幸運でしたし、貴重な経験となりました。心より感謝しています。

 今もう一度録音を聴き直してみると、そこには確かに2010年9月の僕自身―それは8月でも10月でもなく9月の僕―が映っているように思います。CDというのはある種の完成品ですから、その時期に自分が考えていた事全てが注ぎ込まれているはずです。だからもし今録音し直したら、全く違う演奏になっているかもしれない。30年後に録音したら、その時はまた考えが戻っていて、ほとんど今回と似た演奏になるかもしれない。そのように、常に考えが移ろっていくからこそ、同じ作品を何度でも演奏したくなる訳で、特に今回録音させていただいたシューマンの≪幻想曲≫をはじめとする素晴らしい作品群は、そういった「試行錯誤」をずっと繰り返していきたい、と思えます。

kitamura_rec.jpg

 若きシューマンが伝統と自我の間で揺れ動き、最後には彼なりの結論を出し新たな世界へ羽ばたいていく、様々な感情が目まぐるしく交差する大曲≪幻想曲≫。そこに引用された2つのベートーヴェン作品...CDのタイトルにもなっている≪遙かなる恋人に寄す≫は≪幻想曲≫の中で最後に種明かし的に引用され、1つのキーワードとなる作品かもしれません。遠く離れてしまった恋人に宛てた6編の詩に彼が付けた曲は、内向的で愛情に溢れた温かな音楽でした。もう1曲、今度はひっそりと引用される交響曲第7番を基にしたシューマン初期の変奏曲は、彼の想像力が迸る隠れた名曲です。今回はこのCDのために変奏曲の構成を組み直しました。
 そしてシューマンの歌曲2曲では、彼のロマン的感覚がどこまでも自由に飛翔します。それらの歌曲を編曲したのは、他でもない≪幻想曲≫を献呈されたリスト。
 偉大な作曲家達の、時を超えた対話をお楽しみいただけたら幸いです。

FOCD9498.jpg

北村 朋幹