小林史真 shima -chromatic harmonica - Artist_Data

小林史真 shima -chromatic harmonica

shima.jpg [Discography]
幼少よりピアノを独学。またオルガンや聖歌隊合唱を通して音楽に親しむ。14才よりクロマティック・ハーモニカを崎元譲氏に師事。16才で単身米国ペンシルバニア州に渡り、様々な分野での創作活動を経る中でハーモニカ演奏家を志す。1992年「FIHハーモニカコンテスト」クロマティック部門第2位となり注目を浴びる。1993年同コンテストで優勝。ラジオ、テレビ出演をはじめ各地で演奏活動を行う。1995年イギリスへ渡り、クラシックハーモニカ史上極めて重要な演奏家であるトミー・ライリー氏に師事。同年開かれた「ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス」クロマティック部門第1位を取得するほか、他の全部門の優勝者の中からワールド・チャンピオンに選ばれその評価を決定的なものとした。その後ライリー氏の強い勧めにより文化庁の奨学金を得て1996?97年に再渡英し、異例の個人指導のもとで、氏に捧げられた多くの近・現代作曲家の作品についての知識と技術を受け継ぐ。1997年には、国立劇場11月聲明公演において、三宅榛名氏作曲「滅びた世界から エレミア哀歌より」のハーモニカパートを担当した。同年からは国内での演奏活動に加え、定期的にイギリスへ渡りロンドン各地でリサイタルを行っている。また、1999年には台湾において委嘱作品の演奏を行い絶賛された。 レパートリーはバッハを中心としたクラシック作品と1950年代から書かれ始めたオリジナル作品の演奏に加え、様々な編成による新作の委嘱演奏や民族楽器との即興パフォーマンス、舞踏や語り・映像など、他の芸術分野とのコラボレーションを意欲的に行うほか、1999年からは【言葉とハーモニカ】の融合をテーマに、自らの語りを取り入れた「シェイクスピア時代のイギリス民謡」の制作に取り組むなど、未知の可能性にみちた「ハーモニカ」の魅力を深める意欲的な創作活動を展開している。