益田正洋 Masahiro MASUDA -guitar - Artist_Data

益田正洋 Masahiro MASUDA -guitar

masuda1.jpg [Discography]
1978年長崎市生まれ。幼少より両親にギターの手ほどきをうけギターを始める。
1989年、第20回クラシカルギターコンクールにて史上最年少で入賞。審査委員長、伊福部昭氏の発案により審査員特別賞を受賞。翌年には、第21回クラシカルギターコンクールにて史上最年少(当時12歳)で第一位を受賞する。また、1992年に世界的にも権威のある第35回東京国際ギターコンクールにて入賞を果たす。
1991年のデビューリサイタル、1992年に村治佳織とジョイントリサイタル。1993年より本格的に演奏活動を始め、東京を含む日本各地でソロ・リサイタルを行う。JGA音楽祭や社団法人日本ギター連盟法人設立30周年記念ガラコンサートなどでも客演を行う。また、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各都市に於いても演奏を行う。
2000年9月より、ジュリアード音楽院に入学。在学中はシャロン・イズビンに師事する。2001年にロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのコンチェルト・ソリストとして、ニューヨーク・リンカーンセンターにてJ.デプリースト指揮、ジュリアード・シンフォニーと共演。アランフェス協奏曲を演奏し、好評を博す。
2003年には、作曲家ウェイ・チェイ・リン氏の委嘱により台湾・台中市に招かれ、同氏のギターソロ曲(Seven Diaries)を世界初演する。さらに、シカゴで行われたバーネットファミリー財団国際ギターコンクールにてファイナリストに選ばれる。
2003年にジュリアード音楽院修士課程を首席の成績で卒業。
帰国後より演奏活動を再開。2006年1月より"ソナタのゆうべ"と銘打ったリサイタルツアーを全国7箇所にて公演。3月にはアルバム"カンタービレ"を、また翌年3月には"レニャーニ:36のカプリス"をリリース、いずれもレコード芸術にて特選盤に選ばれる。