伊藤 恵 Kei ITOH - Artist_Data

伊藤 恵 Kei ITOH

itou_kei.jpg [Discography]
幼少より有賀和子氏に師事。桐朋学園高校を卒業後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学、ハノーファー音楽大学において名教師ハンス・ライグラフ氏に師事。1979年エピナール国際コンクール第1位、1980年J.S.バッハ国際音楽コンクール第2位、クルト・ライマーコンクール第1位、1981年ロン=ティボー国際音楽コンクール第3位及び特別賞と数々のコンクールに入賞。1983年第32回ミュンヘン国際音楽コンクールピアノ部門で日本人として初の優勝。サヴァリッシュ指揮バイエルン国立歌劇場管弦楽団と共演、ミュンヘンでデビュー。その後もミュンヘン・シンフォニカ、フランクフルト放送交響楽団、ベルン交響楽団、チェコ・フィルハーモニーの定期公演に出演。日本では「若い芽のコンサート」でNHK交響楽団と共演、その後大阪フィルハーモニー、東京都交響楽団とのヨーロッパ・ツアーなど主要なオーケストラと共演を重ねている。
録音では、ライフワークとしてシューマンを追い続け、これまでに「シューマニアーナ」1?11を発表。また、「ブラームス: ピアノ協奏曲」、「ショパン: エチュード」、「ピアノ通信」、「プーランク: ピアノ作品集」などいずれも好評を集めている。
また、1999年3月より8年にわたり、毎年シューマンを中心にしたリサイタルを開催。1993年日本ショパン協会賞、1994年横浜市文化賞奨励賞受賞。
2003年より東京藝術大学准教授。
20年の歳月を経て、「シューマニアーナ」は今秋完成する。