陸上自衛隊中央音楽隊 Japan Ground Self Defense Force Central Band - Artist_Data

陸上自衛隊中央音楽隊 Japan Ground Self Defense Force Central Band

rikuji.jpg [Discography]
中央音楽隊は、昭和26年6月、現在の陸上自衛隊の前身である警察予備隊の音楽隊として全国から47名の隊員を選抜して発足。以来48年余、現在では日本を代表する吹奏楽団として全国的に演奏活動を行っている。中央音楽隊は、防衛省防衛大臣直轄の音楽隊で、最も重要な任務は迎賓館赤坂離宮における国賓・公賓の歓迎行事での演奏。昭和32年10月以降、歓迎行事の演奏は全て中央音楽隊が担当している。国家的行事の参加も数多く、今上天皇即位の礼、皇太子殿下御成婚パレードを始め、東京、札幌、長野オリンピック等のスポーツの祭典や国際博覧会での厳粛なセレモニー、華やかなファンファーレの演奏など中央音楽隊は行事の成功に大きな役割を果たしてきた。首都圏で開催される年3回の定期演奏会、室内楽演奏会やオフィス街におけるコンサートの他に、全国各地への演奏旅行、CD録音など、中央音楽隊の音楽活動は多彩である。また、中央音楽隊には教育部門が設置されており、全国陸上自衛隊音楽隊員に対する各種音楽教育を行っている。フォンテック発売のCDは5枚を数え、「王は受け継がれゆく」(FOCD9135)は平成12年度芸術祭優秀賞を受賞。