有森 博 Hiroshi ARIMORI - Artist_Data

有森 博 Hiroshi ARIMORI

arimori.jpg [Discography]
1992年東京藝術大学大学院修了。その後モスクワにて研鑽を積み現在に至る。野上登志子、水本雄三、小林仁、ナターリャ・スースロワの各氏に師事。1990年第12回ショパン国際コンクール最優秀演奏賞。1991年岡山県芸術顕彰受賞。1992年第5回シドニー国際ピアノコンクール第4位。1994年第10回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門入賞。1996年から2000年にかけてラフマニノフのピアノ作品全曲演奏会を成し遂げ、さらに2001年にはプロコフィエフのピアノソナタ全曲演奏会を成功させるなど、ロシア作品に積極的に取り組み独自の活動を展開している。
1995年、2001年に小澤征爾指揮新日本フィルとの協演、2003年にアレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルとの協演のほか、東京シティフィル、読響、関西フィル、九響、山響、仙台フィル、ワルシャワフィル、ポーランド国立放送響などの内外のオーケストラ、著名指揮者との協演を重ねている。2004年には小澤征爾指揮サイトウキネンオーケストラのメンバーとしてヨーロッパ6ヶ国のツアーに参加。9月にはサイトウキネンフェスティバルに出演。
これまでに5枚のCDがリリースされ、2003年1月発売「プロコフィエフ・ピアノソナタ」、2005年8月発売「展覧会の絵」はいずれもレコード芸術特選盤になるなど各誌で絶賛される。
2007年4月より東京藝術大学音楽学部准教授。