ガリー・ベルティーニ Gary BERTINI - Artist_Data

ガリー・ベルティーニ Gary BERTINI

bertini.jpg [Discography]
モルドヴァ共和国(旧ソ連)で生まれ、幼いころイスラエルに移住した。テル・アヴィヴで音楽教育を受けた後、ヴェルディ音楽院、パリのコンセルヴァトワール、エコール・ノルマル、ソルボンヌ大学で学ぶ。A.オネゲル、O.メシアン、N.ブーランジェ、J.シャイーに師事した。1958年、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビュー。その後、スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の首席客演指揮者(71〜81年)、エルサレム交響楽団音楽監督(78〜86年)、デトロイト交響楽団ミュージック・アドヴァイザー(81〜83年)、ケルン放送交響楽団(83〜91年)、フランクフルト歌劇場総監督(87?90年)、テル・アヴィヴのイスラエル歌劇場芸術監督(94〜95年)を歴任し、95年よりパリ・オペラ座と密接な契約を結んだ。世界各地の一流オーケストラに客演を続け、ベルリン、ウィーン、ルツェルンなどの国際的な音楽祭にも招かれたほか、87〜92年の間音楽監督を務めたイスラエル音楽祭に、定期的に出演した。
古典から現代作品までレパートリーは幅広く、特にマーラーの解釈と演奏には定評があった。
日本にも客演を重ね、98年4月、東京都交響楽団第4代音楽監督に就任した。2000年4月からは、埼玉会館と横浜みなとみらいホールでの「マーラー・シリーズ2000〜2004」に取り組み、彫りの深い音楽が絶賛を博した。
2005年3月、テルアヴィヴで逝去。都響桂冠指揮者。