Artist_Data: 09 合唱アーカイブ

09 合唱の最近のブログ記事

東京混声合唱団 Tokyo Philharmonic Chorus

toukon.jpg [Discography]
1956年、東京芸術大学声楽科の卒業生により創立。コンサートの開催を演奏活動の中心に置き、広範な分野の合唱作品に取り組んでいる。レパートリーは、創立以来行っている作曲委嘱活動で生まれた170曲を超える作品群をはじめ、グレゴリオ聖歌からシェーンベルク、リゲティなどの現代作品、そして武満徹、柴田南雄などの日本人作品など多数。年間200回を越える国内公演の他内外オーケストラ、オペラ、ラジオテレビなどへの出演も多い。 1987年創立30年を記念してアメリカ公演を実施。ニューヨークほか7都市で成功をおさめた。 1997年、世界合唱連合の招きで渡欧し、スウェーデン、ベルギーで6公演を、2000年夏にはエストニア、フィンランドで4公演を、2002年6月にはカナダの国際合唱祭で4公演を行い、いずれも絶賛を博した。
田中信昭(桂冠指揮者)、ヴォルフディーター・マウラー(首席客演指揮者)、松原千振(常任指揮者)、大谷研二(指揮者)、コンダクター・イン・レジデンスに樋本英一、宮松重紀、森口真司、山田和樹など、多彩な指揮者陣を擁している。

1