Artist_Data: 05 弦楽器アーカイブ

05 弦楽器の最近のブログ記事

岡崎慶輔 Keisuke OKAZAKI -violin

okazaki.jpg photo: Kazuhiko Ota [Discography]
2005年に難関のミュンヘン国際音楽コンクールで第1位を受賞、日本人では21年ぶりの快挙を果たす。ヴィエニアフスキ国際コンクール(シニア部門)(ルブリン)及びR.リピツァー賞国際コンクールで第1位他、数々の主要な国際コンクールで優れた成績を収める。
1979年福岡市生まれ。母親の手ほどきで4歳からヴァイオリンを始め、後にスズキ・メソードで学ぶ。
13歳でユーディ・メニューインに才能を認められる。14歳で北九州国際音楽祭に、15歳でフィンランドのクフモ室内楽音楽祭に出演する。
東京芸大附属高校を経て、ドイツに留学する。文化庁芸術家在外研修員。浦川宜也、ザハール・ブロン、イゴール・オジムに師事する。ベルン音楽大学のソリスト・ディプロマ課程を首席で卒業し、Eduard-Tschumi-Preisを受賞。更に、ベルリン・フィル・カラヤン・アカデミーでサイモン・ラトル、安永 徹、ガイ・ブラウンシュタインの下、幅広く研鑽を重ねる。
19歳でユストス・フランツ指揮フィルハーモニア・ハンガリカとのドイツ・デビューを果たす。
これまでにバイエルン放送響、サンクトペテルブルグ・フィル、ベルン響、ミュンヘン室内管、スロヴァキア国立コシツェ・フィル等と共演。特に2005年ミュンヘン国際コンクール受賞記念演奏会での、ヤコフ・クライツベルク指揮バイエルン放送響との共演は聴衆の絶賛を浴びると共に、その模様がドイツ国内外に配信され、大きな反響を呼んだ。
国内では秋山和慶、小林研一郎、大友直人、小泉和裕、高関 健等の指揮者の下、東響、日本フィル、群響、東京都響、読売日響、九響、名古屋フィル、神奈川フィル等主要なオーケストラと共演し、絶賛を博す。
2006年に英国を代表する現代音楽グループBCMGと、同国の作曲家モーガン・ヘイズによる委嘱作品の世界初演を果たし、絶賛を浴びる。また、ラインガウ音楽祭(ドイツ)、チェスキー・クリムロフ国際音楽祭(チェコ)、ジノ・フランチェスカッティ国際音楽祭(フランス)等にも招かれて好演する。国内外でのリサイタル・室内楽等にも多数出演し、好評を得る。特に、2006年北九州国際音楽祭におけるピアニスト伊藤 恵とのデュオ・リサイタルは絶賛を浴びた。2008年には、細川俊夫作品を含むバッハから現代曲までの初の無伴奏リサイタルを行ない、話題となった。
近年、ミュンヘン国際コンクール優勝者から成る「Aurata-Quintet Berlin」のメンバーとしても、ドイツ他ヨーロッパ各地で演奏を行い、好評を得る。
透明感溢れる美しい響き、繊細で多彩な表現力は、高い評価を得ている。

漆原啓子 Keiko URUSHIHARA -violin

u_keiko.jpg [Discography]
1981年、ヴィエニアフスキ国際コンクールにおいて、最年少18歳で日本人初の第一位優勝、併せて6つの副賞も獲得する。82年、東京芸術大学入学と同時に本格的演奏活動を開始、この年ポーランドへ招かれ演奏会、テレビ出演を行い大成功をおさめる。'85年には「プラハの春」国際音楽祭に招かれる。 86年、前年結成したハレー・ストリング・クァルテットが第21回民音コンクール室内楽部門で優勝並びに斉藤秀雄賞を受賞。87年、ドイツ各地への演奏旅行を行い、91年、日本フィルのヨー ロッパ公演、96年大阪センチュリー交響楽団のアジア・ツアーのソリストに抜擢され、絶賛を博 した。ヤン・パネンカ、ヨーヨー・マとの共演の他、上村昇、迫昭嘉とのピアノ・トリオ、ハレー・ストリング・クァルテットなど室内楽でも活躍している。CDは5枚を数え、ヤン・パネンカの共演を得たブラームスのソナタ集は「音楽の友」特選盤、「レコード芸術」準推薦盤に選ばれている。 これまでにサンクトペテルブルグ交響楽団(ドミトリエフ指揮)、ウィーン放送交響楽団(シフ指揮)、フランス国立トゥールーズ室内管弦楽団、モスクワ・ヴィルトーゾ室内オケ(スピヴァコフ指揮)、ハンガリー国立交響楽団(ルカーチ指揮)、スロヴァキア・フィル(ビエロフラーベク指揮)等と共演。

漆原朝子 Asako URUSHIHARA -violin

asako.jpg [Discography]
日本を代表する国際的ヴァイオリニストの一人である漆原朝子は東京芸大付属高校在学中に第2回日本国際音楽コンクールにおいて最年少優勝並びに日本人作品最優秀演奏賞を受賞し、一躍内外の注目を集めた。東京藝術大学に入学した翌年、文化庁芸術家在外研修員としてジュリアード音楽院に留学。ヴァイオリンを徳永二男氏、ドロシー・ディレイ女史らに師事。88年、NHK交響楽団定期公演でのデビューに引き続き、ニューヨークでリサイタル・デビューを行い、ニューヨーク・タイムズ紙で『1920年代の巨匠を思わせる演奏』と高く評価され、翌年のケネディ・センターでのリサイタルでは、ワシントン・ポスト紙に『恐るべき才能』と絶賛された。さらにマールボロ音楽祭では、名手 リチャード・グード等との共演に加えて、往年の巨匠ルドルフ・ゼルキンに認められて共に演奏する。尚、この演奏会はゼルキンにとって生前最後の公演となった。その後は ホルスト・シュタイン、フェルディナント・ライトナー、ジャン・フルネ、ガリー・ベルティーニ、エサ=ペッカ・サロネン、ズデネェク・マーツァル(マカール)、イルジー・ビエロフラーヴェク、ハンス・ツェンダー等の指揮者や、ボルティモア響、ハンガリー国立響、プラハ放送響、ロイヤル・リヴァプール・フィル、モスクワ国立響、サンクトペテルブルク響、ミルウォーキー響、南西ドイツ放送響、ミュンヘン室内管弦楽団、ワルシャワ・フィル等との共演に加え、リサイタル・ツアーも数多く、92年ウィーン・ムジークフェラインザールでのリサイタル以後は次第にヨーロッパでの活動が活発化し、ザルツブルク、ルツェルン、ウィーン芸術週間、シュヴェッツィンゲン、ベルリン・ビエンナーレ、パリの秋、ダルムシュタットなどの音楽祭にも度々登場。また、日本でもN響をはじめとする主要オーケストラから度々招請を受けるなど、常に高い評価を得ている。
これまでに、第4回アリオン賞(87年)、モービル音楽賞奨励賞(90年)等を受賞。また、CDも古典から現代前衛作品に至る、非常に広範なレパートリーを多数リリースしているが、2002年に行われ、各方面から注目と賞賛を得た『漆原朝子のシューマン?ヴァイオリンソナタ全3曲&3つのロマンス』のコンサートライヴCDを2003年6月にリリースし、作品の再評価を大きく促す名演、演奏家としてのめざましい充実などと非常に高い評価を得ている。さらに、2004年 その続編として開催された『漆原朝子のブラームス?ヴァイオリンとピアノのための作品完全全曲演奏会』も新聞評などで絶賛を博し、この模様もやはりディスクとして2005年6月にリリースされ、同様に高い評価を得ている。2006年にはシューマン没後150周年を記念して最晩年の傑作 ヴァイオリンソナタ全曲を再び取り上げるほか、遺作のヴァイオリン協奏曲を演奏して大きな注目と賞賛を得た。近年、その内面性を追求した真摯な演奏は注目を集めており、比類ない境地への更なる深化が大いに期待されている。
2005年 東京藝術大学助教授(現在、准教授)に就任。

浦川宜也 Takaya URAKAWA -violin

urakawa2.jpg [Discography]
鈴木鎮一氏、小野アンナ女史に師事し、1953年に音楽コンクール入賞、近衛秀磨氏に認められデビューを果たす。1959年西ドイツ給費留学生として渡欧。ベルリンでM. シュバルベ氏に、ミュンヘンでW. シュトロス氏に師事。1964年ミュンヘン国立音楽大学を首席最優秀で卒業。1965年、大指揮者J.カイルベルト氏に認められ、バンベルク交響楽団第一コンサートマスターに就任。1969年ソリストとして独立。以来西ドイツを中心に、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。1974年に一時帰国し、ヨーロッパ伝統を継承する、しかも新しいタイプのヴァイオリニストとして高い評価を受ける。1979年伝説のフリッツ・クライスラーの伴奏者として著名なフランツ・ルップ氏と出会い、ベートーベン、ブラームスの全ソナタのレコーディングで注目を集める。1982年ワシントン・ライブラリー・オブ・コングレスのシリーズに出演、『クライスラーの再来』と絶賛される。1986年ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労従事賞を贈られる。ソリストとして活躍するほか、海外での音楽祭、マスタークラス、セミナー国際コンクール審査員、国内でも楽譜の校訂等幅広くこなす。
現在東京藝術大学教授。

潮田益子 Masuko USHIODA -violin

ushioda.jpg [Discography]
3歳で東京交響楽団と共演しデビュー。第26回日本音楽コンクール第1位。 1961年桐朋学園卒業後、ソ連政府の招きでレニングラード音楽院に留学、ミハイル・ワイマンに師事した。 留学中の1963年エリザベート国際コンクールに入賞。 1966年チャイコフスキー・コンクール第2位以来、世界中で活躍を続けている。 ロンドン・フィル、ロンドン交響楽団、ロイヤル・アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ニューヨーク・フィル、シカゴ交響楽団、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団等世界の一流オーケストラと共演している。 室内楽でも指導者的立場にあり、国内では、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラの中心メンバーである。 「イザイ:無伴奏ソナタ全曲」に続き、1997年には「バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ全曲」のCDをリリース。豊かな年輪を重ね円熟味を増した高い境地は比類がない。

前の5件 1  2  3